« 東京散策後編 | トップページ | 仕事終わり »

2008年12月30日

18%グレー標準反射板

18%グレー標準反射板

という話。

皆さんご存知かと思いますが、デジタルカメラで撮影した写真って、蛍光灯の付いた部屋で撮った時、白熱球の照明の部屋で撮った時、晴れの日雨の日...と、色々な光の種類で撮った時に、写真が青っぽくなったり赤っぽくなったりしますよね。
もちろん、光の種類に応じたホワイトバランスの設定で撮った時はその限りではありませんが。

って事で、その“ホワイトバランスの設定”をする時に使う道具の一つが...


18%グレー標準反射板

細かい事は置いといて(ゴフッ)ざっくり言うと、被写体に当たっている光を当てた18%グレー標準反射板を撮影し、それをプリセットホワイトバランスとして設定した後で被写体を撮影すると、白い物は白くその他の色もその色で写す事が出来るというワケです。

とりわけ食べ物写真を良く撮っている自分は、その時の気分で、こうやって事前にプリセットでホワイトバランスを取っていたりします。(気分かよ)

えっと... えっと... それだけです。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)


調子の悪くなった液晶モニターを買い換えました。
別にどうって事ないやつです。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)
きちんと色の管理の出来るしかるべき液晶が欲しいですけど、ま、そのうちって事で。(´ヘ`;)

|

« 東京散策後編 | トップページ | 仕事終わり »

徒然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。