« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日

World Heritage City 第1話

World Heritage City 第1話

という話。

マズイ...
日記が追いつかない。(゚∀゚)
という事で、チョイと間を抜かして、昨日の出来事にジャンプing。

チュンチュン...


今日は休みです。
だので、いつもと同じ時間に起きて出発です。
写真は、宿泊しているホテル... と言うか、宿舎。


散水車が豪快に植木に水をあげていますよ。


そんなホテルを後にし、いつものようにタクシーに乗りオトガルへ。
バス会社の中から、目的地へ行くバスを運行している所を探します。
今回の目的地は、サフランボル。
昔ながらの街並みが残されている世界遺産の街です。

と、その名もSAFRANと言う路線を発見。(写真は、イスタンブールへ行く時にお世話になっているVIB社のブース。)
ズバリそのまんまです。(゚∀゚)
って事で、チケットを購入。
帰りの便の時間も一緒に聞いたりしていたので、時間と思われる数字がイロイロと出て来ますが、チケットに12:00と書かれているので、12:00に戻って来ればOKだな(゚∀゚)と。

ものっそい勢い良くオトガルに来ちゃったモンだから、今の時間はam8:00。

なぁにぃ~。
やっちまったなぁ~。
漢ならウロウロ!

って感じで、近所をウロウロする事にします。


の前に朝ご飯。
と思いinしたいつものロカンタは未だ半分準備中。
朝ご飯として出しているっぽいスープとパンならあるよってな事で、軽く朝食。


ホンノリいい感じになったら、道を挟んで正面のSKODAのディーラーへヌルリとin!


微妙に開店前っぽい雰囲気の中、堂々を撮影。(゚∀゚)
うん。
普通に車の配置変えとか床掃除とかしてた。


構わず続行!(゚∀゚)


ボディカラーに合わせたカラフルなシート色が(゚∀゚)イイ!
※↑とは別のコンパクトカー。


ミニバン的な車を見つけては、リアハッチを開け、例のアレっぽい絵を撮ったり。
赤白棒が欲しい~。

と、撮影を楽しんで(?)いると、誰かが呼んでいる...

(゚∀゚)!?


という事で。


ディーラーでお馴染みの、お飲み物サービス!
いや~、全く買う気配のかけらも無いのにげめんなさい。


背面の壁には、歴代のSKODAの車達のパネルが。
歴史あるメーカーなんだなぁ~...
さすがSKODA、接客が違う!

と、チャイを飲んでいる間も、更に配置変えが進んでいて、そろそろ終了しそうな気配。
おっと、商売の邪魔をしてはいけません。
うん。
既にものっそい邪魔。

だので、深くお礼を申し上げ、SKODAのディーラーを後に。


そして、隣のシトロエンのディーラーへ...


ヌルリとi!?

まだお店は開いてないよ?

げめんなさい。(´ヘ`;)

さすがシトロエン、接客が違う!


てな事で、チャイ2杯目に失敗し、水分を渇望した状態で更にフラフラと彷徨います。


そうだ... いつも喉の渇きを癒してくれたキッチン。
ママンがいつものように麦茶を注いでくれたキッチン。

あぁ... キッチンへ行けばこの渇きが...


モデルルーム... orz
蛇口を押しても引いても水が出て来る事も無く、誰かが御用聞きに来る事も無く...
全くのノーコンタクトでGAME OVER。

さすがSKODA、接客が違う!

ともう一度言わざるを得ない状況に。


とかなんとかグダグダやりつつ、街角の風景をスナップingしていきます。


いつ見てもいい角度。


ブレーキが心配。
見た感じそれらしい構造が無い...
まさかのペダルとリアタイヤ直結?


とまぁそんな感じで、一度オトガルへ戻ります。
平日なんだけど、結構な人が出ていて、トルコ全土へ旅立つ人々が交差しています。
良く通る声で自分の会社のバスの行き先を叫ぶバス会社の案内人。
知り合いとの別れや出会いを大きな動作で交わす人々。
この活気は日本には無いな。


オトガルの中の小さな電気店の店先に無造作に吊るされていたのは、ラヂオ内蔵時計!
な...懐かし過ぎる。 ピクピク ゛〓■●゛

AUTO SCANの文字が泣ける。
似たような時計持ってたなぁ~。
どこ行ったんやろう。


などと思ひ出にふけりつつもまだまだ時間がタップリing。
よし!
さっきとは逆の方向にある一般の住宅地へとinするか。

と、住宅地へinしたバナナと同僚を待ち構えていた出来事は!(゚∀゚)

世界遺産サフランボル到着までの時間:残り5時間30分

| | コメント (0)

2008年7月28日

ようやくホテルへ

ようやくホテルへ

という話。

一体いつまで彷徨ってるんですかってな事で、ようやくホテルへ向かいます。
いや、結果的に向かう事になっただけですが。(゚∀゚)


ドゥンドゥルマ売りの屋台と


横に居た役割不明の彼と


トルコが大好きなおいちゃん


そんな人々を見守るイェニ ジャーミィを後にし


警察署(?)っぽい建物の横を通過し、シィルケジ駅へ戻ります。


駅にてコインロカーから荷物を取り出す事に大成功!
シィルケジ駅には諸外国のバックパッカーが沢山。


時折走っている警察官はBMWに乗ってますねぇ。
二人乗りなのが良く分からないシステム。


そんでもって、シィルケジ駅の近くのアクビル売り場を見てみると...
openしてる!ついさっきはcloseしてたのに!
と思いin!
前に並んでた姉さんがアクビルを買ってる!ヨシ!
僕にもアクビルを! くれ!

(゚Д゚ )ハィ!?

(゚Д゚ )今ので終わり!?

ピクピク ゛〓■●゛~=□○0

と、ボロ雑巾のように桟橋へ...。
ボルポラス海峡を渡り、アジア側のハマムのオトガルへ行こうって事ですよ。

もちろん、海峡のこっち側(ヨーロッパ側)からもバスは出ているのだけど~...
船に乗ってみたかっただけ!(゚∀゚)


ザザーンと出航です。
さらば!ヨーロッパ!


タコフェリー的なフェリーには人間も車もじゃんじゃん乗ってます。
うーむ、広い海峡だぁ。


って感じで、フェリーの客室にてチャイ休憩。
ものの15分位で対岸へ到着。


ハマムの桟橋からオトガルは直ぐ横。
テクテク歩いて直ぐに到着ですよ。

さて。

アダパザル行きのバスはあるかな~ってな事で、声を掛けてきたおいちゃんにアダパザル!と言うと、こっち来い!と返事。
ヘィ!
って事で、VIBってなバス会社のオフィスに行き、アダパザル行きのバスが終わるのは何時だと聞いてみると~...
(゚Д゚ )17時半!?
なんか... ものっそい早くないか?
多分聞き間違いだと思うんだけど。


時間がタップリあったら、ここで荷物を預けて、更にアジア側の街をウロウロしようと思ってたのだけど、まぁ、初日からウロンウロンし過ぎも良くないか、足も疲れてきたしって事で、13時半のバスの切符を買い、バスに乗り込みます。


バスに乗る時に、係りの兄さんに行き先を告げると、兄さんがイロイロ考えて荷物を積み込んだり、運転手とコミュニケーションしてくれます。


そんなバスはおベンツ製。


でも、運転席の正面らへんのガラスが割れてる。
激割れてる。

そんな事はお構いなしにガンガンと高速を飛ばし、2時間半位でアダパザルのオトガルへ到着。
うむ。
見慣れた景色だ。


オトガルからタクシーでホテルに直行!でも良いのだけど、ここらでご飯を食べる事に。
てか、朝の機内食以来何も食べてないからね。

オトガルに居たポリスメンに、荷物預かり所は無い?と聞いたら、こっち来い!と。
ヘィ!
と、優しそうなアンネの居る小さな一角へご案内。
番号札を貰い、荷物よろしく~。

再び身軽になり、トルコの熱い交通を流し撮り。


ものっそい。
ガンガン走ってる。


ものっそい。
ガンガン走ってますよ。


スーーパーーキング!


と、街角では工事cy...


(゚Д゚ )あb..! 危ないYO!


ん? ダイジョウブだよ。


ウソばっかり~。

orz


てな感じで、街角のロカンタへin。
米粒が食べたかったので、ピラフ。
奥のサラダはサービス。
あと、パンもサービスで出てくる。
モフモフ食べながら待つ事暫し。


ピデ到着。
モフモフ食べるぞ。


ケバブ到着。
モフモフ...

(´ヘ`;)頼み過ぎた。

激しくお腹イッパイになり、若干の敗北感を味わいつつ、ロカンタを後に。

その後、タクシーに乗り、ホテルへin。
イイ ゲシェレルー(おやすみなさい~)

てな感じの長い長い一日でした。

そうそう、飛行機の中で、隣のシートに置いていたD200。
シンガポール航空のステキCAさんにオレンジジュースをパシャリと掛けられた。
ものっそい謝ってくれました。
うん、大丈夫!僕はとっても元気だから!(゚∀゚)

| | コメント (0)

2008年7月27日

続・迷路のような

続・迷路のような

という話。

チャイ サートゥ(チャイ時間:チャイ休憩)を経て、引き続きグランドバザールを散策です。


さて


どっちに


行こう


かな?


どこも一緒に見えるYO!(゚∀゚)

って事で、適当に進みます。
何かオモロイのがあるでしょう。


光ってる!光ってる!(゚∀゚)


光ってる!光ってる!(゚∀゚)


光っ..!?


ビリンジ カートゥ(2階)は倉庫になってた。
狭いね~。
まぁなんだ、あqwsでfrgtひゅじkぉp部屋とも言ってた。(゚∀゚)


そんな蜀台屋のお2人さん。


いよいよ分からなくなってきたので、迷った時の決まり事“真っ直ぐ進む”に従い、真っ直ぐ進むと...
出口?(゚∀゚)


ヨシ!出た!
と思っても、相変わらず...


余り景色は変わらず。(´ヘ`;)
天井が無くなっただけのような。


スルタン マホメット ジャーミィの周りに居たジュース売りのおじさんがこんな所にまで進出!?


良く分からないバイクが走っていたり...


事故ってたり...
300mmズームの威力で遠くからパパラッチてなもんですよ。


そして遂に!
ポロリキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ッ!!!!!

んぁ?


違う... orz
そうじゃないんだ... orz


とりあえずアイス食べて落ち着こう。
と、ドゥンドゥルマ(トルコアイス)でなく、敢えて普通のアイスを食べていると、オイラのカバンにアタリが!
引いてる!魚が引いてるよ!
遂に犯罪のカホリg!?


警察かーーーーーーーーーーーーーーーぃ。(゚∀゚)
ってな事で、警察のおいちゃんとチョコっと話しつつ完食。


そこから暫し歩き、ようやく開けた場所へ脱出し、イェニ ジャーミィの麓でチョイと休憩。
さて...

続きはwebで!

| | コメント (2)

2008年7月26日

迷路のような

迷路のような

という話。

おっと、日にち経ってしまいましたね。(゚∀゚)
という事で、地下宮殿から出てきました。


とても良い天気です。
暑いけど暑くない感じで実に快適。


地下宮殿入口は実にヒッソリとしていて、コラホラと観光客を吸い込んでマス。


どんだけ~。


と、そろそろおトイレに行きたくなってきましたよ。
だって、生きているんだからしょうがない。

トイレの入口には番台があって、そこに居る人にお金を渡して入ります。
ゲートも何も特に無いので、どうなんだろう?心づけ?一応、値段は書いてあった。


入口の反対側には...? 足を洗うのかな?


スッキリ(゚∀゚)したらまたまた歩きます。
若干迷いつつ、メトロと呼ばれる路面電車に沿って歩いていくと...


グランド バザールは→ってな標識発見。
了解。


まぁ、何ていうか、バザールに入る前から、店先に水タバコの器具が売ってたり...


ジューススタンドがあったりと、雰囲気はモリモリ。
このジューススタンドはまだ挑戦していないなぁ~。
ニンジンもあるが...(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ

ま、下には普通の缶入りの飲み物もあるから安心。


ってな訳で、徐々に入り組んだゾーンにin。(゚∀゚)
グランドバザールの正面(?)入口、イェニ シャーミィ付近からでなく、ものっそい脇からin。
inした時点で、イマイチここがどこだか分かってないヨー。


そんでもって、フラリフラリと、記念撮影する人を記念撮影したり...


コマがイスラムなチェスセットを撮ったりします。


てか、それは売り物じゃないのかな?


お決まり(?)のこんなのも。


(゚∀゚)イエス!

と言った感じでハァハァしてきたので一旦休憩。
うん。
ものっそい歩いた。


てな事で、グランド バザールの中を時々歩いているチャイ運びの兄さんの後を尾行し、チャイスタンドのある所を発見。
チャイを頼み、脇の階段で待つ事暫し...
おやおや? 2個も来ちゃったヨ。
どうやら、数言い間違ったみたいですなぁ。
オッチャンに、もう一人はどこだと。(´ヘ`;)


チャイスタンドはこんな感じ。
小さな部屋の中で鋭意製造中!ってな感じですよ。

さて、2杯のチャイをクイクイ飲んだ後は、更に内部へと進入を試みます!
てか、どこが内部でどうなんだか全く現在地が把握出来ていないのはナイショ。(゚∀゚)
てか、チャイのお金払ったっけ?

| | コメント (0)

2008年7月25日

地下宮殿

地下宮殿

という話し。

さて、イスタンブールへの空の玄関口アタトゥルク国際空港に降り立ち、空港を出た所からスタートです。
飛行機内で作成したバナナツーリストのツアー行程に従い、先ずはタクシーに乗り込みます。


先ず目指すのは、TCDDと呼ばれるトルコの国営鉄道のイシュユルト駅です。
10分程度でサクッと到着。


ジェトン(1.4YTL(100円ちょい))と言うコインを購入し、改札の機械を抜け、駅内部へヌルリとin。
国鉄の駅と言っても、激しくローカルな感じですよ。
駅にはお姉さんが一人だけ番台みたいな所に居て、ジェトン頂戴と言ったら渡してくれるだけみたいな感じ。
ジェトン以外に、アクビルと言う、関西で言うイコカみたいなのもあるのですが、売っている場所がチョイと限定されているっぽい感じで、売ってなかった。(´ヘ`;)


ヨーロッパからの電車の終着駅、スィルケジ駅行きの時刻表。
始発5:52~終電0:20まで1時間に2本~4本な感じですなぁ。
他に、止まらない特急っぽいのもあるので、交通量(?)はもう少し多い感じか。


そんなTCDDの路線は屈強な印象を受ける、日本の物より一回り頑丈なレール。
線路幅も心なしか広い感じ。
てか、広いと思う。


ジリジリと照り付けたり曇ったりする太陽を浴びながら、9:01の電車を待ちます。
そして、9:01...
来ない。

来ないよ。


あ、やっと来た。
9:10位に来た。
来て良かった。


そして乗りました。
写真を良く見てください。
ホーム無いですよね。
扉の向こうの風景がブレてますよね。

はい。

電車走ってます。

扉開いてます。

リアルに落ちれます。

そんなトルコが好きです。

ピクピク ゛〓■●゛

※写真に写っている兄さんが閉まろうとする扉を何度か押さえると、扉が閉まる事を放棄するシステム。
※すれ違う電車の扉も半分位が閉まっていない。

途中、すれ違った貨物列車が、貨車の上にダイレクトに車(ミニバンや中型トラック)を積んで走っているのを見て、何か物凄い物を感じました。(笑)

本当は、途中のイェディクレと言う駅で降りて、イェディクレと言う城壁を見に行く予定だったけど、どうやら休日ってな情報だったのでスルー。
ぬぬぅ...
残念。(´ヘ`;)


そして、シィルケジ駅に到着です。
アガサクリスティのオリエント急行殺人事件なオリエント急行の終着駅でもあり、アガサクリスティも訪れたと言う駅ですが、実に閑散としています。


取り敢えず駅を出て、トルコなコミュニティで得た情報を元に、コインロッカーをさg...あった。
ものっそいあった。

日本で良く見る、各ロッカーの脇にお金を入れるシステムでは無く、ロッカーを閉めて中央の端末に行き、お金を投入すると出てくるバーコードが印字されたカードキーを取ると言うシステム。

ここでようやく27kgあったでかいスーツケースから自由になり、身軽に行動出来るようになりましたよ。


何は無くとも、先ずは駅を出ます。
うむ。


そんでもって、国鉄に次ぐ乗り物シリーズ第2弾、トラムヴァイに乗り、スルタンアフメット駅に向かいます。
途中、さっき買えなかったアクビルを求めにアクビルスタンドに行きますが... 閉まってた。 orz
しょうがなく、またまたジェトンを買い、トラムヴァイへin。(1本逃しても直ぐに次が来る)

肝心のトラムヴァイの写真は撮り忘れ。
そんでもって後で撮ったけど、イマイチ撮れてない。 orz


スルタンアフメット駅でトラムヴァイから降ります。
スルタンアフメットジャーミィ(通称ブルーモスク)も直ぐそこ見えます。

が。

前に行ったのでスルー。


と、道路脇の公園で戯れている猫ちゃんを撮っていると、青年が声を掛けて来ましたよ。
んぁ?
写真を撮ってくれ?

うんよしよし。

オイラのナイコンD200で撮ってk...

んぁ?

そうかい、貴方の携帯で自分の写真を撮ってくれって事かぃ。

って事で写真を撮ってあげますよ。

んでもって、その青年と話しをする流れに。
どこから来たんだとか何しに来たんだとかどこへ行くんだとか時間はあるのかとかどこに泊まるのだとかホテルの値段はいくらだとか...まぁそんな話しですよ。

てな感じの会話の終わりに『そうそう、地下宮殿(イェレバタン サルヌチュ)に行きたいのだけど』と言うと、イスタンブールの事は何でも聞いてくれよ!ってな感じでカム トゥギャザーですよ。


街の写真なんかを撮っているんだよなんて話しをしていると地下宮殿入口に到着。
互いに名も聞かない短い間だったけど、世話になったので記念に一枚。
お礼の挨拶をし、別れます。
こうやって、本当に親切に道を案内してくれる人が多いので助かります。
公共の交通機関から離れ、若干街の雰囲気に慣れる前だったのでホントに助かりましたよ。


そして、地下宮殿にヌルリとin。
いや、ホンマに、今でも天井から水が滴り落ちる遺跡(?)なのでリアルにヌルリとinですよ。(゚∀゚)
ヌルリして怪我をする人が多いのか、ヌルリ注意の案内があちこちに。


結構な広さ&高さ(全長140m,幅70m,高さ8m)の空間が、イスタンブール市街の真下にポッカリと。
4世紀~6世紀の間に作られてたと言われるこの巨大な空間ですが、フランスの考古学者が存在を発見するまで現代の人は知らなかったってなモンだから面白い。


地下宮殿に溜まっている澄んだ水の中には普通に魚が住んでいたりしますよ。
チョイと昔の人は、こんな宮殿になっているとは知らず、その上に建っている自分の家の床下に穴を開けて、水を汲んだり魚を釣ったりしていたってなモンだから面白い。

そんな地下宮殿をズンズン進むと...
MEDUSA?
メドゥーサ?


キター


キターー


コエーー(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

って所で次回へ続く。

| | コメント (0)

2008年7月24日

書き切れない

書き切れない

という話。

えぇ、とても書き切れません。
だので、小出しに行きます。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

というワケで、ゴソゴソと関空へin。
昼ご飯を食べ、早目にゲートへ行きます。

そして、今回、シンガポールまでお世話になっちゃう機体の...


前輪と脚


主脚とエンヂン


地上係り員


を撮影しておきます。


無事、関空を飛び立ち、空気を吸っては吐き吸っては吐きしつつ、先ずはシンガポールを目指しますよ。
丁度、主翼付け根辺りの席だったので、こんな景色が楽しみingですよ。


お決まりの、ラピュタの歌を脳内熱唱しながらフライトを楽しみますよ。


そうこうしていると、魅惑のトワイライトタイムに突入。
カメラを持っているGUY'sは皆西向きの窓にへばり付き、撮影タイム。
あちこちでシャッターを切る音が聞こえません。
うん。
オイラだけがひっそりと撮影していました。
げめんなさい。(゚∀゚)


そうこうしつつ、夕日を楽しみつつ一眠りすると、シンガポールのチャンギ空港へ到着。
広い... ものっそい広い。(゚∀゚)


ターミナル間を移動するスカイトレインなる物でターミナル2から3へ移動します~。


F1初のナイトレースの関係か、移動途中にルノーのマシンの展示が。
乗り継ぎ時間が短かった為、細部の観察(笑)をする事無く通過しちまいやがったのですが、後々、そんなに急がなくても良かったってな感じで地味~に後悔。(´ヘ`;)


Nikonの販売ブースがあったので、D700をキャッシュで!と思ったのですが、店員が居なかったので、しょうがなくスルー。
言うのはタダ。(゚∀゚)


そんなチャンギ空港内を走り回るオバチャン。
華麗なハンドルさばきを流し撮りで。
てか、そんな風景をイチイチ写真に撮る自分お疲れ様。


と、そろそろ、お姉さんの写真が無い事に苛立ちを覚えている一部の方を落ち着かせる為のショットを一枚。
さぁ、落ち着いてください。
シンガポール航空のお姉さん達は皆さんとってもステキです。
サービスの良さが世界の航空会社のトップに君臨するのも当然ですなぁ~。
制服もとってもステキing!(゚∀゚)

ただ、英語がものっそい早口で聞き取れまs...
お前のヒアリング能力が悪い?
ほっといてつかぁさい。 ピクピク ゛〓■●゛~=□○0


と、そんな世界ですが、子供はドコ行っても一緒ですなぁ。


無事、乗り継ぎを終え、一路イスタンブールのアタトゥルク国際空港へ!(゚∀゚)と思いきや、一度ドバイへ寄ります。
イスタンブール行きのレディース&ジェントルメンはそのまま機内待機。
屈強なアラブな警備員にパスポートと旅券を検査されつつ、じっと待ちます。
窓の外には、普段見ないエミレーツ航空の機体がワンサカ。

乗務員の乗り換えもあり、丁度自分の横でキャッキャと楽しんでます。
ここで、日本人の乗務員も全て降りて行きました。
ついでに、横に座っていたおいちゃんも降りて行きました。
このおいちゃん、起きている間、ずっと貧乏ユスリなんですよ。
ユッサユッサなんですよ。
何?ストレス?何?
ユッサユッサしながら徐々に足が広がって、大人しく座っているオイラの足にユッサユッサが当たって、チッみたいな感じで背中をこっちに向けるように体勢を変えるの何?
甲斐よしひろみないな顔して何?
why?


アラブな国で運び込まれた機内食もステキな感じにアラブ色。


若干、時間の感覚が微妙になるけど、朝になってきました。
空の色がとってもキレイです。
それだけに、重ねガラスの乱反射が残念。(´ヘ`;)
あぁ、ガラスを取ってしまいたい。
うん。
外はマイナスウン十℃の世界。


そんなこんなで、眼下にトルコの広大な大地を眺めつつ、無事、定刻にアタトゥルク国際空港へランディング。
シンガポールを出て12時間、久し振りに地面に足をon、入国検査の窓口へ並びます。
『トルコの人用』,『その他の国の人用』と、別れているカウンターの『その他の国の人用』に沿って並んでいると、空港スタッフがこっちに来なよ!と、トルコの人用のカウンターへの誘い。
どこでもいいんかい。(笑)

んな感じですんなりと入国審査をパスし、ようやくトルコにin!

スーツケースを受け取り、両替を済ませ...
ようやく~... 空港から~...

出たー!

って所で今回は終了。(゚∀゚)

次回『彷徨い人バナナの明日はどっちだ』をお楽しみに。

※因みに、アナログ回線52kbpsでお届けしております。 orz ママン...

| | コメント (0)

2008年7月21日

ボチボチ準備中

ボチボチ準備中

という話。


宇治白玉カキ氷アイスなんて言う全部乗せを食べたり。


冷麺をサラリと食べたり...と、夏を満喫?していますが、そろそろトルコ行きの準備を。
って感じで、前回行った時と変わったノートPCに海外でのモデム接続用(´ヘ`;)の設定をしていきます。
@niftyの接続ソフトをインストールし、モデムの設定を...
設定を...

(´ヘ`;)!?

モデムが無い!?

何か知らんけど、企業用モデルな為か、電話線の接続口はあるが、モデムボードは削除されている!?


って事で、USBモデムを購入してきました。
会社からメール送られてきてもコレがなきゃ受信も出来ませんよってな話。
もしかしたら、ホテルのインフラが整備されていて、LANからインターネットに接続出来るかもしれないけど。(笑)
前回は、LANケーブルの接続口はあったけど、それ以降がまだだった。(´ヘ`;)


んで、ハードケースも一回り大きいサイズに。
前回のは小さ過ぎて(´ヘ`;)だったからね。
ヨドバシカメラの旅行用品売り場に行き、売り場の姉さん一押しの物に決定。
うむ。

そんな感じで夜にでも少しずつパッキングしていき、明日の夕方に関空発、シンガポーツを経て、翌朝(?)イスタンブールのアタトゥルク国際空港へinです。
予定では、その後暫くイスタンブール市街をウロウロした後、高速バスor鉄道でアダパザルへ移動です。

| | コメント (0)

2008年7月20日

日本の夏

日本の夏

という話。


夏と言えば浴衣美人(゚∀゚)
と、いきなりのサービスカットで読者の心をガッチリ鷲づかみ!


ってな感じでやって来たのは南芦屋浜。
すっかり夏にinしちゃいましたね!
日本の夏を満喫now!って事で花火ですfire worksです。

ねじりハチマキの花火職人が一夜の為に丹精込めて作り上げた花火を有難く見せて貰える夏ならではのイベント。


縁日のお兄さんも汗を噴出させながら焼き鳥を焼いてます。
皆を楽しませてくれる為に、有難い事です。


と、そんな感じの南芦屋浜には徐々に人が集まりだして来ました。
浴衣の女性も多数。
あまり着崩してなく、正統派?な浴衣が多かったのが良かったデス。
こういう物はキチッと着たほうがいい。


浜辺には人がイッパイ!(゚∀゚)ウヒャー


等とブツブツ言いながら写真を撮りつつ(やや変態)あらかじめチケットを購入していた観覧席へin。
一般観覧席ながら、往復のシャトルバスとワンドリンクと座布団付き。(゚∀゚)
※行きのプチ渋滞も帰りの激渋滞もシャトルバスにスッと乗れてとても(゚∀゚)ウマー。


観覧席へ陣取り、早速カメラのセッティングを。
使用するレンズはTAMRON 28-75mmF/2.8、ワイド端で丁度花火の打ちあがる発射台から、恐らく大玉が打ちあがるであろう高さまでが丁度入る感じでした。
カメラの方は...
シャッター速度:バルブ(3~5秒)
F値:8~11
ISO感度:100(最低感度)
ピント:∞
WB:太陽光
ってな感じの設定。

今回、多重露光と言うシステムも使ってみました。
シャッター開放状態で、レンズの前を黒い物体で遮光,露光でも出来ちゃうんですが、機能として付いているので使ってみようってなモンです。


そんな感じで試し撮りなんかしつつ、19:45の花火開始を待ちます。
後ろに居た家族連れの男兄弟が、花火始まる前から『もう帰ろうや~』と言ってます。
君達は何をしに来たのかね?

お。

19:45(゚∀゚)

何言ってるのかイマイチ聞こえないアナウンスが何か言ってます。
一瞬、会場がシーンとなったような感じがします。

ボッ...
ボボッ...

ボッ? この音は! 打ち上げやがったな!(゚∀゚)

というワケで、花火スタートしましたので、皆さんはその様子を思い浮かべながら花火写真に突入してください~。
注ぎかけの牛乳は置いて、食べ掛けのカレーは暫し横に避けて、剥きかけのバナナは...もう、早く食べて!

それでは... どうぞ~。

イベント関係者、そして花火職人さん、どうもありがとうございました!

| | コメント (3)

2008年7月19日

バナナビーチの視察に

バナナビーチの視察に

という話。


いや~、今日も暑いですね。
うん。
夏だから。


だので、バナナビーチも大賑わい。
海の家も忙しそうですよ。


目線の先には...


ワンコが遊んでます。


おっちゃんがナンパしてました。
んもぅ、元気なんだから。(゚∀゚)アハハハ


いい感じに焼けてますなぁ~。


とまぁそんな感じで写真をポツポツと。
ぬぅ。
やはり11-18mm持って来れば良かった。(´ヘ`;)


チビっ子練習中。
パパママはもう帰る用意中~。
練習頑張れ~。(゚∀゚)


ってな感じで視察終了。

え?

物足りない?

(´ヘ`;)

| | コメント (0)

2008年7月18日

Crab festival

Crab festival

という話。

こないだ、味噌カツ王国に出張に行った時に、王国に住む昔からの友人に電話すると、『どうして分かったんだ!』という反応。

何が?

うん。
毎年この時期に、奥さんの父さんから蟹が送られてくるらしく、ちょうどオイラが電話した日の晩ご飯に蟹が登場する予定だった...という素敵タイミング。

行かなくては。(゚∀゚)

食べなくては。(゚∀゚)


ズゴゴゴゴゴ...
どでかい。

お兄ちゃんと妹のチビっ子2人と遊びながら蟹を楽しみます~。
旦那である友人は子供の面倒はオイラが見ているので黙々と胴体の身と格闘中。(笑)


腕太い。
モリモリ食べれますなぁ。


綺麗サッパリ頂きました。

激ごちそうさま。
来年もこの時期に...(゚∀゚)ウマー

| | コメント (0)

2008年7月17日

11-18mmの目で

11-18mmの目で

という話。

タイトルで分かった人多数ですね。(´ヘ`;)


TAMRON 11-18mm F4.5-5.6 modelA16
つぶらな瞳だけど、広い視野で見ています。
コレもトルコに持って行く為に買いました。
行ってからじゃ遅いので...。(´ヘ`;)アゥアゥ


ゼロ戦撮って、ウムとか言ってるばやいじゃない。


朝からバナナビーチへテクテク歩いていって...


よし!


そんな昨今の晩ご飯。
BBBBQの残りのお肉(別会計ヨー)を焼いて、無農薬なトマトとキュウリと共に。
(゚∀゚)トマトウマー!

ズームレンズ沼はこれにて終了デス。 orz

| | コメント (2)

2008年7月16日

第2回BBBBQ

第2回BBBBQ

という話。

ってな感じで平日にも関わらずBBBBQを開催。
これなら月火が休みなMAVつぁんも安心。


5人集まったので、ちょっと大き目のグリルを用意してスタートです。


野菜が多目のヘルシーBBQでいきます。
焼ける前からビールを飲み始めているのでイイ感じにグテングテン。
途中何度も海にダイブする優香婦人って一体...(´ヘ`;)


ほど良い時間にBBQ終了。
皆でマンプク丸ですよ。
未だ終了していない炭はそのまま花火の火種として利用しちゃいますよ。


ホーーーーームセンターで打ち上げ系の花火ばかりのセットを買って来ていたので、ジャンジャン打ち上げます。


ロケット花火なんかも打ち上げつつ、警備員が巡回に来るpm10:00までにキッチリ終わらせて、第2回BBBBQ終了となりました。

(゚∀゚)ウマー

| | コメント (0)

2008年7月13日

仕事が早く終わったYO!

仕事が早く終わったYO!

という話。

まぁなんでしょう。
終わったモンはしょうがない。
がしかし!
外の温度設定は激アツ。
今外に出たら溶けてしまう...
という事で、夕方までホテルで営業停止。

夕方におもむろに起き出し移動。


ここはドコ?
って事で名駅まで出てきましたよ。


手ブレ補正ONで300mm,ISO400でシャッター速度は1/5秒。
うむ、ブレてない。


どうでもいいけど(良くない?)とある条件において撮影画像に1個常時点灯があるね。
ってな感じで写真を撮った後は、お決まりのウンタラカメラにin。


折角注文しに来たのにヨー。
誰も居ないから注文出来なかったヨー。
予約用紙なんて目に入らなかったんだヨー。
前に居た20代半ばっぽい兄ちゃんが予約用紙をサッと持って行ったヨー。
ホンマカヨー。

ヽ(`Д´)ノウワァァン


お腹がハングリーになってきたので、コメダ珈琲で照り焼きチキンのサンドと。


コメダグラタンを。
コメダグラタンはちょっと粉っぽかった。(´ヘ`;)


そんでもって帰りマウス。
現在宿泊しているホテルの最寄り駅知立駅前...
28mm,ISO400で1/6秒。


何かオモロそうな居酒屋が出来てた。
185mm,ISO400で1/6秒。


手ブレ補正ONで300mm,ISO400でシャッター速度は1/10秒。


手ブレ補正OFFだとブレちゃうヨー。

| | コメント (0)

Nikon非純正

Nikon非純正

という話。


先日購入していたカメラバッグにプレートを取り付けました。
適当な大きさに切り出したアクリルカーボン板にステカでチョチョイと切り出したカッティングシートを貼り付け、完成したプレートをゼリー状瞬間接着剤にてカメラバッグに貼り付け。
カッティングシートの上をウレタンクリアで保護しようかと思ったけど、この小ささの為に一缶使い切りは勿体ないYO!ってな事で塗ってませんが、そうそう擦れ合う所じゃないのでまぁ大丈夫でしょう...
んな感じですが、気が付いたら ikon とかになってたら(´ヘ`;)だなぁ~。

青い目玉はトルコのお守り的アレです。

| | コメント (0)

2008年7月12日

小さい携帯

小さい携帯

という話。

ボチボチとトルコ行きの準備やらが始まりつつある昨今。
auICカードな携帯端末を普段使っているので、SIMフリーなSIM携帯にauICカードをヌッ込んで、携帯番号そのままで現地でも通話可能と言う感じにしてみようかと。
まぁなんだ。
会社携帯持って行くから要らんといえば要らんのだけど。(´ヘ`;)

ってな訳で、いつもの大海原やら通常のweb通販shopをチラ見。
と、大海原で\0.6kな魚群を発見。
web通販で\0.8k。(簡易日本語取り説付き)

\0.6kで。


届いた。
ものっそい小さい!


普段使っている携帯と比べるとこんな感じ。
そしてナゼかタイ語の表記が。
てか、タイから買い付けているんやろね。
分かってて買ってるからいいけど。(゚∀゚)
取り説もタイ語と英語の2ヶ国対応だった。
そのくせ、ACアダプターには日本語の表記もあると言う良くワカラン仕様。
電圧はAC100~240Vに対応。

そんでもってこの携帯、通話専用な感じで、メールもインターネットもデジカメも何も出来ないけど、まぁそれはいいじゃないって感じです。(゚∀゚)
かろうじてカラー液晶。(笑)
これで、現地のSIMカードを買えば、滞在先の国内通話が格安でイケるし、auICカードを刺せば日本の番号で通話オケー。
まぁ、auICカードを刺して日本国内で使用出来ないのはご存知の通り~...

そんな感じデス。

| | コメント (0)

2008年7月11日

タイヤを守って!まもる君!

タイヤを守って!まもる君!

という話。

とある穏やかな日、今日も地平線が綺麗だねって感じで大海原を漂っていると...
『タイヤを守って!まもる君!』
と言う叫び声が!

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ポッチ!?

という事で待つ事数日...


バアアァァァン!

(゚∀゚)タイヤウォーマー?
いいぇ違います。
タイヤウォーマーのウォーマーを無くしたような感じ。
つまり、タイヤウォーマー - ウォーマー = タイヤ。(誤)


先ずは、サランラップを『お前など要らぬ!要らぬのだ!』と剥ぎ取り、サランラップより更にピッチピチに密着(イヤーン)するストレッチフィルムを巻き付けます。


そんでもって、まもる君を巻き巻き。
(゚∀゚)いいねぇ~。


フロントタイヤもストレッチフィルムを巻いて、まもる君を巻き巻き。
(゚∀゚)いいねぇ~。


と、そんな感じでサクッとまもる君完了。
これで、ストレッチフィルムだけでは防げない日光による劣化にも強くなっちゃいました。(゚∀゚)

オイラのように、たまのレースの時にモロンと練習して予選走って決勝走るタイプの人だと、放置している時間がものっそい長いので、一応冷暗所(アクティの車内)とは言え、裸状態のタイヤで居るより全然オッケーでしょうね。

そんなまもる君は大海原のこのあたりの海域に展開中。

| | コメント (0)

2008年7月10日

BBBBQ

BBBBQ

という話。

昨日は定時ダッシュにてBBBBQ(バナナビーチBBQ)を執り行いましたヨ。
食材は前日に買ってあったので、炊きたてのご飯と冷え冷えの飲み物を荷物に追加してgo。


テクテク歩いて5分で到着。
さすがに平日だけあって人もまばら~。
海の家の中では海の家の人が盛り上がってマス。


早速炭に着火しBBBBQ開始。
小さいBBQコンロで焼いては投げ焼いてはなg... Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
焼いては食べ焼いては食べ。


炭が燃え尽きる頃にはウマイ事食べ終わり、薄曇中月(うん、こんな四文字熟語無いね)。


花火が真横になった写真を撮って風が強くなってきたBBを表現したりしつつ、程好く撤収~。
pm7:00頃から始めてpm9:00頃に終了。
後準備しておきたい物は...
・ランタン(with ランタンポール)
・スチールたわし
・キッチンクイックル


KOZUさんお手製のお石鹸。
優香婦人が遊びに行くってなもんで、一緒に買ってきてもらいましたよ。
こっ.. このオサレな石鹸は一体!(゚∀゚)


後、10ピンターミナルのキャップが素早く家出に成功していた模様。
こないだの交換する事で日記の時には既に家出完了している...

一体いつの間に。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

D300タイプはいいですネ。 orz

| | コメント (0)

2008年7月 8日

交換する事で

交換する事で

という話。

一眼レフカメラという物は、レンズを交換する事により、撮影の幅が広がったりする(゚∀゚)ウマーなカメラです。
相当数の諭吉級戦闘員と引き換えと言う条件が付きますが。(´ヘ`;)ママン..

というワケで、TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC [Model A20]が到着。


早速装着してみた。
VC無しの28-300mmと比べて全体的に1周り大きくなった。(φ73mm→φ78.1mm)
重さもUP。(420g→555g)


並べてみるとこんな感じ。


パッケージがものっそい大きくなってた。(笑)
立体的に組み立てられたダンボールの中にレンズ本体が浮くように梱包されてましたよ。

早速試写してみましたヨ。
レースカーテン越しに薄く朝日が差し込む場所で...
D200のjpeg(FINE Sサイズ,WBマニュアル,カスタムモード(輪郭強調のみ、後は標準))撮って出しを等倍トリミングです。


焦点距離110mm,1/8秒,F5.6,ISO800,露出補正0
手ブレ補正切


上記と同じ条件
手ブレ補正入


焦点距離300mm,1/8秒,F6.3,ISO800,露出補正0
手ブレ補正切,一脚使用


上記と同じ条件
手ブレ補正入,一脚使用

効いてます。(゚∀゚)
VC起動中のジジジジジ...と言う機械音と共にピタリと止まるファインダー像。
これは実に気持ち良い。
被写体に集中出来ますってな触れ込みはホンマですなぁ。
Nikon純正のVR2より止まってる感は強いと思う。(主観)

だがしかし!あくまでも補正だのです。
それに、手ブレ補正が何段分効こうとも、被写体ブレには全く持って無意味。
暗ければ三脚を使う。(被写体ブレには意味無いケド)
暗ければ照明を使う。
暗ければ明るいレンズを使う。
が基本なんですよね。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ

え?

高感度に強いデジイチ?(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ

| | コメント (0)

2008年7月 7日

すっかりサマー

すっかりサマー

という話。

もうすっかりサマーですね。
バナナビーチにも例年通り2軒の海の家が出来てますよ。
というワケでパトロールに。

(゚∀゚)ウホッ!

いつものファミリー向けバナナビーチにビキn... (゚∀゚)

明るくて解像度の高い望遠レンズが必要なようだ。

ピクピク ゛〓■●゛~=□○0



心を落ち着かせる為、バナナハウスに帰り、昨日買ってきたスイカを食。
やっぱ、スイカにはソルトだね。
ソルト無しでも甘くてタマランかったけど、やっぱりソルトを振りたい気分。


んでもって、近所のSPROTS DEPOに行き、コンパクトな卓上炭焼きグリルとテーブルを購入。
大海原に出ている(新品)価格より安かった。(゚∀゚)ウホ
んだけど、8月後半まで週末の休み無い(´ヘ`;)ので、平日の夜にバナナハウスに突撃だぁ!

※何事も予行練習が必要なので、部屋で組み立ててしまうのはデフォルトです。(゚∀゚)

| | コメント (0)

2008年7月 6日

即ザルin

即ザルin

という話。

今年もやってきました、即ザルinの季節(゚∀゚)

というワケでいきなりスタート!


am9:00頃にモッサリとバナナハウスを出発し、一路、岡国へ。
岡国では、明日のモトレボの前日練習な人々に混ざり、黄色エッセエッセ(Ducati SS900ie)を素早く復活させたnak氏&優香夫妻が居てるハズ。
電気屋さんも居てるハズ。

写真は、とある鉄橋。
思いっきりin出来ます。
良い子は真似しちゃだめだぞぅ。


てな感じで岡国へヌルッとinすると、ピンクのアトレーが。
(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)!?
なおっつさん!?
ついさっきまでアンニュイな顔で妄想していたので、良く分からないポージングです。(゚∀゚)


そんな岡国では...
オバマ大統領もピット取り完了。


隣のピットには、電気屋さんやMATさんが~。
真っ黒シースルー全身タイツでセクシーウォーク(妄想)していたMATさん、頑張ってください!
電気屋さん、一瞬しか会わずでしたが、頑張ってください!


そんな岡国もガンガンに暑く、子供達は...


んな感じで、経由地を通過し、ソフトクリームを食べたりしつつ、一路北東へ...


進むと、剣豪宮元武蔵生誕の地へ。
ズバリ宮本武蔵駅へ立ち寄り1枚。
ホームから下と見ていると、畑仕事を終えたおいちゃんが一人、上を見上げて話し掛けてくる。
駅から降りると、丁度おいちゃんも下に居て...
お『温泉行くのか?』
バ『温泉は行かないのですよ~』
お『温泉行きなはれ』

(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)強制!?


温泉行ってたら、そこで本日終了になってしまいそうなので、紫陽花が綺麗に咲く田舎道を進み更に北東へ...


いくつかの峠を越え...(´ヘ`;)


たくさんの揖保の糸の箱を撮り...(゚∀゚)


ようやく到着!
滝流し温泉!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

滝流しそうめん!

遥か彼方の素麺マスターおばちゃん待機小屋から眼下を流れる清流の冷たさの水流を持つ樋を伝って自分に向かって真っ直ぐストレートに流れてくる純白の激揖保の糸。
それをキャッチしては食べ、キャッチしては食べですよ。

樋は自分専用樋なので安心。
通常の3倍の速度で食べるのも、普通に食べるのも自由。


そうこうしていると、麺が...


麺が...


キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!


アレ?(´ヘ`;)

そうです。
結構なスピードと質量を持ってslidingしてくるので、全量の受け止めは無理!(笑)
有り余る純白野郎は、直ぐ下に待機するザルにin。

直ぐにザルにin。

即ザルin。

ってな感じで、食べて行きますよ。
今回、ものっそいゴールデンタイムを外したpm3:00頃に行ったので、客は2人だけ。(゚∀゚)
素麺マスターも暇だったのか、じゃんじゃん麺を流してくれますよ。
いや... 麺の量は決まっているハズ。
これは... もしや...

麺を投下する間隔が短い!?

去年のゴールデンタイム時と比べて火縄銃とレミントン式ショットガン位の差が!
分かり難い!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)


それでも、終わりはあるようで、フィニッシュコールとなるさくらんぼが流れて来まsh...!?
途中で引っ掛かってむ。
激引っ掛かってむ。(´ヘ`;)

もうね、それから大変。
このさくらんぼチェリーを食べないと終わりにならない(んなこたーない)ので、樋の水を堰き止めてさくらんぼを浮かせて流そう作戦やら、素麺を投げて(良い子は真似しちゃダメ)その勢いで作戦を展開させるも、無常にも沈黙を保つチェリー。

どうした事かと(´ヘ`;)っていると、突然のビッグウェーブ!

素麺マスターありがとう!
麺を茹でて流すだけじゃないんだね!
樋の水流すら自らの意思で自由自在。
ありがとう!素麺マスター。


というワケで...


フィニーーーーッシュ(゚∀゚)


存分に楽しんだので、売店に戻り、よもぎ餅をモリモリ食します。
これがまた素朴な甘さで(゚∀゚)ウマー。


昭和なポットと昭和な店内で暫しマッタリとした後は...


割り箸補給に余念の無い素麺マスターの後姿を撮影し終了。

ごちそうさまでした。


その後は、揖保川沿いの国道をどんどん南下して行きます。
途中、鮎釣りを楽しむ釣り人が結構居ましたね。
そんな所で鮎釣り人の心得を持たぬ自分らが水に入るのは失礼に当たるので...


鮎釣り人が居なく、川に降りれるポイントのある所へ。

いざ! in!

...!?

激冷たい。
久し振りの清流inでしたが、ものっそい冷たい。
足が激冷え。
液体窒素よりちょっと温い位。

ここに、ネットに入れたビールの缶やら投入したら一瞬で冷え冷えやろうなぁ~。
スイカとかも最高に冷えるやろうなぁ~。

スイカ流れて来ないかな~...

※オレンヂの謎の物体Xは、恐らく、近所の人が何かを冷やしているアレかと。


キンキンに冷えた足にかぶりt...
キンキンに冷えた足を楽しみつつ、更に南下し、道の駅みなみ芳賀へin。
おぉぉ... スイカ!
\800~\1,200(゚∀゚)安い!
んでも、1玉も食べ切れないので、1/4にカット済みのやつをBuy NOW!


他にも、トマトやナスを始め、近辺の特産の自然薯やら巨大なニンニク等盛り沢山。
晩御飯のマーボーナスの材料にと、ナスも購入。
後は、枇杷と桃。


そんな感じでホクホクで帰り着き、マーボーナス。(゚∀゚)ウマママッッゥマー!

と、今年の即ザルinはこんな感じでしたよ。
バイクで車で鉄道で...
さぁ!

| | コメント (0)

2008年7月 5日

金曜の夜は

金曜の夜は

という話。


チマチマと、余ったネックストラップをハンドストラップにして一脚用にしたりしつつ過ごしております。

明日はものっそい天気が良いみたいですね~。
タマラン暑くなるみたいですよ。

て事は...

今年もアレです。

| | コメント (2)

2008年7月 1日

記録するんじゃない記憶するんだ

記録するんじゃない記憶するんだ

という話。

すっかりゲームをする事も無くなり、すっかりビデオに録画する事も無くなり..
だので、PS2とVHSのデッキを大海原に放出。


そして、DVDプレイヤーを釣上げに成功。
とってもコンパクツですよ。
トレーに入れられたDVDを再生する事のみに徹したストイックな機器。(゚∀゚)
番組録画? 知らん!


キンピラごぼう


サラダ

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »