« 街歩き(OM10バージョン) | トップページ | 尼崎の鉄スポット »

2008年10月20日

街歩き(D200バージョン)

街歩き(D200バージョン)

という話。

週末(土)、バナナハウスから西へ少しの高砂の街へ行ってきました。
昭和な街並みが残ると言う情報を元に賞味期限を激しく(4年)越えたカラーネガフィルム(ISO400)を装着したOM10も持参。
今回の日記はOM10バージョンとD200バージョン。

写真構成によりチョト違う所もありますが、ほぼ同文章な安心設計(´ヘ`;)


途中、木造建築な多木化学本社を偶然発見!
OM10でホンノリ撮影し、再びトコトコと走り高砂へin。
みなさまの高砂センター街です。


と、ココで真っ直ぐ商店街へinせず西へ行くと銭湯がありました。
5時からの営業に備えて既に火がin。


まさかの出火に備えていた地下水くみ上げポンプは既にお役御免。


建物の入口から男湯女湯に分かれる安心設計。(?)


そしていよいよセンター街へin!
ホニャララ銀座って通りは全国にどれ位あるのでしょうか。


基本的に店頭じゃなくって奥に居ますよという宣言ですね。
その通り、外から覗いたけれど人の気配はナシ。
同様の案内が店の至る所に下げられていて、レジの横にある呼び鈴の上には“呼び鈴は下にあります”。
オモロイ... オモロイやないかい。
思わず押しちゃいそうになりましたよ。(゚∀゚)


創業何年だろう。
おじさん一人が切り盛りしてると思われるパン屋さん。
写真を撮らせて貰い、パンを購入。


懐かしい感じの個人商店な模型店!
店頭にはお決まりの戦車,戦闘機,ガンダム...


誰?


何かモーター音がするな~と思って店の隣を覗くと...
ミニ四駆サーキット!(゚∀゚)
懐かしい、懐かし過ぎる。


向かいには、街のバイク&自転車屋さん。
小学校の頃の将来の夢は自転車屋さん。
何かと用も無いのに自転車屋さんのバックヤードに入り浸っていたのが懐かしい...。
少しヒンヤリとしていて油が薄っすらと張った緑色のコンクリート床が心地よかったなぁ。


そんなセンター街を抜けると、焼き穴子を製造販売している作業所が。
店の奥ではおばさんが休憩中。
ショーケースの中に置かれた大皿の多くに焼き穴子のタレ(?)のみが残っている所を見ると、既にモリモリ売れた後なのか。
凄いゼって感じ。


そんな焼き穴子製造所のある通りを海方面へ向かうと高砂神社が。
根が一つで雌雄の幹が左右に分かれた相生の松というのが有名らしく、現在5代目だとか。


3年に一度の船渡御神事では、水揚げされた神輿が最終的にココに集合するらしいです。


境内には大小様々な社寺が点在。
色々な神様が集合しているようです。


画面右から左奥へ伸び、左奥から左手前へ伸び、最後に右上へ伸びると言う複雑な構造をした立派な松の木が。
一体どうやっって?


と、高砂神社を参拝したトコロでカラーネガフィルムが残り少々。
往路と少し違う道使い街を抜け、フィルムを使い切りつつ、スタート地点となったショッピングモールの駐車場へ。
小腹が空いたので、たい焼きでも食べますか。


瓶コーラがたい焼きのお供ですが何か?


このパリパリが嬉しい。


薄~い生地の中に餡子がタップリですよ。


フワフワの生地にたこ焼き2個と卵1個がプレスされた焼き物も食べちゃったりしますよ。
そうこうしていると、ネガの現像が終了。
カメラ屋さんの家に嫁いで来て以来高砂の街を見て来たカメラ屋のおばちゃんと暫し話しを。
おばちゃん曰く『こういう街はフィルムで撮らなきゃダメ』。
インデックスプリントの際にネガから浮かんだ高砂の街を見つつ楽しく現像してくれたようです。


お腹も満足し、ネガもOK。
バナナハウスへ帰ります。
途中、ヒョッコリと現れた旧配水塔。
高さ33mの旧配水塔は高砂へ始めて上水道が敷設された大正12年10月に完成し、昭和41年7月に引退するまで活躍していたようです。
天井は洋風建築のような三角屋根で、真っ直ぐに伸びた避雷針(かな?)にも細かな装飾が。
写真では全く伝わってないですが。(´ヘ`;)アゥアゥ


晩ご飯は回る寿司。
職人さんが手握りしている大きなネタがグッドな回転寿司屋さんでした。


パン屋さんで買ってきたパン(ジャムパンと餡ドーナツ)は翌朝にeat。
きっと何十年も変わっていないと思われる製造方法にて作られたと思われるパン達は予想通りの懐かしい味でしたよ~。
満足満足。(゚∀゚)

首からOM10を下げ、肩にはD200の入ったショルダーバッグでウロウロしました。
OM10に入れていた賞味期限から4年が経過したカラーネガフィルムですが、スキャナで読んだ生データは(´ヘ`;)!?な感じ。
UPした画像は、自動補正と言う有難い機能(弱)により蘇らせつつスキャンし、フォトなんとかでホコリ&傷消し...と何気に手間を掛けて作成したD200のMサイズと同一pixの画像を元に作成しました。
フレッシュなカラーネガフィルムで撮影したらどうだったんやろ?と気になりつつ...

総評?として、フィルムは記憶って感じで、デジタルは記録って感じかな、と。

んと、まぁ、何と言うか、そんな感じです。(´ヘ`;)

|

« 街歩き(OM10バージョン) | トップページ | 尼崎の鉄スポット »

徒然」カテゴリの記事

カメラ/D200」カテゴリの記事

コメント

高砂いいなぁ~ 渋い街ですね~
プラモ屋いいなぁ。うちの近所では絶滅しました。
今回の試みも面白いですね。
OM-10の写真も味わい深いです。
特にOM-10で撮影したGINZAのタイル。渋いです。
次回はぜひ、新しいフィルムで撮影してみてください。

あと、F100の設定の件は、メールください。

投稿: 58Caddy | 2008年10月21日 11時02分

58Caddyさん>
ピタッと時が止まっている一角でした。
プラモ屋さんにも隠れお宝アイテムがありそうで...
最近見ないと思ってましたが、残ってるのですね。
フィルムとデジタル一眼の2台でしたが、コンパクトで街の雰囲気に合ったOM10の方が撮ってて気持ち良かったです。(笑)
今回で、賞味期限切れのフィルムを使い切ったので、次回からフレッシュフィルムでいってみます!

投稿: バナOKA | 2008年10月21日 19時09分

この記事へのコメントは終了しました。

« 街歩き(OM10バージョン) | トップページ | 尼崎の鉄スポット »