« どんだけ好きやねん | トップページ | スライドハンドル »

2008年1月22日

ペリカスタム

ペリカスタム

という話。

先日、東急ハンズで買ってきた材料と、本日、楽園(ホームセンター)にて買ってきた材料を使用し、ペリカンケース1510をカスタムしようってなモンですよ。
略してペリカスタム。

08のトレンドはペリカスタム。

なワケはない。(゚Д゚ )!?

ようし! ニヤニヤタイムスタァト!


キャスターASSYはビス2本で簡単にヌッ外せます。
これは、故障した時も直ぐに修理出来るってパターンですな。


独立したキャスターASSY。
車軸は圧入されていたので、プラハンでコンコンして抜き取り、キャスターをヌッ外します。


東急ハンズで購入した静音キャスター付のキャリーからキャスターのみを抜き取ります。
化粧プラグをペンチでヌッ外し、割りピンを抜けば簡単にポロリ。


こんな感じで外側に静音キャスターを取り付けますよ。
車輪の径がでんでん違うのでね。
当然、大径の方が走破性もグー。
踏み切りとかを横断する時もイチイチ引っ掛からずにスッと来るんだなこれが。
駅構内とか飛行場みたいに綺麗に整地されていない場所をゴロゴロ移動する距離の多いオイラには重要なファクター。
マックスファクター。


M8のタップも相手が樹脂なのですんなり通りますよ。
タップハンドルなんて必要ナイナイ。


ボルト頭 - ベアリング芯(キャスター) - ゴムワッシャ - 車軸受け外 - ナット - 車軸 - ナット - 車軸受け内
な感じでキャスターASSY2個を完成させ、取り付け完了。(゚∀゚)


キャスターが大きくなっているから当然前のめりに。
こいつぁ頂けない。
てか、こうなる事は当たり前に分かってたので。


前の方にゴム足を取り付け。
垂直になるようにゴム足の頭を削らないのは、立てた状態から引っ張り始める時のスッと来る感覚を得るため。
分かります?
スッと来る感覚。
後は、バランスを崩して前方向にゴロンゴロンしないようにする為もチョコっと。


当然横に寝かせた時も、キャスターが大きくなった分斜めっちゃうので、背面上にもゴム足を取り付けますよ。
ゴム足を取り付けたキャリング用のハンドル格納部もビス6個で簡単に取り外せる構造。
ハンドルがヌッ折れても直ぐに交換出来るね。
交換用のハンドルがあればね。(゚Д゚ )


まだチョイと斜めってるけど、許容範囲か。

こうして、ペリカスタム終了。
純正の静音とは言い難い固めのキャスターからポリウレタン製の静音キャスターへの換装。
幅一杯外側に付けられた(てか、そうしか付かなかっただけ?)大径キャスターによる走破性の確保。
これからの出張先への移動に大活躍してくれるに違いない。

フフ...
フフハハ...
フワァッハァッハァッハッハー!(言い難い)

強いて言えば、キャスターのホイール部ブラックアウトと6角ボルトからキャップボルトへの換装等が課題か。

で。


ヌッ外されてメソメソしているキャスター


キャスターをヌッ外されてメソメソしているキャリー

合体させようにも車軸の径が違う為ムリです。
だので、先着2名様にどちらかを激しくプレゼント!
もちろんプレゼントなので送料はアナタ持ち!(゚Д゚ )

ご応募ウェルカム!

|

« どんだけ好きやねん | トップページ | スライドハンドル »

徒然」カテゴリの記事

コメント

『ペリカン キャリー』でみんな大好き
Gooooooooogle先生に質問したら、

「そんな事やってる人って少ないけどいるのはいるね」

っと、少ない情報量の中から

ここが紹介されました。


>ボルト頭 - ベアリング芯(キャスター) - ゴムワッシャ - 車軸受け外 - ナット - 車軸 - ナット - 車軸受け内

だと左側が抜けてしまいがちになると考えられるので

ボルト頭 - ベアリング芯(キャスター) - ゴムワッシャ - 車軸受け外 - カラーナット - 車軸 - ゴムワッシャ - 車軸受け内

が、理想だなとマジレス。


同じ構造で、機内持ち込み可能な小型キャリーを作ろうと思うのだがどうだろう?

投稿: co鉄 | 2008年12月24日 17時06分

co鉄ちゃん>
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
ヌホッ。
今の所、ヌッ外れる事は無いね。
コロコロ転がるだけだから大丈夫なのかね。

ペリカンの車輪と同じ幅、同じ径の静音キャスターがあると理想的なんだけど...
サイズ的には、機内持ち込みOKなハズ!
今のカスタムはトレッドが広がって走破性抜群なのだけど。(笑)

投稿: バナOKA | 2008年12月24日 21時02分

改造の様子ブログにて拝見しました。

私も先日1510を購入し車輪を交換しました。

インラインスケート用の59mmのウィールを購入して装着です。64mmもありますが径が大きすぎるので・・・59mmは車輪幅が24mmあり1510の車輪幅より4mmほと
大きいので内側を4ミリタイヤのゴムと内側の部分も含めてのこぎりでそぎ落としました。1車輪改造するのに40分かかりなかなか手間がかかりましたがピタッとフィット。改造の問題点はベアリングを取り付けるときに内径を少し削らないとベアリング部分が外に出ているのでその部分が一番改造に気を使いました。

ウィールは1ヶ1200円くらいなので改造は2400円で収まりました。

そちらの改造をまねさせていただこうかと思いましたが無謀に挑戦しました。ペリカンケースはいいですよね。

投稿: ペリ1510 | 2009年9月 1日 20時17分

ペリ1510さん>
公開遅れまして申し訳ありません。(汗)
現在
http://nikobana.exblog.jp/
で運用中です。

インラインスケートのウィール!
それもありますよね!
自分は、車軸の幅を広げて走破性(笑)向上を狙ったのですが、スマートさで言うと、カバンの幅に入れられるペリ1510さんの方法がベストですね。
内側を削るのであれば見た目もグッド。
車輪部のパーツ、おそらく単体で買えるので、挑戦してみたくなりました。

情報ありがとうございます!

投稿: バナOKA | 2009年10月13日 10時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« どんだけ好きやねん | トップページ | スライドハンドル »