« ファイアーボールRd.4 in 鈴鹿ツインサーキット | トップページ | 単焦点レンズ3本目 »

2008年10月 9日

フィルムホルダー届く

フィルムホルダー届く

という話。

先日、近所の電気店に注文していたスキャナ(GT-9700F)用のフィルムホルダーが到着したとの事で取りに行ってきました。

\120

ものっそい安い。
プラ板で作るより安い。
※35mmストラップ用単品価格


んでもってフィルムを装着してスキャナにセット。
って、ホルダーにあるフィルムを挟める溝のクリアランスが結構大き目なんですよ。
スルスル入るのはいいけど、フィルムって巻き癖あるじゃないですか...
最初と最後が浮くのですよ。
と、疑問に思ったのだけど、スキャナってフォーカシングどうしてるのだろう。
ある程度の被写界深度があるフォーカス固定?


と、ブツブツ言いながらフォトショップを起動し、EPSON TWAINで読み込み。
専用のフィルムホルダーを使用すると、コマ別に読む読まないが選択可能。(コレは便利)
各色16bit階調で読めるRGB48bitも選択可能。(自分ユースでは使わないと思う)
フィルムをベタ置きして読ませた時と比べて、色味が若干違い、上下左右そこそこ切られる感じ。
特に長さ方向が切られるのはDPE店と同じような感じでコマを処理しているからでしょうかね。
プレビュー画面でコマ毎の読み込み範囲を調整出来てもいいと思うのだが...
因みに、四隅の変色は無かったデス。(厳密には四隅はカットされている)

F100+SB-22sの組合せで撮影したコマもいい感じに調光されていたので、折角の機材がダメにならないように時々使用していこうと思いマス。
てか、そろそろ防湿庫とか必要?

|

« ファイアーボールRd.4 in 鈴鹿ツインサーキット | トップページ | 単焦点レンズ3本目 »

カメラ/その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。