« カレー日記 | トップページ | チャウシンと壷焼きケバブ »

2008年9月 7日

パジャパーへ

パジャパーへ

という話。

※8月29日中盤の日記です。
8月29日序盤の日記はこちら。

引き続きカッパドキアです。
カッパドキア地方への観光において、殆どの人が行くであろうと思われるパジャパーへin。


の前に、チャイ休憩です。


休憩したカフェには仔犬が~。
この仔がまた人懐っこくてカワイイかった。(゚∀゚)


カフェの近くの広場に野菜売りのトラックが来ていましたよ。
じゃがいも?後ろに見えるのはメロンか?
そして思いっきりカメラ目線。(笑)


休憩を終え、パジャパーへ進みます。
三姉妹は今も健在。
因みに一人写ってない。(´ヘ`;)


奇岩が点在する広陵とした大地に誰が作ったのか小さな道があり、その道をトレッキングするツーリストの姿もチラチラと見れます。
一体どこがスタートでどこがゴールなのだろう。
ハンディGPSが(゚∀゚)ウマーかもね。
後でGooogle MAPと合成して回想に浸る...と。


ラクダですね~、どこからどう見てもラクダ。


それにしても暑い。
んでも、カラリとしているので日陰でじっとしていれば直ぐに涼しくなりますよ。(゚∀゚)
これでも今年はジメッとしているらしく、普段はもっとカラッとしているそうで...
セタちゃんも暑そうですよ。


さてさて、パジャパーです。
ちょっとしたお土産物屋さんが並んでいて、バスや車の駐車スペースが。
日本人のツアーバスが来てた。
無料の見所ながら、一部石畳の歩道なんかが用意されていたりしてステキ。


教会(笑)
案内ありがとう。
ココの管理人に誰かが漢字を教えたんやろか。


おぉ!君は!
2年前にも今にも落ちそうだった君!
まだ頑張ってるねぇ~。(笑)
中には落ちちゃったのもあるらしく...(´ヘ`;)


そんなパジャパーを進むと、キノコ岩の土台(?)を削って作られた教会が。
木製の階段をギシギシと登り、ヒンヤリとした教会内部で一休み。


更に反対側のこじんまりとした教会へも登り一休み。
こちらは更に上の階へ行ける煙突のような通路(通路と言うか吹き抜け)が。
肩幅程の正方形の穴に手足を掛けられる小さな窪みがあるだけ。
2階はどうなってるんだ~と思いつつも、断念。
全身砂まみれになっちゃうね。
カメラバッグを身に付けての通過もムリだろう。


因みに、教会への昇り降りも一苦労だったりする。
今まで何人のツーリストの膝や足首を破壊してきたのだろうか...(怯)


更に奥に進むと...
ラクダさんが休憩中。
こちらを意ともせずモシャモシャと食事中ですよ。
ラクダって見た目によらず暴れん坊な性格らしいので遠目に観察。
食事中だしね。
このラクダに乗ってのパジャパー巡りもあるらしい。


日本人観光客御一行様も居たけど、他の国からの観光客も多数。
汗を噴出させながらビデオカメラを回し続けるオジサン等々、お疲れ様デス。


そしてシメジ岩。
美味しそう。
今夜は鍋だね、母さん。


うそ。
暑いからアイスた食べたい。
ものっそい伸びてる。


いただきまース。(゚∀゚)


さすがにコレは買えないなぁ。

ってな感じで2年前はサラリとしか見てなかったパジャパーを再度満喫です。

|

« カレー日記 | トップページ | チャウシンと壷焼きケバブ »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。