« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日

Trick and Treat

Trick and Treat

という話。

Trick and Treatと激しく間違った所で...


ジャックランタンさんもお菓子の前で燃え上がっております。

| | コメント (0)

F100でも超広角?

F100でも超広角?

という話。


先日購入したTAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII(Model B001N)を、F100に装着。
APS-C専用レンズだけど、物理的に装着出来るモンだからしょうがない。
専用と言っても、35mm機に付けたらヌッ壊れるわけでもない。

で。

ファインダーを(゚Д゚;≡;゚д゚)してみると~...

10mmでは素晴らしくフードの影が。(まさかの影ナシだったらものっそい広角だYO!)
15mmではファインダー上では影が無くなりましたよ。

フィルム装填の予定は今の所無いけれど、画質云々はソッとしといて35mmフィルム一眼レフでも使える!(かもしれない)

...なんだこの煮え切らない日記。 ピクピク ゛〓■●゛


先日の帰省時にOM10で撮影した鵜戸神宮...


と、青島。
D200とは違う柔らかい描写。

| | コメント (2)

2008年10月30日

E-520を買った

E-520を買った

という話。

それは一昨日の出来事...
E-520を買った             co鉄ちゃんがバナナハウスへ遊びに来た。

ピクピク ゛〓■●゛


その大柄なバディと裏腹に、デジタル一眼レフには、コンパクトなOLYMPUSをセレクト。
Nikon,Canonと比較検討し、自分のフィーリングに一番しっくり来たと言うOLYMPUSを。
弄り倒す機械なだけに、操作感と言うか何と言うか、フィーリングはとっても大事だと思う。

暫く色々と操作&撮影させてもらったが、各種インターフェースが直感的で分かりやすい。
デジタル一眼レフの機構と画質と質感を持ったコンパクトデジカメ的なイメージ。


自分(D200)で自分を撮れないディレンマを解消する為、D200とほぼ同じ大きさのF100と比較。
1回り... いや、1.5回りコンパクト? F100にはコンパクトな50mm付けてるのにね。


新旧OLYMPUS。


そして、フォーサーズシステムの心臓部。
予想以上にコンパクトだ。
ミラーアップしてイメージセンサーを拝みたかったけどそこはまぁ割愛。(笑)
ブルブルとホコリを落とすシステムはD200には無いので羨ましい~。
手ブレ補正機構がボディ内臓なので露光中はジィィーと動作音。

事ある毎にD200を持って行き、撮影画像のプレビューを見せ続けた甲斐があったってモンで、湧き上がる衝動を抑えられなくなった模様。(笑)
co鉄ちゃん、ようこそデジタル一眼レフの世界へ!(゚∀゚)
物,人,二輪,四輪,工場,夜景... そして、鉄。
いろんな被写体が待ってるヨー。

| | コメント (2)

2008年10月29日

関西へ戻る&カメラ屋巡り

関西へ戻る&カメラ屋巡り

という話。


実家を出発し到着した、朝の宮崎空港。
宮崎空港は、地方空港の割りには利用客が多いらしい。


伊丹までの機材は、B767-300。
座席は2-3-2のノーマルシート最前列中央。
プロジェクターのド真ん前。
離陸時と着陸時に、機体斜め前方を映してくれるのが素敵ing。
着陸時は、タイヤが接地するドスンと言う衝撃まで熟睡していたので(´ヘ`;)だったけど。

ってな感じで、am9:00頃に伊丹着。


急ぐ旅では無いので...


展望ロビーでチラチラと撮影。


ボンバルディアとSAAB。


エアバスとボーイング。

程なくして朝のラッシュを過ぎたのか、動きが一段落したっぽいので伊丹を後に。


と、三宮までリムジンバスで行けば良いのだけど、急ぐ旅ではないので...
梅田行きのリムジンバスに乗車。
そのまま、大阪駅前第1ビルにある“梅田フォトサービス”という分かりやす~い名前のカメラ店へin。
中判カメラや海外の銀塩機もゴロゴロですよ。
そんな中探していたのは、OMマウント用のレンズキャップのマウント側。
前玉側のレンズキャップはゴロゴロしとるのに、マウント側用が~。(´ヘ`;)
店員のおじ様に聞いて探して貰ったけど見付からず。(´ヘ`;)
ガサゴソしていると、本来の目的では無いけれど、ヤフオク湾でチラ見しつつも微妙な値段に(´ヘ`;)していた小物を激安で発見。(゚∀゚)!

(゚∀゚)顔でお店を後にし...


今度は大阪駅地下の“八百富写真機店”へin。
色々見ていると...
これは一体。(゚∀゚)?
goooooooooooogle先生教えて!
コレでした。


その他、OM用のレコーダーバック2を発見。
絶妙な値段設定... (´ヘ`;)
きっとこれからもネガを印画紙に焼かず、PCに取り込むであろうから、ファイル名で日付管理するとなれば事実上全く必要無いアイテムだけど、この“何かダイヤルが一杯ある”感が、物欲を心地よく刺激ックス。
結局買わなかったケド。(´ヘ`;)

次に更に北上し、ヨドバシ梅田で数点のお買い物の後、バナナハウスへ。
バナナハウスに着いてからは、適当に荷物を片付け。(゚∀゚)
早速本日のお買い上げ品の撮影へ。


先ずは、OM10にアイカップが付きました。
視度矯正レンズ(度数は不明)付き。
何気に、シャッター速度を示すステンシル部に目の焦点が合ってなかったのがクッキリ見えるようになり、実に(゚∀゚)ウマー。
ヤフオク湾で3.5k~4.0kで漂っているのに対し、0.5kで入手!(゚∀゚)ウマー。


そして、ヨドバシで買った現像用タンク,フィルムピッカー,フィルムクリップ...
※現像用のその他用品(薬剤etc...)はまたボチボチ入手していきます。


更に、日中の屋外なんかでデジカメの液晶を見やすくするフード(拡大用レンズ付き)と現像してきた35mmネガ(帰省時にOM10を持って帰ってた)。
フードはと言うと、屋外で撮影している時に、周囲の太陽光の激しい明るさで液晶が見難い上に露出やホワイトバランスがどうなってるのか分かったモンじゃないのを解消してくれそうで期待maxですよ。
撮影データのヒストグラムだけじゃ分からない何かが見れそうだ。


最後に~...
宮崎で買ってきたお土産の中から、自分へのお土産、熊本銘菓“誉の陣太鼓”を撮影した所で、本日の業務終了となったのでありました。

| | コメント (4)

2008年10月28日

ハイポテンシャル博物館

ハイポテンシャル博物館

という話。

実家へ荷物を置き、素早く近所探訪、チョイと場所を変えようと...


県立 西都原考古博物館へinしてみます。


なんと入場無料にてinです。 もちろん駐車場も無料。
パンフレットを貰い、順路に沿って進むと...
普通に触れる場所にポンと展示されています。


パネルには、時代背景の描写や現代の自分達への問い掛け等が書かれた文章の組合せが記されています。
じっくりと読むと考えさせられる、良く練られた展示です。


磨き上げられたアクリルパネルと各種照明やプロジェクター装置をふんだんに使った凝った演出がされている展示が各所にあり、これが現代の魅せる博物館なのか!と。
人体を検知するセンサーに併せて強弱をアナログ的に制御された照明等々...見ていて飽きない。


通路,壁,柵とかで無く、全体が広く見渡せる構造。
とても開放感がありつつ、落ち着いていて居心地最高。


稲作が始まり、集団生活が始まった頃の流れをBefor,Afterのジオラマで展示。
田を耕す者、用水路を管理する者... と、細かい。


出土品以外にも、精密に復元された埴輪等の展示も。


奥の方には、書籍コーナー。
書籍コーナーの一部がカウンター状になっており、今は“浪漫を求めて探求の旅に出ています”と書かれていたが、普段は誰かがここに居るようです。


書籍コーナーに置かれた図書類は読むのは当然、一部は販売しているようです。


発掘に携わった人物の紹介や、使用された用具類の展示も。


女子高生を見ている時のたまさんのような埴輪に見送られ、博物館終了。
これが全部タダってんだから凄い。 ありがとう!
フラッと寄ってみるつもりが2時間以上見て回ると言うイリュージョン。
中々帰って来ないから...と、実家から電話掛かってきた。(笑)


ようやく博物館をoutし、古墳公園にある市営のお土産物販売所“このはな館”へin。
埴輪が、『いらしゃいませ~』と迎えてくれますよ。
んだけど、pm5:00で閉店らしく、既に蛍の光りを絶賛放送中。
急いで周ります!


分かりやすい宮崎土産の数々。(笑)


小さくてカワイイ埴輪も売ってましたヨ。


急いで周りつつもソフトクリームはバッチリ購入!(゚∀゚)ウマー
“このはな”+ミルクのmix。
“このはな”部分は、キヌア・玄米・いりごま・黒米・大豆・くこの実・押し麦で作られているようですよ。


と言った感じで良い時間になったので、そろそろ実家へ戻ります。


久し振りのマイケルは相変わらず堂々としたモンですよ。
人間の歳で言うと80歳位。
大先輩ですよ。
マイケルちゃ~んとか呼んでる場合じゃないですよ。(゚∀゚)


青島で買って来た、青島名物のういろう。
創業100年以上の松山商店の製造販売する松山ういろう餅は、今でもガスを使わず薪とセイロを使って蒸し上げられる松山ういろう餅はもちもち感maxで最高にウマイ!
ココで買えます。
杉の薄皮に守られたういろう餅ちゃんをご賞味くださ~い。


って事で、晩ご飯も終了したトコロで...
過去のアルバムなんぞをチラリと見返しますよ。
幼稚園時代の写真左の女性は初恋のカワムラ先生(照)


そんなこんなで久々かつ最後の宮崎の実家での夜は過ぎ...


翌朝am8:00の伊丹行きのフライトに合わせて実家を後にします。 <もうちょっと続く>/a>

徒然 | | コメント (0)

2008年10月27日

チキン南蛮とか

チキン南蛮とか

という話。

青島を後にし、宮崎駅で友人Iとお別れ、そしてママンとパパンと合流。
ハテ、お腹も空いたし昼ご飯でも。
となると食べたくなるのがチキン南蛮。
宮崎発祥の郷土料理チキン南蛮。
そんなチキン南蛮を食べに向かったのは...


おぐら本店。
宮崎人で知らない人はまず居ないでしょう。
トンネルを過ぎるとそこはおぐらの町ですから。(゚∀゚)
昔と変わらず、細い路地を入った奥でヒッソリと営業中。


昭和の下町の洋食屋な店内には、妙齢のおば様が、昼時に合わせて徐々に増えて行く客の対応に応戦中。
そんなおぐらには、洋食屋らしく、カツカレーやチキンカツなんかもあるのだけど、チキン南蛮しか食べた記憶がない。(笑)
今回も何の迷いも無くチキン南蛮をオーダー。


程無くして到着。(゚∀゚)
写っていないけれど、ご飯普通でも大盛り。
大盛りにしたらどうなってしまうのか?


鶏の胸肉を丸々1枚(180g)使い、サクッと揚げた後に甘酢に通して絶妙な酸味を持たせた所に、濃厚なタルタルソースをドカーンってな具合でウマイ。
ウマイウマイとペロリと食。(悦)


モリモリとチキン南蛮が製造される厨房をサラリと撮影し、おぐらさようならまた来るよ。
因みに、通販もやっているのでグッと来た人はポチってみると良いですよ。


そんなこんなで、おぐらを後にし、ようやく実家に到着ですよ。
宮崎に帰ってもすんなりとは実家にinしない。
これは毎度の事です。(´ヘ`;)
帰省したのに実家に泊まらないなんて事も。
何しに帰ってるんだ? って思い出しニヤリしていると、ミー子(野良猫)がお出迎え。
おぉ、ミー子、元気であったか。

因みに、ミー子が登っているのはキウイの木。
毎年100個単位の実を付けては周囲をキウイの渦に巻き込むナイスな木。
この木ともお別れだけど、どうやら次の家主さんもキウイの木というオプションが気に入っているようで、普段のお世話メニューを伝授して欲しいとの事で。
新しい主人の下でもモリモリ実を付けて、キウイハリケーンを巻き起こしてくれよ~。


で、実家に荷物を置いてひとやs... 休まない。
速攻で実家カーvitz(薄~ぃピンク(怯))を強奪し、近所巡りですよ。
先ずは巨大な楠のある無戸室(むろと)。
神話の時代に...(参照リンク)


そして、児湯の池。(参照リンクは↑と同ページ)
この池は、湧き水が溜まっている池で、ものっそい透明度。
夏はものっそい冷たく、冬は湯気が出る位に暖かい。
池の中には鯉やその他小さな魚も泳いでいて、小学生の頃、小さな竿で釣り糸を垂らしていた事は言うまでもない。
ちょっとしたミスで鯉が針に掛かろうものならエライコッチャ。
釣上げても、ものっそい怒られるだけの完全な負け試合。(゚∀゚)
その前に、ものっそいバチ当たり。(げめんなさい)


そして、地元の神社、石貫神社へ。
境内の公園の半分は運動場(のような物)で半分は杉の木が多い茂る薄暗いゾーン。
ここでも良く遊んだなぁ~。
ブランコが撤去され、その代わりに微妙な遊具が設置されていた。(´ヘ`;)


そして本殿。
普通に上に上がって遊んでましたが何か?
流石に、一段上にある御神体が収納されている所には行きませんでしたが...
いや~懐かしい。


そんな石貫神社の言い伝えはコチラの真ん中辺りを参照
右下に写っているのが、鬼の窟(古墳)から貫き(抜き)取られ投げられたと言われる石。


と、転々とした後は、少し車を走らせ(約2分(´ヘ`;))、盆地になっている西都原へ~。
だだっ広いです。
ゴルフ場では無いので、ゴルフ禁止です。(´ヘ`;)


所々に点在する盛り土は古墳です。
まぁ、例にも漏れず完全な遊び場となっていましたが、冷静に考えると、古代の豪族の墓なんですよね。(´ヘ`;)
ほんと、げめんなさい。


そんでもって石貫階段。
コアな野球ファンなら見た事のある風景かと。(゚∀゚)


そんな西都原では徐々にコスモスが咲き始めていて、3分咲きといった所。


こればっかりはタイミングの問題なのでしょうがないか...(´ヘ`;)
満開になるとものっそい事になってしまいます。
きっと咽る程のコスモスの香りになるかと...


↑でチラリと出てきた、鬼の窟古墳の周辺を囲うように広がるコスモス畑。
遠くに見えるのは尾鈴連山か。


と、若干曇ってきて寒くなってきましたよ。
ちょっと場所を変えますかって事で、最近出来たと言う(と言っても4~5年前?)県立 西都原考古博物館へinしてみます。
それより昔にあった資料館より、大幅にグレードUPしたと言うこの施設のポテンシャルやいかに。
<続く>

| | コメント (2)

2008年10月26日

宮崎を楽しむ

宮崎を楽しむ

という話。


そんなワケで宮崎の夜が過ぎ去り...


翌朝はとてもよい天気。
程好く雲もありって感じですよ。


昨日に引き続き、友人Iのプジョー206SW S16にて半日観光となります。
おや?
この燈篭は?


南国の雰囲気と朱色。
朝からの強烈な日差しに、10月も終わりなのに暑い。
さすが、宮崎。


暫く歩くと朱が眩しい楼門。
ここは、宮崎県南部の日南市にある鵜戸神宮


縁結・安産・育児・海上安全といった所です。
切り立ったゴツゴツとした岩場に出来た窪みの中にあるのが御本殿。


玉橋を越え、坂道を降りると、ようやく御本殿が見えました。
朝日が岩の窪みの中にある御本殿を強烈に照らしていてD200のダイナミックレンジを余裕でオーバー。
眼で見る視界を表現するのは不可能ッッッ。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)


御本殿の奥には皇子神社。
滴り落ちてくる水による腐食?か、所々青く。
実際には、写真よりもう少し暗く、ヒンヤリとしています。
朝も早かったので観光客も殆ど居なく、とても神聖な雰囲気。


そんな窪みの奥にある、お乳岩,お乳水。
その横ある社務所の脇から外を... うーむ、暑そうだ。


そんな鵜戸神宮の名物(?)は、この運玉と呼ばれる粘土の玉を...


崖下に見える零石亀石の窪みへ、男性は左手で、女性は右手で投げ入れると言う物。
もちろん、窪みへ見事inすると願い事が叶うという仕組み。

もちろん、窪みにinさせる事は出来ず。
世の中そう簡単には運ばない。(´ヘ`;)アゥ


玉橋からの風景。
何気に絶景です。

そして何気に汗だく。
もう10月後半だってのに。


って事で、次に向かったのは東国b... Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ハ... ハイビスカス!? Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ここはサンメッセ日南
眺望最高。
夏に来るとものっそい暑くて気が遠くなるポインツ。
だが、やはり夏の雲と良く合う場所でもありますなぁ。(´ヘ`;)


そんなサンメッセ日南には、遠く南太平洋に浮かぶイースター島にある謎の巨人モアイ。
このモアイ、冗談でも洒落でも無く、日本の技術スタッフが倒されていたモアイ15体を3年掛けて修復した事に対し、イースター島の長老会と島民が世界で唯一回だけの復元を許した事により見事復元された、実際にイースター島にあるモアイと同一の物なんですよ。
遥かイースター島の巨石文明に思いを馳せつつ...


モアイ岬牧場では、牛やロバが朝ご飯中。
ほのぼの~。


サンメッセ日南を後にし、最後に向かう所は、青島。
駐車場から参道への道にある売店の店先でパイナップルを手際良くカットしていくおば様。
螺旋状にV字溝を刻み、葉の根を除去していくのは、根が螺旋状に並んでいるから。
確かにそうだ。
おば様の流暢な話術で楽しくパイナップルについて学習。(゚∀゚)


そして、そんなパイナップルを縦に割いて冷やした、冷やしパインを食べながら参道を進みます。


参道の途中には、観光地ならではの“勝手に写真撮影、帰りにどうぞ買って行って頂戴ナ”な一角が。
カメラマンおやじ曰く、『歩いている所の写真は中々無いですヨー』
確かに。(笑)


そんな青島へ渡る橋及び青島の両脇には、“鬼の洗濯岩”と呼ばれる地層の侵食によって出来た岩の階段状の海岸線があります。
写真からは伝わりにくくてげめんなさい。(´ヘ`;)
潮の満ち引きで結構景色が変わります、ココ。


そんな青島は、昔、宮崎の観光がとても盛んだった頃の有名スポット。
当時営業していた巨大ホテル(橘ホテル)、今は観光の衰退と共に巨大廃墟に。

そんな巨大廃墟の写真で終わりつつ... <続く>

| | コメント (0)

2008年10月25日

帰ってみたりする

帰ってみたりする

という話。

母さん僕は何年あなたの顔を見ていないでしょう。
父さん僕は何年あなたの顔を見ていないでしょう。

という事で、故郷宮崎に帰ってみたりします。
と言うのも、実家が熊本(姉夫婦在住)に引っ越すらしく、ちょっとした見納めって感じで。


と、本日19時位伊丹空港発の宮崎行きに乗る為にホンノリ早退し、三宮からシャトルバ...
ふとデジイチ見たら[ -E- ]という摩訶不思議な表示。
ガッデム! メモリーカード忘れた!(゚∀゚)ヤッチマッタナァー
って事で速攻で近所の電気店に駆け込みSandiskの2Gを買ってきた絵。
当然、買いたてホヤホヤなSDカードはD200の中。(´ヘ`;)


若干メソメソしつつシャトルバスに揺られ、伊丹空港着。
うーむ、何気に宮崎行き満席。


そんなこんなで1時間もしないうちに、どげんかせんといかん県に到着。
実に速い。
なんて近いんだ、故郷。


そんな宮崎空港にて久々の再会な友人Iにピックアップして貰い、先ずは日南海岸へ。
うむ、何も見えん。(゚∀゚)
でも、雨上がりの満天の星空!
帰って来てる!今まさに帰って来てる!


興奮覚めやらぬまま、今や観光バスが止まると言われる宮崎県庁に。(笑)
本日、知事はもう居ないようだ。


知事が居なくとも宮崎には地鶏が!って事で、友人Iの激お勧めの地鶏炭火焼のお店“空海”へin!
宮崎の繁華街から少し北に上がった所にあるお店デス。
そんな空海のお品書きを見渡すと、実にテンションの上がる単語の羅列だよぅ~...
って事で、地鶏のタタキが先ずキタ!


(゚∀゚)ウマー


キャッキャしてると次に本命、地鶏炭火焼が!
いぁもうタマラン。(゚∀゚)


せせりの炭火焼も外せない一品って事で当然のように食。
これだよこれ。
小中校時代に溢れる程に食べたこの味。
ある意味自分の鶏好きはせせりで形成されたのかもしれない。
当時は、食べても食べても出てくるせせりに恐怖していたのだが。(笑)
半分に切ったドラム缶の上に置かれたアミ全面が一本モノのせせりで覆われたあの恐怖絵巻、あれは忘れようにも忘れられない。


そしてこれも忘れてはならない冷や汁。
宮崎を代表する夏の食べ物。
店によっては、夏にしか出していないが、ここ空海はスタンダードメニューとして出してくれている。
実に有難い。
この件に関しては、店長に熱く御礼を伝えた次第で。
墓参りに帰ってくる事はこれからもあるだろうけど、一応“実家”は火の国熊本に移ってしまう自分にとって、今回どうしても食べておきたかった冷や汁。
とても美味しゅう御座いました。


と、鶏肉と冷や汁だけでなく、サラダや魚介類も少々。
どれも美味しく、店の雰囲気も良く大満足でしたよ。


と、初っ端こそメソメソだったが、後半ドカーンと大満足になった初日。
今晩は市内のホテルに泊まり、翌朝は.... <続く>

| | コメント (2)

2008年10月24日

10mmからの世界

10mmからの世界

という話。

昨日はベルサッサで帰宅し...


本日発売のTAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 DiII(Model B001N)を1日早く購入しました。
SP AF11-18mmF/4.5-5.6 DiII(Model A13N)からの乗り換えです。
意匠が少し変わり、最近出始めた新しいAPS-Cサイズ用のBnnnシリーズと共通で、マウント部がニッコールのGレンズっぽく。
大きなフードは超広角ならでは。

D200に装着したらD200で撮影出来ないというディレンッッマを解消する為に...
F100に装着して撮影。(゚∀゚)
もちろん、F100で使うと豪快に四隅が蹴られる素敵な組み合わせ。(未テストだけど)


アセンブル(組み立て)はCHINA。
SPの文字は銘板風に。


箱の意匠も大きく変わってました。


そんな10-24mmでサクッと試写。
一般的にラインナップされる18mmの画角でこう見える所からズームリングをワイド端へ持っていくと...


こんな感じの超ワイド感&奥行き感。
ワイド端の拡大は1mmだけど、広角側になればなる程1mmの差はでかい。
逆のテレ端は18mmから24mmの大幅拡大。
11-18mmの超広角専門的レンズから大きな進歩かと。
開放F値も明るくなりましたよ。


テレ端24mmで撮った、ヨドバシ梅田な人にはお馴染みのこの景色も...


ワイド端10mmだとこんな感じに。

そんな感じでホワーっとしつつco鉄ちゃん連絡を取り、晩ご飯をツルッと食べる事に。


行ったのは、かすうどん屋さん。


店内でも十分使えますネ。


そんなかすうどん屋さんでは、カレーかすうどんを食。
co鉄ちゃんとワールドワイドな話しをしつつ(゚∀゚)ウマーの連発。
別れ際に、お土産までもらって(゚∀゚)ウマー。


物撮りにも使えマス。(笑)

| | コメント (5)

2008年10月23日

防湿ケース

防湿ケース

という話。

有難く使わせてもらっているOM10は、とあるお方のお婆ちゃんが使っていたという有難いカメラ。
これからも永~く現役でいてもらいたいものでして。


ヲトナの都合にて(´ヘ`;)防湿庫の配備とはいかないのですが、防湿ケース(ハクバ写真産業製/ドライボックス5.5L/\1,000チョイ)を用意させて頂きました。
レンジでチンで復活するシリカゲルもセットされてましたよ。
温度/湿度計も一緒に購入し防湿ケースの側面に取り付け。

そんな防湿ケースにシリカゲルをセットし放置しておくと、50%チョイを示していた湿度計が35%位まで下がっていましたよ。
40%程度が適度と言われているので、良い感じなのではないかと。
その後、2週間チョイの間に時々開けては閉じ、開けては閉じを行いつつ様子を見てみました所、昨晩の時点で湿度が48%程に。
シリカゲルが飽和(って言うのか?)してきたのでしょうかね。
って事で、レンジでチン。
シリカゲルの袋に書いてある通りに、中のツブが無色透明から青色になり、復活のサイン。
再び防湿ケースへinして様子を見ると、最初のように35%位まで湿度が下がっておりました。
半月に一度のペースで管理しておけばOKな感じでしょうか。

...とまぁ、そんな感じで使い始めてみましたって報告デス。

F100とD200は風通しの良い場所に薄いリネンの布を掛けて置いてマス。
常時使う物はそれで良いって見解もあるようで。

その他...
28mm用のレンズフードは流石にでかかった。(´ヘ`;)
ボディキャップだけ買って、レンズキャップを買うのを忘れていた。(´ヘ`;)
スモークタイプの防湿ケースを買ったので内部の温度/湿度計の針が見難い。(´ヘ`;)
F100もケースにinさせたかったが、高さが僅かにオーバー。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

2008年10月22日

1円引き/マークセッター

1円引き/マークセッター

という話。

先日ガソリンスタンドに行ったんですよ、いいじゃないですか、行ったって。
そして、ピポパと操作してレギュラーガソリンを適量補給。
燃料を運ぶ為の燃料ってのを意識して決して満タンなんぞするもんかって話しですよ。
満タンにしないとガソリンタンクが錆びるとか言う人も居ますが、まぁいいじゃないですか。

そんなこんなで給油後、清算マシンを見ていると、スロットが御回りになっているじゃないですか。
そして、STOPボタンを押しておくれと言ってる。

ポチ...

徐々に回転が遅くなるスロット。
左右が同じ絵柄になり、更に真ん中がユルユルと回転するありがちな展開。
( ´_ゝ`)な顔で見ていると、ヨレヨレっと真ん中にも同じ絵柄がinそしてstop。

(゚∀゚)!?


5等当選にて、リッター1円引き。

セルフ給油の嗜みとして、釣銭を調整して22.04リッター/\3,350円分入れたのに、-22円というハプニングにより\3,328円という煮え切らない価格に。

微妙過ぎる。(´ヘ`;)

最近は家を出る2時間前の6:30あたりから起床。
朝の有意義な時間に...


B-17F作って(挿し込んで)ました。
そうそう。
この手のデカールをより定着させるのって何でしたっけ?
教えてgooogle先生!

マークセッター

なるほど。

> 小さいデカールは面積が小さい分、粘着力が弱いので、 貼る位置に予めマークセッターを塗ってからデカールを貼った方が良いでしょう。

もう貼っちゃったよ。 ピクピク ゛〓■●゛

| | コメント (0)

2008年10月21日

尼崎の鉄スポット

尼崎の鉄スポット

という話。

こないだ行ってきました、尼崎の鉄スポットに。(倒置法)
というワケでレポートです。

鉄スポットはフィールドではなく室内。
路線脇や駅のホームでカメラを構えたい!白い巨砲を構えたいけど!(照)という御人にも安心の室内。
そのスポットは、再開発ラッシュな尼崎駅前にあるアミング潮江というショッピングモール内のHOBBISTA(ホビスタ)という施設。
その施設内には、トレインカフェ&ダイニング銀座パノラマという鉄道ジオラマを見ながらお食事まで出来ちゃうと言うカフェがあると言うではないか。


で、到着したアミング塩江。
地下駐車場にヌルッとinするとGT-Rがお出迎え。
随分と見慣れてきましたが、フラッグシップの貫禄十分ですなぁ。
んでも、一時代を築いたR32型のGT-Rが一番(゚∀゚)!

早速脱線。(´ヘ`;)


気を取り直し、早速施設内部にinし、トレインカフェ&ダイニング銀座パノラマへ。
中央にある鉄道ジオラマを囲うようにボックス席とカウンター席等がウマーな配置。


カウンター席へ座ると、こんな景色ですよ。


更にこんな景色ですよ。


こんn...!?
もうね、お子様状態ですからお子様ランチも頼めちゃう!
って事で、新幹線なプレートに乗ったお子様ランチを食。(゚∀゚)

体だけはヲトナになってしまったオイラにとっては量が少なかったが、唐揚げがウマかった。
ウインナーもウマかった。(割とどうでも良い情報)


そんな食事中も黙々と車両が走り続けていますよ。
なるべく写真に入らないようにしましたが、ジオラマのあちこちにドラゴンボールや戦隊物のキャラのフィギュアが置いてあったのが(´ヘ`;)な感じ。
誰が置いたんやろか。
(良く見ると、3枚目の写真の左側の山の鉄塔と鉄塔の間あたりにサイヤ人化した悟空が...)


まぁ、そんな小さい事は置いといてお支払いを終わり店を出ると~...
ものっそい巨大な鉄道ジオラマがドカーンと。
140m2って言うじゃないですか。
フットサルくらいなら出来るんじゃないかな。(出来ません)


広島駅の前ではカワイイ路面電車がグルングルン。


寝台特急も走ってますよ。


ミニチュア風写真じゃなくって、本当のミニチュア写真。(笑)
その他、ホビスタ内には鉄道モデル専門店や、プラモデル全般,モデルガン本体から各種ミリタリーグッズ,電動/エンジンラジコン,萌えフィギュアと大幅品揃えなホビーショップなどがあり、かなりの時間を消費若しくは浪費出来そうです。


グフとは違うんだよグフとは!(グフです)


とまぁそんな感じで遊んだ後は、元町のカメラ屋さんでOM用のボディキャップ(中古\150)を買ったり...


港町神戸の夜景を...


写真に...


収めたりしながらバナナハウスへreturn。


戦利品はB-17F FlyingFortress。(゚∀゚)
空飛ぶ要塞の旋回銃座を前向きにするか後ろ向きにするか悩むなぁ~。

| | コメント (0)

2008年10月20日

街歩き(D200バージョン)

街歩き(D200バージョン)

という話。

週末(土)、バナナハウスから西へ少しの高砂の街へ行ってきました。
昭和な街並みが残ると言う情報を元に賞味期限を激しく(4年)越えたカラーネガフィルム(ISO400)を装着したOM10も持参。
今回の日記はOM10バージョンとD200バージョン。

写真構成によりチョト違う所もありますが、ほぼ同文章な安心設計(´ヘ`;)


途中、木造建築な多木化学本社を偶然発見!
OM10でホンノリ撮影し、再びトコトコと走り高砂へin。
みなさまの高砂センター街です。


と、ココで真っ直ぐ商店街へinせず西へ行くと銭湯がありました。
5時からの営業に備えて既に火がin。


まさかの出火に備えていた地下水くみ上げポンプは既にお役御免。


建物の入口から男湯女湯に分かれる安心設計。(?)


そしていよいよセンター街へin!
ホニャララ銀座って通りは全国にどれ位あるのでしょうか。


基本的に店頭じゃなくって奥に居ますよという宣言ですね。
その通り、外から覗いたけれど人の気配はナシ。
同様の案内が店の至る所に下げられていて、レジの横にある呼び鈴の上には“呼び鈴は下にあります”。
オモロイ... オモロイやないかい。
思わず押しちゃいそうになりましたよ。(゚∀゚)


創業何年だろう。
おじさん一人が切り盛りしてると思われるパン屋さん。
写真を撮らせて貰い、パンを購入。


懐かしい感じの個人商店な模型店!
店頭にはお決まりの戦車,戦闘機,ガンダム...


誰?


何かモーター音がするな~と思って店の隣を覗くと...
ミニ四駆サーキット!(゚∀゚)
懐かしい、懐かし過ぎる。


向かいには、街のバイク&自転車屋さん。
小学校の頃の将来の夢は自転車屋さん。
何かと用も無いのに自転車屋さんのバックヤードに入り浸っていたのが懐かしい...。
少しヒンヤリとしていて油が薄っすらと張った緑色のコンクリート床が心地よかったなぁ。


そんなセンター街を抜けると、焼き穴子を製造販売している作業所が。
店の奥ではおばさんが休憩中。
ショーケースの中に置かれた大皿の多くに焼き穴子のタレ(?)のみが残っている所を見ると、既にモリモリ売れた後なのか。
凄いゼって感じ。


そんな焼き穴子製造所のある通りを海方面へ向かうと高砂神社が。
根が一つで雌雄の幹が左右に分かれた相生の松というのが有名らしく、現在5代目だとか。


3年に一度の船渡御神事では、水揚げされた神輿が最終的にココに集合するらしいです。


境内には大小様々な社寺が点在。
色々な神様が集合しているようです。


画面右から左奥へ伸び、左奥から左手前へ伸び、最後に右上へ伸びると言う複雑な構造をした立派な松の木が。
一体どうやっって?


と、高砂神社を参拝したトコロでカラーネガフィルムが残り少々。
往路と少し違う道使い街を抜け、フィルムを使い切りつつ、スタート地点となったショッピングモールの駐車場へ。
小腹が空いたので、たい焼きでも食べますか。


瓶コーラがたい焼きのお供ですが何か?


このパリパリが嬉しい。


薄~い生地の中に餡子がタップリですよ。


フワフワの生地にたこ焼き2個と卵1個がプレスされた焼き物も食べちゃったりしますよ。
そうこうしていると、ネガの現像が終了。
カメラ屋さんの家に嫁いで来て以来高砂の街を見て来たカメラ屋のおばちゃんと暫し話しを。
おばちゃん曰く『こういう街はフィルムで撮らなきゃダメ』。
インデックスプリントの際にネガから浮かんだ高砂の街を見つつ楽しく現像してくれたようです。


お腹も満足し、ネガもOK。
バナナハウスへ帰ります。
途中、ヒョッコリと現れた旧配水塔。
高さ33mの旧配水塔は高砂へ始めて上水道が敷設された大正12年10月に完成し、昭和41年7月に引退するまで活躍していたようです。
天井は洋風建築のような三角屋根で、真っ直ぐに伸びた避雷針(かな?)にも細かな装飾が。
写真では全く伝わってないですが。(´ヘ`;)アゥアゥ


晩ご飯は回る寿司。
職人さんが手握りしている大きなネタがグッドな回転寿司屋さんでした。


パン屋さんで買ってきたパン(ジャムパンと餡ドーナツ)は翌朝にeat。
きっと何十年も変わっていないと思われる製造方法にて作られたと思われるパン達は予想通りの懐かしい味でしたよ~。
満足満足。(゚∀゚)

首からOM10を下げ、肩にはD200の入ったショルダーバッグでウロウロしました。
OM10に入れていた賞味期限から4年が経過したカラーネガフィルムですが、スキャナで読んだ生データは(´ヘ`;)!?な感じ。
UPした画像は、自動補正と言う有難い機能(弱)により蘇らせつつスキャンし、フォトなんとかでホコリ&傷消し...と何気に手間を掛けて作成したD200のMサイズと同一pixの画像を元に作成しました。
フレッシュなカラーネガフィルムで撮影したらどうだったんやろ?と気になりつつ...

総評?として、フィルムは記憶って感じで、デジタルは記録って感じかな、と。

んと、まぁ、何と言うか、そんな感じです。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

街歩き(OM10バージョン)

街歩き(OM10バージョン)

という話。

週末(土)、バナナハウスから西へ少しの高砂の街へ行ってきました。
昭和な街並みが残ると言う情報を元に賞味期限を激しく(4年)越えたカラーネガフィルム(ISO400)を装着したOM10も持参。
今回の日記はOM10バージョンとD200バージョン

写真構成によりチョト違う所もありますが、ほぼ同文章な安心設計(´ヘ`;)


って事で、バナナハウスからトコトコと浜沿いの旧国道を西へ。
途中、多木化学本社な木造建造物を偶然発見。
今でも事務機能を内包しているのかは謎。


再びトコトコと走り高砂へin。
みなさまの高砂センター街です。


と、ココで真っ直ぐ商店街へinせず西へ行くと銭湯がありました。
薪が小屋一杯です。


隣の建物(銭湯本体)では5時からの営業に備えて既に火がin。


そんな高砂の街の道路を綺麗に整備中。
休日出勤お疲れ様です。


建物の入口から男湯女湯に分かれる安心設計。(?)


そしていよいよセンター街へin!
ホニャララ銀座って通りは全国にどれ位あるのでしょうか。


基本的に店頭じゃなくって奥に居ますよという宣言ですね。
その通り、外から覗いたけれど人の気配はナシ。
同様の案内が店の至る所に下げられていて、レジの横にある呼び鈴の上には“呼び鈴は下にあります”。
オモロイ... オモロイやないかい。
思わず押しちゃいそうになりましたよ。(゚∀゚)


創業何年だろう。
おじさん一人が切り盛りしてると思われるパン屋さん。
写真を撮らせて貰い、パンを購入。


懐かしい感じの個人商店な模型店!
店頭にはお決まりの戦車,戦闘機,ガンダム...

何かモーター音がするな~と思って店の隣を覗くと...
ミニ四駆サーキット!(゚∀゚)
懐かしい、懐かし過ぎる。


向かいには、街のバイク&自転車屋さん。
小学校の頃の将来の夢は自転車屋さん。
何かと用も無いのに自転車屋さんのバックヤードに入り浸っていたのが懐かしい...。
少しヒンヤリとしていて油が薄っすらと張った緑色のコンクリート床が心地よかったなぁ。


そんなセンター街を抜けると、焼き穴子を製造販売している作業所が。
店の奥ではおばさんが休憩中。
ショーケースの中に置かれた大皿の多くに焼き穴子のタレ(?)のみが残っている所を見ると、既にモリモリ売れた後なのか。
凄いゼって感じ。


そんな焼き穴子製造所のある通りを海方面へ向かうと...


高砂神社があります。


根が一つで雌雄の幹が左右に分かれた相生の松というのが有名らしく、現在5代目だとか。


3年に一度の船渡御神事では、水揚げされた神輿が最終的にココに集合するらしいです。


境内には大小様々な社寺が点在。
色々な神様が集合しているようです。
立派な松の木も。


と、高砂神社を参拝したトコロでカラーネガフィルムが残り少々。


往路と少し違う道使い街を抜けつつ、最後までフィルムを使い切り、スタート地点となったショッピングモールの駐車場へ戻ります。

※ココでOM10バージョンは終了、続きはD200バージョンでお楽しみ下さい。

| | コメント (0)

2008年10月18日

そろそろ逝くか?

そろそろ逝くか?

という話。


ふと思うと、2003年にはうちにあったっぽい(過去の写真見てて確認)120GBの外付けHDD。
既に5年か。
HDDの寿命ってどんなもんですかね?
普段は電源OFFで、デジカメの写真データを転送したりする時だけ電源ONなので、実際の稼動時間は短いと思うんだけど。
最近、扱うデータ量がドカンとUPしているので、容量的にもアヤシイ感じですよ。
今後のアレとして、裸のHDDをヌッ刺す裸族のお立ち台とかオモロそう。
この際、まさかのデータ消失に備えてRAIDを組むってのもいいかもね。


バナナハウス定番の朝ご飯プレート。(ややはみ出し)

| | コメント (2)

2008年10月17日

思ひ出をメモリーに

思ひ出をメモリーに

という話。

予定では、11月後半ギリギリから1ヶ月程Thailandへ行きマウス。
現地の文字ではราชอาณาจักรไทย。
うん、全然読めない。 orz..


そんなワケで、テーブルの上に整理されていたトルコなあれこれを、無印良品で買って来たアルバムに収めちゃいました。
アルバムに挟めないパンフレットや地図等は茶封筒へin。
現地紙幣あれこれも収めたのですが、トルコリラが5YTL紙幣しか無かったのはナゼだ。
10YTL,20YTL,50YTLも持って帰って来たハズだけど。
帰って来て使っちゃった?(使えません)

それはそうと、来年からYTL(新トルコリラ)からTL(トルコリラ)に通貨が変わるようです。
表面には現在と同様のムスタファ・ケマル・アタトゥルクの肖像、裏面には、バラ,鳥,インク壷,歴史的な橋,キリムのモチーフ,DNAを示す絵柄,音符等のモチーフと歴史的人物といった絵柄で登場する新紙幣が楽しみです。

| | コメント (2)

2008年10月16日

ジャパネスク

ジャパネスク

という話。

ジャパネットじゃないですよ。(´ヘ`;)
先週末は播州のあちこちで秋祭りがあったようで...
バナナハウスの近くでも朝から神輿の音が響いておりましたよ。

そんな中、自分は職場にinしていたのですが、激しく賞味期限の切れたカラーフィルムが装着されたOM10が高砂市の高砂神社秋祭にinしていたようです。
そして昨晩、そんなカラーフィルムを閉店間際のキタムラへ持って行き現像してきました。


装着していたレンズは先日購入した28mmF3.5,絞り不明。(笑)
スキャナで取り込んだ時点で既にノスタルジー。
手前で神輿を誘導する踊り子がカワイイ。

結構大きなお祭なのに加えて、高砂の街、雰囲気があって良いよとの報告。
行きたかったですなぁ。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

2008年10月15日

寒くなったら

寒くなったら

という話。

ついこの間まで夏だったのに、すっかり寒くなってきまして...


材料をモリモリ準備して。


今冬初の鍋。(゚∀゚)
ボチボチ灯油も買いに行っておきたい感じですなぁ。

神戸ハーバーランドにある神戸海洋博物館内のカワサキワールドにて、10月28日~11月09日にカワサキ・モーターサイクル・ヒストリー・フェアなる物が開催され、メグロ時代から始まる12台の歴史的車両が展示されるようですよ。
ステキなお姉さんも居るかナ?(゚∀゚)

| | コメント (0)

2008年10月14日

オニオンアイランド周遊ツアー

オニオンアイランド周遊ツアー

という話。

バナナツーリスト秋の特別企画、オニオンアイランド周遊ツアー!
謎のパラダイスへのオプショナルツアーは水仙の時期ではないのでキャンセル!(´ヘ`;)

というワケで、名谷の無印良品で買い物をした後、垂水ICから高速道路にヌルッとin!


もはや後戻りは出来ぬ!出来ぬのだ!


明石海峡大橋を使い、明石海峡上を移動移動移動。
この橋使うのは2回目かな?


渡りきったらオニオンアイr... 淡路島。(゚∀゚)
直ぐに淡路サービスエリアにin!
今日はとっても良い天気の3連休最終日、ものっそい車と人がイッパイですよ奥さん。


ついさっき渡ってきた明石海峡大橋と神戸/明石の街並み。
雲一つ無い秋晴れ。(゚∀゚)


KPGC10キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
めっちゃ綺麗に乗られています。


何気にロールゲージが組まれていたり、グリル内には永井電子の強化イグニッションシステム!
こ...これは物凄い車両かも!?
この時代の車のフロントガラスの模様もバッチリ!
好きな人はコレだけで御飯3杯はイケるはず。
走行シーンにも遭遇しましたが、とても官能的な排気音で御座いました。(悦)

淡路島ICでいきなりお腹一杯になったので帰りま... せんよ。
今、淡路島では、淡路牛と淡路島産の玉葱やその他産物を使った“淡路島牛丼”なる物を島をあげて展開しているようなので、その中からチョイスした“いづも庵”へ行ってみましょう。
石焼ってのがソソるじゃないですか。


(゚∀゚)キタ!


(゚∀゚)ウマー!

アツアツになった石鍋の上に牛丼がドン。
一緒に運ばれてきた出汁を注ぐと、ジュワワーといい音と共に牛丼のカホリ全開!
ガッガッと混ぜておこげを掘り出しつつ頂きました!(゚∀゚)


いや~、ンマかった!
って事で、“いづも庵”を後にし、海岸沿いの南国ロードを南下していきます。
17mm(35mm換算値25mm相当)で撮影だけど、こんなシーンにはやっぱり超広角だネ。


道ばた売店で玉葱確保!
淡路島特産ですから。
コレで何を作ろうかな~...(゚∀゚)


ユルユルと流れる28号線を更に南下し、季節の風景を撮りつつ...


淡路島牧場にin。
無料試飲コーナーには冷蔵庫の中にタップリと牛乳パックがあり、テーブルの上には紙コップ。
どうぞご自由にお飲み下さいって感じで特に係りの人も居ない。(笑)
牛乳パック一気飲みも可能な実に大らかな雰囲気。


牧場内に入ると、居ました~、乳牛さん。
チビっ子が乳搾り体験をしていました。
オイラはヲトナなのでその辺はゴニョゴニョ。


隣では、ポニーの体験乗馬。
オイラはヲトナなのでそn...


更に、子牛への乳飲ませ体験。
オイラはヲt...
が、既にお腹一杯で満足しているのか、哺乳瓶を持って来てもアツイ反応無し。(´ヘ`;)
久々の牛の舌は相変わらずザラザラでしたよ。
パパンの実家の近くで牛飼ってたから、子供の頃に良く餌やりしたなぁ~...と。


ポニーさん、虚ろな眼ですが、何か悩み事でも?


全体的にこじんまりとしていて、近くにある淡路ファーム イングランドの丘におされてか、観光客は少ないけれど、まんま牧場に飲食店とお土産物屋さんを付けたような感じのユッタリとした経営で宜しい感じかと。
入場料や駐車料はもちろん0円。


オトナになった巨大な牛さん黙々と餌を食べる絵。
乳はパンパンに張っていてまだまだ現役な感じでしたよ。


と、一通り見て回り、牧場と言えばソフトクリームって事で食。(゚∀゚)ウマー


牧場の上の畑の脇では、淡路島で良く見る風景。


と、淡路島牧場を後にし、徐々に強くなる西日の中、北に転進。
途中、長渕剛がガンガン流れる個人商店なアツイ酒屋で淡路島の地ビール“あわぢビール”を購入。
パルシェ香りの館・香りの湯へ向かいます着きました。


大温室は既に営業時間が終了していて残念でしたが、ハーブショップの中にはたくさんの花々が~。


少し絞ってシャープに。


色とりどりです。


ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームを食。
ほのかな香りが漂うソフトクリームで(゚∀゚)ウマー。


左に写っている建物は“香りの湯”ですが、今回は別の温泉に寄る予定なのでスルー。
ハーブの香りが楽しめる気持ちの良い温泉みたいです。
眼下に見える淡路島の山々と遠くに見える瀬戸内海、中々のviewです。


イロイロな香りの素を展示した香りの館を見学し...


特産館を巡りつつ、夕暮れ時を待ち...


薄い秋の雲が夕日を遮りつつ茜色に。
暫くボケーっと眺めますが、日が暮れると一気に寒くなってきたので車に乗り込み、本日最終ポインツの松帆の郷へ向かいます。


途中、サンセットロードでもう一枚。
すっかり暮れた淡路のノンビリ道路を北上し...


松帆の郷に到着。
駐車場横の広場からは、明石海峡大橋が良く見えます。(゚∀゚)
温泉を楽しみ、マッタリと水戸黄門を見て心身共にスッキリしてから退散デス。


松帆の郷から、たこフェリー乗り場までは直ぐ。
明石海峡を航行するフェリーと並走する感じで、たこフェリー乗り場に到着。
実にナイスなタイミングでinです。


待つ事数分で直ぐに乗船。
バイクツーリング帰りのライダーもタップリ居ましたよ。


たこフェリーでは30分位の航行で明石側へ到着。
あっと言う間の船旅。


フェリーを降りれば見慣れた明石の街。
家に帰るまでがツーリ.. ドライブですって事でバナナハウス着。
蓮根ハンバーグ焼いて食べて寝ました。(゚∀゚)ウマー

と、前置きがものっそい長くなりましたが...
こんな淡路島ドライブレポートをるるぶにでも投稿してみようかなと思ってますが如何でしょうか。


淡路島土産の一例。

| | コメント (0)

2008年10月13日

串揚げ

串揚げ

という話。

久々に登場の腰痛星人から電話。

腰『今日、串揚げするけど来ない?』
バ『いぐ!』
腰『んじゃ、ノートPCとEMOBILEも持って来て~』
バ『いぐ!』

ノートPC?


って事で、腰痛星人宅にてネット販売のチケット争奪戦にホンノリ参戦。
タダじゃ食わせないゼってな話ですな。(笑)


争奪戦の後は、待ってました(゚∀゚)


串揚げ(゚∀゚)


祭りワッショイ(゚∀゚)


カラッと揚がった色々をお腹イッパイ食べました。
フィー...

そして本日は、ものっそい天気の中、オニオンアイランド(若しくはパラダイス)へ行ってきます。

| | コメント (0)

2008年10月12日

ステカ逝く

ステカ逝く

という話。

先日、細かいカットが上手く切れなくなったので、新しいカッター刃を発注したステカ。
新しい刃に交換し、下敷き的マットも新品に交換。


さぁ!新しい刃でモリモリ!と思い、イラストレーター起動!カッティングデータ転送!(゚∀゚)

(´ヘ`;)アゥ?

何だか、横方向の3/5以降に差し掛かると、X方向の送りがガガガガッとなってでんでん駄目。
細かいカットが切れなくなったカッター刃で頑張って動いていたのでストレスとなっていたのか。

前半2/5はスムーズに動いているのだけど、このまま使っても後半3/5部のカットは出来ないので、カッティングシートがものっそい無駄になる。
ここは素直に修理に出すのが得策。

購入店及び購入日付未記入の1年間の保証書があるのだが、これってどうなのよ。
一緒に入れておいたと思われる納品書はどっか行ってるし。
てか、普通に購入後1年以上経ってるか。(ゴフッ)

さて、修理代幾らになるのでしょうか~。 (´ヘ`;)アゥアゥ...

| | コメント (0)

2008年10月10日

単焦点レンズ3本目

単焦点レンズ3本目

という話。

君が動いてフレーミングしてくれ、僕はズーム出来ないけど最大限綺麗に光を通過させる!
と言う潔いスタイルが老若男女を引き付けてやまない単焦点レンズ君。(なんのこっちゃ)

そんな感じでついこないだもヤフオク湾で釣り糸を垂れていたら、お手頃価格で単焦点レンズが漂っていた。


G.ZUIKO AUTO-W 28mmF3.5
チョイと暗めの普及型広角レンズだけど、絞った時の解像感が良好なようです。
レンズ,鏡筒共にとても綺麗で、絞り羽根,ズームリングの動きも滑らかで(゚∀゚)ウマー。
時を同じくしてヤフオク湾には21mmF2や24mmF2.8もあったけど、諭吉出陣価格帯なので華麗にスルー。(´ヘ`;)


こうやって見ると、50mmF1.8の後球のでかさがものっそい。

OM10に付けているDIYなストラップは、コバを蜜蝋で、床面をCMCで処理してみました。
更にイロイロと調べてますので、再製作も踏まえて、その話しはまた別の機会に。

| | コメント (2)

2008年10月 9日

フィルムホルダー届く

フィルムホルダー届く

という話。

先日、近所の電気店に注文していたスキャナ(GT-9700F)用のフィルムホルダーが到着したとの事で取りに行ってきました。

\120

ものっそい安い。
プラ板で作るより安い。
※35mmストラップ用単品価格


んでもってフィルムを装着してスキャナにセット。
って、ホルダーにあるフィルムを挟める溝のクリアランスが結構大き目なんですよ。
スルスル入るのはいいけど、フィルムって巻き癖あるじゃないですか...
最初と最後が浮くのですよ。
と、疑問に思ったのだけど、スキャナってフォーカシングどうしてるのだろう。
ある程度の被写界深度があるフォーカス固定?


と、ブツブツ言いながらフォトショップを起動し、EPSON TWAINで読み込み。
専用のフィルムホルダーを使用すると、コマ別に読む読まないが選択可能。(コレは便利)
各色16bit階調で読めるRGB48bitも選択可能。(自分ユースでは使わないと思う)
フィルムをベタ置きして読ませた時と比べて、色味が若干違い、上下左右そこそこ切られる感じ。
特に長さ方向が切られるのはDPE店と同じような感じでコマを処理しているからでしょうかね。
プレビュー画面でコマ毎の読み込み範囲を調整出来てもいいと思うのだが...
因みに、四隅の変色は無かったデス。(厳密には四隅はカットされている)

F100+SB-22sの組合せで撮影したコマもいい感じに調光されていたので、折角の機材がダメにならないように時々使用していこうと思いマス。
てか、そろそろ防湿庫とか必要?

| | コメント (0)

2008年10月 8日

ファイアーボールRd.4 in 鈴鹿ツインサーキット

ファイアーボールRd.4 in 鈴鹿ツインサーキット

という話。

いや~...6月かのRd.2から一切乗ってないので4ヶ月振りのNSF100ですが何か?
お陰様で43秒台にinする事無くレース終了。 orz...
全体的にメソメソ感じ漂う一日でした。

それでもレポートは書いちゃいます!
写真39枚の一本勝負いってみよう。


今回はMAVつぁんが参戦不能。(´ヘ`;)
デジイチ買ってから一回も走ってない...んじゃ?(カマン)


早朝5時半の出発だったけど、チョイと遅かったか。


名阪国道ルートで鈴鹿ツインにヌルッとin(゚∀゚)したのは8時チョイ。
いそいそもそもそあせあせと準備ing。
何もかもが大忙し。


で、練習走行4周目の最終コーナーでヌッ転び。
ペースを掴む為に、TTS鶴野さんの後ろにinして最終コーナーに。
ようし!とアクセル開けた瞬間にリアからアーレー...
気持ちよくアスファルト上をスライディング。
ペース掴み作戦0.2秒で終了。

フィー...

で、練習走行終了。
ここでようやく時間に追いついてきたので写真撮って回ります。


今回、Kakuko RACINGの皆様のピット横にお邪魔ing。
前にはTTSの鶴野さん。
このApeお気に入りです。


ニューカマーは、KTM!
キュッと締まったお尻が(゚∀゚)イイ!


カウルだけ? ノンノン。
KTMのエンジンですよ。(脅威の400cc)
前後オーリンズ,ブレンボレーシングキャリパー装備。
エンジン下のマフラーがKTMアイデンティティ。


その乗り味やイカに。


各クラスの練習走行,予選が終わり、昼休憩です。
うれしいプリン480。
最初の何口目かまでは嬉しかった。(´ヘ`;)
途中からKakukoさんに助けを求めたりしつつ、最後はS@kubou.さんでフィニッシュ。


午後からはレースが次々と。
先ずはST/50スプリント。

行ってきマウス。
グリッドは5番(7台中)。
※オイラの走行画像はKakuko RACING代表Kakukoさんが撮影してくれました!(゚∀゚)


例によってスタート大失敗。(メソメソ)
素早く最後尾にin!


Topは42秒台のチビッ子とA石さん
以下、43秒台のY橋さん...と続くオーダー。


スタートでサックリ前に行かれた鶴野さん。
ヘアピンと1コーナー以外は5速と言うショートな設定で43秒台。


まぁ、レースタイムも43秒にin出来なかったオイラはメソメソって訳でありまして。
ロクにメンテしてないマシンじゃ当たり前か。 orz...


レースが終わったら直ぐに始まるLT/OPクラスの為にカメラメン!
って事で、カメラ持ってダッシュ。
移動中のストレートで...
Kakukoさん頑張って~。


最終コーナー接近戦。


続いてOVクラス。
ヘアピンまで歩いて行って撮影ing。


自転車ナシで来たもんだから...


OVクラスの最終LAPが終わってからメインスタンドに戻る頃には表彰式が終わってた。(´ヘ`;)
自転車が... 要るな。


各クラスのスプリントレースが終わったら耐久レース。
今回も、Rd.2と同じく、S@kubou.さんのマシン(NSR50)に乗せて貰います。
Mini-motoの合同練習と重なったり、常連さんの怪我やマシントラブル等で参加台数が若干少なかったのが残念。


15秒前表示出ました~。


そして1時間の耐久レーススタート。
レース中、ずっとこの間隔で前後を入れ替えていたA石さんとY橋さんのXR100コンビ。


TTS Ape100も走ります。


相変わらずの2台。


S@kubou.さんも頑張って走っています!


N川さんヘアピン。
体が見えない程にinにin。
ヘルメットの向きにも注目。


撮影データに表示される時間がライダー交代時間に近くなってたのでピットへ戻り準備。
S@kubou.さんと交代しコースin。
残り30分を走ります~。

そして無事1時間が終了。


そして表彰式~。
Kakukoさんおめでとうございます!
この勢い(?)で今日の岡山練習もいい感じに終了でしょうか。
A石さんの狙い澄ました炭酸水攻撃がK中さんを直撃。(笑)


表彰式も終わり全行程が終了。


何でしょう、この白腕章。
いえ、布テープです。
朝のヌッ転びで左腕部が限界です。(メソメソ)
シーズンオフにデグナーにin!ですね。


全日本125岡山Rdにてシリーズチャンピョンを決めた菊池選手(F.C.C.TSR)の祝勝会を開いた後、鈴鹿の後の定番スポット亀八食堂へヌルッとin!


この無粋な鉄板の上でこれから繰り広げられる(゚∀゚)ウマーに心躍ります。
胃袋スタンバイOK!いつでもいらっしゃ~ぃ。


キタ!


更にキタ!


ノンアルコールなビールをワンカップの空き瓶(笑)に注いで準備完了。


コレを...


こう!(゚∀゚)ウマー


ひとしきり食べたら、染み出してきたキャベツの水分と超絶味噌(笑)と肉達の水分をうどんに吸わせて~...


こう!(゚∀゚)ウマー

亀八食堂万歳。
お腹一杯食べたら亀八食堂を後に...
このままここで営業終了(睡眠)出来たらどんなに幸せな事か...

と、帰りの高速の全ての休憩ポインツで30分程の営業停止を堪能(?)しつつ午前1時頃にバナナハウスへ。
積み下ろしは明日に回して撮影データの確認と日記用の画像の整理と日記のラフ書き...

午前2時過ぎに、真っ直ぐ横になって寝れる幸せを感じながら長かった本日の営業を終了したのでありました。

| | コメント (0)

2008年10月 6日

スキャナ清掃

スキャナ清掃

という話。

先日ヤフオク湾で釣り上げたフィルムのスキャンが出来るスキャナ(GT-9700F(7年位前の機種/定価52,800円))が昨晩陸揚げされましました。

フィルムフォルダ欠品ですが何か?と言った威風堂々とした出で立ちでスキャナ登場!(´ヘ`;)
いや~... すっかりヤフオク湾での釣行に関する注意事項を見落としてましたよ。(´ヘ`;)メソメソ


薄型軽量なCanon製のスキャナと比べて... でかっ。
※読み取り方式の違いで必然的に差があるのだけど。


電源を入れガラス面を見ると、ガラス裏面奥の方が曇ってますなぁ。
基本フィルムしか読ませない予定だし、A4イッパイのスキャンをする事は無いと思われるので、このままでも良いのだけど、見ちゃったもんはねぇ。(´ヘ`;)
で、パカッと分解し清掃。


綺麗になりました。


フィルムホルダが無くても、何かでネガをガラス面近くに保持していればいいワケなので適当に押さえ物を置いてスキャンしてみました。
300dpiで適当にスキャンしてスキャン領域のキワのみ切り捨て後リサイズ。
左下部がガラス面から浮いていた為、色がおかしくなってましたが、こんな感じデス。

ヤフオク湾で3,980円。
これで十分な性能やと思います。

フィルムホルダは近所の電気店で注文してきました。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

2008年10月 5日

現像してきました

現像してきました

という話。

という訳でカラーフィルムだけ現像してきました。
頼めば直ぐ出来るし。
モノクロフィルムは自家現像してみる事にしました。
頼んでも日にち掛かるし。


で、大海原で釣り上げたEPSONのスキャナー(GT-9700F)が未だ水揚げされる気配も無いので、同時プリントをお願いしておき、手持ちのCanonの薄~ぃスキャナでプリントされた画像を取り込んでみました。
ケラレナシですな。


何の設定もナシで適当に300dpiで取り込んで480×320pixにトリミング&リサイズって感じです。


うーむ... ネガ見たの何年振りやろう。

さて...
タンク現像用の器具類の情報を集めてみよう。

って日記を書いてたらスキャナ届いた。(゚∀゚)50% (´ヘ`;)50%

| | コメント (0)

玉葱的感動そして現像へ

玉葱的感動そして現像へ

という話。


玉葱をみじん切りにするという行為はなぜこうにまで感動的なのだろう。
サクサクと駒のように切り離されていく玉葱...
雄しべと雌しべの出会い、そして成長する玉葱、突然の収穫、行くあても分からぬトラックに載せられての旅...
スーパーに集まった仲間との日々、そして別れ。

そんな一大スペクタクルに自然と溢れてくる涙を止める事は出来ない...

合挽き肉やパン粉、卵等の別世界の物体との出会い。
そして、右,左,右と何度も打ち付けられる衝撃、内にヒッソリと含んでいた空気との別れ。

ジュー


ありがとう玉葱。
感動をありがとう。

春巻きサラダはお惣菜デス。(´ヘ`;)


って事で、昼から休みなので、撮影を終えたモノクロフィルムとカラーフィルムを現像に出してこようと思います。
モノクロフィルムの自家現像は今回はちょいと見送り。
バナナハウスのスキャナは透過原稿(含むネガ/ポジフィルム)が読めないので、読めるやつを既に釣り上げ済みで、現在陸揚げ待ち。(゚∀゚)フフフー

| | コメント (0)

2008年10月 4日

AiAF Nikkor 50mmF1.8D

AiAF Nikkor 50mmF1.8D

という話。

OM10が稼動し始めた所で、Nikon製フィルム一眼レフF100も稼動したいんジャー...と。
当然の事ながら、手持ちのFマウントなタムロンレンズ達が装着出来るワケですが、そろそろ単焦点レンズも欲しいなぁ...って事で。


AiAF Nikkor 50mmF1.8Dなる単焦点レンズがバナナハウスにin。
初Nikkor単焦点レンズで御座います。
鏡胴はマットな仕上げです。
何とも普通のレンズ。
ガンダムで言うと、ジムって所かな?


そんなジムを早速F100に装着。
こないだ間違って購入した52mmのメタルフードがまさかの復活劇。
ジムがジムキャノンになった。(なりません)
このレンズって前玉が奥まって付いていて、前玉へ伸びる筒内側がフードの役を兼ねてそうだけど、フードを付けたい人なので。(´ヘ`;)
んでもって早速フィルム充填。
近所をチラチラと撮影。
シャッター押した後についついカメラ背面を見てしまうのはなぜだろう。(´ヘ`;)
裏蓋に『また見ましたね』とかステッカー貼ってみよかな。(゚∀゚)


んで帰ってきてゴソゴソとリモートコードMC-20をF100に装着してみたり。
F100でブツ撮りしてみようと思ってね。

んが、説明書に書いてあるように操作してみるもシャッターが落ちない。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)?
いや、正確には長時間露光モードで一回だけ落ちた。
電池切れ? いやいや液晶コントラスト高いし照明は明るく光る。
面白い壊れ方してるのかな?(´ヘ`;)

D200でテストしても同じ。
まぁいい。
今度サービスセンターに行く時にでも持っていってみよう。


って事で、ジム(50mmF1.8)をD200に装着して試し撮り。
先ずは全開バリバリ開放(F1.8)で。 ISO100 1/20秒 F1.8


その他は同じでF11まで絞って。 ISO100 2秒 F11
横幅480pixまでリサイズしているので、“撮ってみましたよ”報告的写真です。

うーむ...

だから何だと言われると困る日記を書いてしまった... ピクピク ゛〓■●゛

割とどうでもよい情報ですが、晩ご飯はハンバーグです。

| | コメント (2)

2008年10月 3日

クシャミが止まらんかったとです

クシャミが止まらんかったとです

という話。

朝から掃除洗濯皿洗いをしてから出勤です。
お陰様をもちまして、鼻に設置されているホコリセンサーが過剰に反応し、クシャミが止まらんかったとです。(´ヘ`;)


それはそうと、もうすっかり夏も終わって秋ですなぁ。
レンタル生ビールサーバーも来年の夏までお役御免ですよ。
とても気持ちの良い対応をしてくれた酒屋さんだったので来年もお願いしよう。(゚∀゚)


鈴虫も終了しました。


こないだ作ったポータブルHDD用の激短USBケーブル。
この短さが現場の小さな机の上で心地良い。(゚∀゚)

週末は、そこここで楽しげな催しがあるのですが、どうやら動けない模様。
客先の立会いがズルズルとのび太君です...(´ヘ`;)
激しく付き合いの悪いオイラでスイマセン...(´ヘ`;)

| | コメント (0)

2008年10月 2日

さようなら加水分解

さようなら加水分解

という話。

ひょんなトコロから我が家にやって来たNikon F100ですが、裏蓋の革部分にウレタン樹脂の宿命とも言える加水分解が始まっており、ベタ付きが気になっていました。
やはり、気持ち良くハンドリングしたいと思いつつ、秋晴れの下、ヤフオク湾で釣り糸を垂れていると...

裏蓋が漂っていた。

素早く3枚程の漱石先生を釣針に取り付け入札。
程無くして、無事、裏蓋の釣上げに成功。


裏蓋は、データバックMF-29の箱に入った状態で到着。
F100購入と同時にMF-29を購入し、元の裏蓋はそのままMF-29の箱に入って眠っていた...と言う事らしい。


使用感ゼロでもちろんベタ付きもナシ。
新車買って直ぐにタイヤ交換した場合の純正タイヤって感じですよ。(うまい事言った)


早速交換。
写真に精密ドライバーが写っているけど、精密ドライバーは全く必要ない。(どないやねん)
10秒で交換完了。
さようなら加水分解。
これからは、撮影後のクリーニングに気をつけ、末長く使用していきたい。

後は、F100に似合うF100オンタイムな単焦点レンz...

| | コメント (4)

2008年10月 1日

レンズベビー

レンズベビー

という話。

蛇腹状になっているボディを斜めにする事で気軽(?)にアオリ撮影が出来るLensbabies社製の面白いレンズ。
結構前から存在は知っていて、こないだ梅田のヨドバシで実物を見ました。
展示ケースに入っていたので、手にとって操作感を確かめたり、試写したりは出来なかったけど。


値段も気軽な2.0。
開放でF2.0な50mmレンズで、絞りの調整は付属の絞りディスクを交換するスタイル。
レンズ情報は持っていないので、(D200の場合)絞り優先AEで使う。



“何か面白そう”と、被写体の気を引きそうな3G。
蛇腹の曲げ具合を固定出来、先端のリングでフォーカスの微調整が可能。
絞りディスクがF22まで付属する。
その他は2.0と同じ。

3本生えているレンズ固定用のツマミをブラックアウトして、各ツマミに付いている●をもう少し小さくしたらオイラ好み。(割とどうでも良い話)


作例としてはこんな感じ。
スイートスポットから外れた景色が流れる独特の写真が撮れるのですなぁ。

Nikon Fマウント用にするか、OLYMPUS OMマウント用にするか、2.0にするか、3Gにするか...
そんな妄想をしていたら朝までソファーで熟睡。
体が微妙に疲れているざます。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »