« スピードライト | トップページ | 今度こそ7つの塔 »

2008年8月23日

7つの塔

7つの塔

という話。

またまたトルコにinです。
今回も、ホテルに行くまでの間にイスタンブールを観光しちゃおうという計画ですよ。
12時過ぎに着の飛行機なので、余り時間は取れないか?って感じですが、前回行けなかった(定休日だった)イェディクレへ行ってみよう!と。
タイトルの7つの塔はイェディクレの事です。


の前に三宮の街(?)を撮っていきますよ。
トルコの人との話のネタにね。


シャトルバスに乗って関西国際空港へ。


関西国際空港着。
さすがに0時過ぎとあって人も少ない~。
ついでに免税店が1店開いている位でほとんどの店が営業終了。(´ヘ`;)
インスタントカメラを買って、離陸中,着陸中の写真を撮ろうと思ったのだけど...。
あと、ヘッドフォン端子の変換プラグも。


細々と開いているカウンターにてチケットを貰って~...。


カタール航空さん、お世話になりますよ~。
関空からカタールへの機長はドイツ人のベテランパイロットらしく(横に座った沖縄から来ている旅行代理店の添乗員さん談)、エアバス社製A330は少々長めの離陸滑走からフワリと空へ。
滑走時のエンジン騒音,飛行中の騒音共に、ボーイングと比べて静かに感じましたヨ。
席にもよるのだろけど。


夕食。


朝食を経て、先ずはカタール国際空港へin。
さすがベテランパイロット!ってな感じのナイスランディング。


飛行機のハッチを出るとタラップと熱気が待ってますよ~。
朝5時過ぎなのに既に31℃。 orz
ムワンとしてますよムワンと。


こいつぁ撮らなくては!とカメラを出しますが、警備員(写真中央)にNG出されてメソメソ...
でも諦めず(?)ターミナルへ行く為のシャトルバスからしつこく撮影。(゚∀゚)


そんなカタール国際空港は...
ハブ空港らしく色々な航空会社が絶賛乗り入れ中。


でも、でんでん広くない。
2階建ての小さな建物。


上空から見た滑走路や周辺施設はやたら広かったけど。


建物から外を見ると、こうやって乗り込み待ちの飛行機達が。
フムフム、またアレで乗るんだな...。


って事で、写真を見たり、両替所を探してウロウロしたり(無かった)、現地通貨獲得の為に書店で本を買ったりしたりと乗り継ぎ時間を楽しく過ごしたら、またまたシャトルバスに乗ってイスタンブール行きの飛行機へ向かいますよ。


おぉ、見えてきたぞ。
今度はエアバス社製A321だ。
警備員は...!?

居ない。(゚∀゚)


よしキタ!
!?
レンズが~... 曇る~...

えぇ。

空港施設内及びバス車内は25℃位の乾燥地帯。
外は35℃は絶対越えてそうな熱帯。


何とか曇りが収まるようにして~...
ぬぬぅ~。


標準レンズで尾翼がこんなに大きく。(゚∀゚)


と、ホクホクで乗り込んだ機内。
11Aはどこだ~って感じで進んで行くと...。
非常口斜め前。 orz
当然、席の横には窓ナシ。 orz
いや確かに窓側だけど~。 orz


いや確かに関空~カタール便と違ってナゼか客室乗務員が帽子かぶってるけど~。

んだけど、出発前にも座席が結構あいているようで、数名が座席の移動をしていたので、それならばと1個前の席へmove。
無事、世界の車窓からです...が。


何も無い。(゚∀゚)
窓もいい感じに薄っすらと曇ってて超低コントラスト。
何かのCMで見たような砂漠の中にポツンと何かの製造設備がある..ってな風景が続いてましたよ。
砂漠を走る道路は所々色が薄くなっていたり。
いや~、世界は広い。


で、9時くらいに朝ご飯。
A321は短中距離便らしく個別モニターやインタラクティブ装置は付いておらず狭い感じ。
んだけど、やはりボーイング社製より静か~に感じるなぁ。
特に見る物も無いので、日本から持ってきたD200のムック本を読み漁り。


程無くして、アタトゥルク国際空港へランディング。
ゲートまでの長い長いタキシングの途中...。
この機体は?


おぉ!?
こ...この微妙に何か臭う機体は!?
機体番号(?)の下にTu-で始まる型式が!(゚∀゚)


Tu-134(詳しくはWikiさんからどうぞ)


そんなこんなでアタトゥルク国際空港国際線到着ロビーへ。

えぇ、賢明な皆さんは既にお気付きかと思いますが、胸に7つの傷を持つ男の話は次回です。(誤)

|

« スピードライト | トップページ | 今度こそ7つの塔 »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。