« 反則レンズ | トップページ | セノガイドC »

2008年11月 5日

ルーツ

ルーツ

という話。

先日帰省した時に聞いた話で、うちの父が過去に持っていたフィルム一眼レフカメラがNikon F(以下、正しくはF2)だった事が分かった。
母曰く、新婚当初(今のオイラより若い頃)発売間もないFを、突然ニヤニヤしながら買ってきたそうで、それ以降、意気揚々写真を撮っていた...と。
おぐらでチキン南蛮食べながら、OM10を手に取りニヤニヤしている父を見て、自分のウン十年後の姿を見たり見なかったり。

その後、Nikon Fは、自分達(オイラと姉)の成長と共に写真を撮る機会が減り、黄昏の時代を過ごすと共に劣化が進行。
そして、引越しの具体案が決まった、つい数ヶ月前にレンズ共々処分の憂き目に。
もう少し前に電話していれば...。(´ヘ`;)
今は、Nikon F50とSIGMAのズームが2本という構成になっておりました。

<追記>

...と、良く考えると、オイラが産まれる(1975年)ちょっと前って話しだったので、発売間もない...となると、FではなくF2(1971年発売)という事になる。
裏蓋が取り外し式では無く、蝶番式だった事と、シンクロターミナルが側面でなく正面にあった記憶があるのが決定打。
それにしても、ボディのみで64,200円という価格は凄い。
既に就職してから年月が経っていたとは言え、大卒新入社員の初任給が2万円も無かった時代に良く買ったモンですよ。


先日、元町のカメラ店にinして、OMのリアキャップとストラップ購入。
リアキャップは新品(市価)\1,500に対して\300。(安)
ストラップは一体どこのかワカラン\500。(安)
柔らかいナイロン製ストラップでもシンプルでえぇかな。
まだまだ理想のストラップ探しの旅は続く...

|

« 反則レンズ | トップページ | セノガイドC »

カメラ/その他」カテゴリの記事

カメラ/OM10」カテゴリの記事

コメント

Fでなく、F2だったんですね~
それにしても、処分されてしまって惜しいですね・・・
どんな処分のされかただったのか、気になります。

中古カメラ屋のような場所で引き取ってもらったなら、誰かが使ってくれる可能性もあるんですが・・・

投稿: 58Caddy | 2008年11月 8日 09時09分

F2と言ってもF一桁機ですから、処分の話を聞いた時は、とても残念でした。
中古カメラ屋ですか~... 宮崎にそのような流通があるか非常に不安があります。(´ヘ`;)

投稿: バナOKA | 2008年11月 8日 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 反則レンズ | トップページ | セノガイドC »