« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日

本田技研工業よりの封書

本田技研工業よりの封書

という話。

このまま どこか遠く 連れてってくれないか 君は 君こそは 日曜日でも仕事♪(´ヘ`;)
ってな感じで出張中ですが、先日、本田技研工業より封書が届きました。


ズゴゴゴゴ...

アクティご愛乗御礼もう一台プレゼント!とかでは無く、何やら『リアブレーキを分解整備する時に取り外すベータピンを再利用せず、ちゃんと新品に交換してくださいね、えぇ、もちろんご負担は頂きません、この引換券を持参してくれれば無償提供させて頂きます』という事らしい。
また、ベータピンがスッと入る事が、リアブレーキ周りが正しく組み付けられている事の指針にもなりますので宜しくって事の書かれた紙と、写真入りの解説書も入っていました。

ホホゥ、何か他ユーザーで該当するクレームなり何かがあったのでしょうかね。
確か今年車検だったので、その時に、整備士にそっと渡しておこう。
てか、前回車検をお願いしたJOMOが現在休業中...
車検前に、営業再開してくれないかなぁ~... ものっそい親切で良い店だったのに。(´ヘ`;)


手持ちの120Gの外付けHDDの稼動年月が何気に7年近く経っている事が遂に発覚!
普段は電源OFFで、使う時だけ電源ONしていたのだが、さすがにそろそろヤバかろう...
という事で、250Gの外付けHDDを購入。

手持ちのPCにはCD-RW/DVD-ROMドライブしか付いていない事が遂に発覚!
円盤メディアにバックアップを取る事は余り無いのだが、これから何気に使いそう...
という事で、今更ながら外付けDVDコンボドライブを購入。

両者共、随分と安くなったものです。


手持ちの... Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)?

PhotoTrackrに付ける理想のカナビラを探し求める旅に出発し、黒色のグッドな金具を発見。
よし!

で、PhotoTrackrの性能ですが、徒歩,車,電車(在来線)とテストしてみました。
位置情報の記録タイミングを標準の10秒間隔にしているので、当然多少カクカクとした軌跡が記録されますが、精度及び受信感度、そして、GPS衛星の捕捉までの所要時間共にとってもグッド。
車のセンターコンソールに置いてても受信しているし、電車の真ん中辺りに居ても受信している。
ビル街等は当然NGだけど、これを使いたい場所ってのは大抵開けている場所なのでは?と思うので、とってもナイスなアイテムだと評価できます。

PhotoTrackrとチョイ違う製品で、端末に液晶ディスプレイが付いているHOLUX社のM-241というのがある。
コイツは、液晶ディスプレイに時間を表示する機能を有しているのが非常にグッド。
それはナゼかと言うと、後々、デジタルカメラで撮影した画像のExifにジオタグを埋め込む時のキーとなるのは、Exifに記録された撮影時間と、ログデータの時間。
だので、正確にジオタグを埋め込むには、GPS端末と、デジタルカメラの時計が一致している事が必須。
1秒や2秒は全く問題無いと思うのだけど、GPS端末に時計が表示されていれば、デジタルカメラの時間をその時計に合わせれば良いのであって、実に単純で明快。

もちろん、PhotoTrackrも、PCに接続する事により、専用ソフトでGPS端末の時間を知る事が出来るのだけどね。
まぁ、デジタルカメラの内蔵時計と言えども、一月に5分も10分も狂うもんじゃないと思うから、旅行前に時計合わせしときゃいいって事でファイナルアンサーかなと。

あぁ、最後は何気に、煮え切らない系になってしまった。
げめんなさい。

| | コメント (0)

2009年1月30日

コンデジ備忘録

コンデジ備忘録

という話。

※一言コラム始め

今朝、テストコースの中をDucati 1098sが走っていた。
テストライダー氏、ウイリーして遊んでいた。
いい仕事だなぁと思った。

※一言コラム終り

プロフィールに、これまで使ってきたコンパクトデジタルカメラのリストを書いてみた。
ので、そのまま日記にしてみた。
最早日記でも何でもなく、ただの備忘録。(´ヘ`;)

ツラツラ~と書いてみたので、皆様がこれまで使ってきたコンデジの中で一番思ひ出に残ってる機種とか、コレがオモロかったとか、イケてなかったとか、満点大笑いとか、その辺をツラツラ~と教えてくれると楽しかったりします。
メーカー名を明記すると角が立つかもしれないので、SONYの場合S○NY、Canonの場合Can○n、Nikonの場合Nik○n等と、程好くボカしてくれると良いと思います。
もちろん、Contaxの場合はC○ntaxとなります。

ではオイラの分を...


■SONY DSC-F1 / 1996年製
記念すべきサイバーショットブランドの第1号機。
背面にある液晶モニターは1.8型。
レンズ部が180度回転し、180度回すと液晶モニターの画像も180度回転し、自分撮りが出来た。
画素数は35万画素(640*480pix)で、記録メディアは4MBの内蔵フラッシュメモリのみ。
このデジカメの撮影データは見当たらない...
一体何を撮っていたのだろう。

■FUJI Finepix700 / 1998年製
後に続くFinepix縦型シリーズの初代機。
150万画素で背面液晶は2型。
レンズは35mm単焦点(35mm換算)で、記録メディアはスマートメディア。(懐)
イメージキャラが藤原紀香で、等身大パネルが店頭にドドンとあったような無かったような。
電源をONした時のピポパ音が何だかなぁと思った。
このデジカメの撮影データも見当たらない...
一体何を撮っていたのだろう。

■SONY DSC-F505 / 1999年製
光学5倍ズーム搭載のレンズ部が本体的な個性あり過ぎな筐体。
211万画素で、記録メディアにメモリースティックが登場。
SUBARU主催のイベントでプロドライバーの走りを流し撮りしたりして遊んだ。
この次の世代の機種にはEVFが付いたんだよなぁ~。

■SONY DSC-P5 / 2001年製
光学3倍ズーム搭載、画素数は320万画素。
光学ファインダーが付いていた。
ボイスメモとか付いていたけど、使った記憶は無い。(´ヘ`;)

■SONY DSC-U10 / 2002年製
ツーリングの集合場所に向かう道中のヤマダ電気で専用ポーチと共に衝動買い。
130万画素のものっそい小さいデジカメ。
電源スイッチを兼ねるレンズカバーを開くと即撮影モード。
単4電池2本で駆動するので旅先でも安心...と言っても、旅先で慌てた事は無い。
優香婦人の元に嫁いだ。

■OLYMPUS C-730UltraZoom / 2002年製
光学10倍ズームで画素数は320万画素。
EVF付きだったので、岡国でも随分と活躍してくれた。
ワイコンとかマクロのアダプターがあったけど、当時は広角や接写に興味が無かった。(´ヘ`;)
記録メディアは幻となりそうなxDピクチャーカード。

■CASIO EX-Z3 / 2003年製
光学3倍ズームのカード形デジカメ。
背面の液晶モニターは2型で画素数は320万画素。
充電用のクレードルにヌッ刺すと、メモリー内の画像をスライドショーしてくれたりする。
デジタルフォトスタンド的に使えてグッドだったが、あまり見なかった。(´ヘ`;)

■SONY DSC-H1 / 2005年製
nak氏より譲り受けた。
510万画素で光学12倍ズーム。
レンズフードなんかが付いててやる気にさせる。
背面の液晶モニターは2.5型で明るい屋外でも良く見えた。
単3電池2本で駆動するので旅先でも安心...と言っても、旅先で慌てた事は無い。
EVFが付いていたので、12倍ズームと相まって岡国で流し撮りしたり...
が、最早物足りず、デジタル一眼レフの世界へ。

■Panasonic DMC-FX30 / 2007年製
28mmからの広角レンズ搭載!と言っても今は普通。
720万画素で、アスペクト比を変えて撮影出来たのがナイス。
当然3:2で撮影していた。
手ブレ補正が付いているデジカメを始めて使った。
デジタル一眼レフのサブとして使っていたが、サブもデジタル一眼レフとなりドナドナ。

そして現在、D50 → D200 → D300+D40と、Nikonデジタル一眼レフ時代にin。
日常の別にどうって事無いシーンまでデジイチで撮る生活です。(´ヘ`;)


無論、カメラ好き過ぎる皆様の足元には遠く及ばないのであるが...
ダラダラと書いてしまってげめんなさい。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

2009年1月29日

シートマップ確認

シートマップ確認

という話。

タイ出張にて使用する機材と座席番号等々が分かりました。


タイ国際航空 B777-300
全長が長い!

そして気になるシートマップは...
行き:TG623 34F 10:30~15:00 2/12
帰り:TG622 32C 23:00~06:10 3/3~3/4


JALのB777-300の3-4-3と違い、タイ国際航空のB777-300は3-3-3と言う嬉しいシートマップ。
往復共に窓側では無いけれど、機内に入って直ぐの通路側。(゚∀゚)
がしかし、機内食のサービスとかで、寝ている所をダイレクトに起こされるという罠が。(笑)
ちょっと奥の方だったら、周囲の気配で予め起きるのだが...
てか!
帰りの32Cって前に何も無い?
機内誌とかってどうなってったっけ、この座席。
そんな事より、アホ面で寝てられないって事?(´ヘ`;)アゥアゥ
ダメ元で代理店に変更依頼出してみよう...

うん、割とどうでもいい話。(´ヘ`;)

| | コメント (2)

2009年1月28日

ニコンようかん

ニコンようかん

という話。

世界中のNikonユーザーの中でまことしやかに囁かれている伝説の銘菓ニコンようかん。
伝説でも何でも無く、普通にNikonダイレクトで買えます。(゚∀゚)

って事で、伝説の銘菓の味を確かめる為に、ニコン一口ようかん(本煉・柚子・塩煉)をポッチ。


数日後、クロネコ便にてニコンようかん到着。
箱の色は当然黄色。(笑)


早速食べてみます。
基本の本煉から...

うん。

普通。(゚∀゚)

それにしても、AF-S化した28mm or 35mm単焦点はいつ出るのだろう。


晩ご飯はコチラ。
と言いつつ、数日前の晩ご飯ですが。(´ヘ`;)
美味しゅう御座いました。


Photo Trackrは、金属製の金具を付けて、いつものカメラバッグに取り付け。


ってな写真の撮影風景...
D40の内蔵スピードライトをレフ板で天井バウンスさせてAiAF50mmF1.8Dで撮影。
それにしても、SC-17便利やわ~。

| | コメント (2)

2009年1月27日

南米の密林からの荷物

南米の密林からの荷物

という話。

昨日、仕事を終えてバナナハウスへreturnして暫くすると、クロネコさんがやって来て小ぶりな断ボール箱を置いていった。


発送元にはSECAUCUS, NJ, USと書かれている。
米国ニュージャージー州からの荷物って事は~...
キタ!発送主ADORAMA CAMERA INC.キタ!


23日にamazon.comで発注したGiSTEQ社のPhoto Trackr(゚∀゚)キタ!
ケンタッキー、アンカレジ、成田を経由し(゚∀゚)キタ!

国内専門店の価格が1.6諭吉+送料。
amazon.comのADORAMAでの価格が$74.95で0.67諭吉。($1=\89換算)
ものっそい価格差。(゚∀゚)
ナゼか国内販売では黒ボディだが、海外では黄色という嬉しい設定。
そして更に、Photo TrackrとNikonの小物($5.95)を購入して運賃($77)を足しても1.4諭吉と国内より安い。
まぁ、運賃が本体価格を越える罠ですが。(´ヘ`;)


で、Photo Trackrって何やねんって事ですが。
先日の日記にUPしていた、携帯GPSロガーです。
電源をポッチしている間、GPS電波を受けて、現在地をロギングし続けてくれるニクイ奴。
その後、ログデータをPCに取り込み、GoogleMapなどの地図に軌跡を表示したり、デジタルカメラで撮影した写真のexifデータにジオタグ(位置情報)を埋め込み、これまた地図上に写真を関連付けたりと、色々使えます。

電源は単3電池で、12時間程度使えるらしい。
エネループ攻撃でイケる。


一緒に買ったNikonの小物は、クリーニングクロスが折り畳まれて入っています。(笑)
一度出すと二度と入らない罠か!?と思ったけど、落ち着いて畳めばキチンと入りましたよ。


そんな感じのPhoto Trackrですが、インスタントマニュアルには日本語表記もあり、付属のソフトウェアも普通に日本語表示対応。
添付の取り扱い説明書は英文ながら、PCで読む日本語ヘルプが付いているので安心。
ただ、インストール時に、GoogleMap APIのキーを入手する時に、リンク先のURLを入力するのだけど、このアドレスがインスタントマニュアルを見ても、英文マニュアル/日本語ヘルプを見ても記載が...(´ヘ`;)
あれこれと調べてhttp://maps.gisteq.comと設定すれば良い事が分かったのですが、これには参った。

そんなこんなで、ソフト及びドライバのインストールは終了。
おもむろにPhoto Trackrの電源を入れ、全くの電源OFF状態から、上空半分が屋根に覆われているベランダに置いてみると、2分程でGPS電波を捕捉したようです。
その後、USBケーブルでPCと接続しログデータを読み込むと、きちんとバナナハウスの場所が表示されちゃいました。

デジタルカメラとの連携や測位精度等はこれから検証していこうと思ってマウス。

添付のカナビラがイマイチなので、SONYのGPS-CS1Kの樹脂製カナビラが別途購入出来ないか問い合わせてみよう。

| | コメント (2)

2009年1月26日

冬はうどん

冬はうどん

という話。

寒いですね~...
そんな日こそ、うどんですよ。


って事で、本場讃岐のうどんが食べれるとのウワサの おがた屋 へin。
最近移転した為、新しい店ですが木造の落ち着いた雰囲気の店内。


早速オーダーを済ませると~...
巨大な大根と、おろし金が。(゚∀゚)
こ、これは!

って事で、スリスリしながら待ちます。
てか、本気ででかいよ。(笑)
写真ので半分チョイ摩り下ろしたあたり。


と、ヒーヒーしていると、うどん到着!
到着したのは、讃岐路うどん しょうゆ 温かい 大サイズ。
でかい。(゚∀゚)


摩り下ろした大根をタップリ乗せて、醤油とすだちを適量にねぎを乗せて~...
(゚∀゚)uma-!
コシのある麺と各種薬味の奏でるグッドなお味で御座います。
(゚∀゚)uma-!


因みに、ゴマもスリ放題。


大根も最終的にはこんなに小さく~。
白銀の大根の大津波やぁ~... ピクピク ゛〓■●゛

うどんと思うとチョイと高い値段設定だけど、四国に行くのを考えると良いか、と言った感じで御座いました。
って事で、普段うどんは近所のセルフの製麺所だな。


SC-17 TTL調光コードを大海原から格安でで釣上げに成功。
現行のSC-28の市価の半額以下で機能は同等。
三脚に固定したSC-17(スピードライト側)にSB-600を固定していれば、クリップオンだけでは得られなかった自由度が~。
ワイヤレスでTTL発光できるじゃない?
ノンノン、ワイヤレスが使えないD40でもこれならオッケーって事で。

それとは別で...
SB-22sのアクティブ補助光が光ってない件について、一回サービスセンターに持って行ってみようかと。
Nikon F100に装着しても光らなかったしなぁ。

| | コメント (4)

2009年1月25日

冬はおでん

冬はおでん

という話。

寒いですね~...
そんな日は、おでんですよ。


って事で、新開地の高田屋へin。
昭和6年創業の老舗中の老舗。(゚∀゚)


大きな具がタップリ入った赤銅鍋には継ぎ足し継ぎ足しで大事に育てられている出汁がタップリ。
お店が終わった後に、全ての具を取り出し、出汁を濾して冷蔵庫へ保管、翌朝、更に濾してから鍋に戻しという作業を休まず休まず...との事。
赤銅鍋の前に陣取り、おでんのお世話をする店主のスローリーな動きが何とも言えずグッドです。


さてさて、色々と食べていきます。
白味噌の乗った大きめの具材がドドンと。(゚∀゚)
美味しいのぅ~。
しかも安い!

その他、高田屋さんは居酒屋であるからして、おでんが有名ながら通常の(?)居酒屋メニューもタップリありますよ。
渋~いメニューの内容がずらりです。


スジ肉もトロットロで(゚∀゚)ウマーです。
変り種のロールキャベツも食しますよ。
写真撮り忘れましたが... ピクピク ゛〓■●゛


居酒屋メニューの野菜炒めを食べて終了。(゚∀゚)
熱々ウマウマでグッドで御座いました。


そして、お会計はご主人の奥さんがはじくそろばんにて即座に明朗会計。
電気仕掛けのレジスターなんて物はここには必要無いのですよ。

と、そんな感じで楽しんで参りました。


神戸へ行ったついでにモンベルへinして、D40用にカメラップを購入。


クルンと包んで、隅に付いてるゴム紐を回していい感じ。(゚∀゚)


宮崎あおいカワイイのぅ~。
リリー・フランキーの『仕事と思ってないでしょ~』な自然過ぎる写真写りも最高。(笑)

| | コメント (2)

2009年1月24日

携帯アップデート

携帯アップデート

という話。

昨日から携帯携帯とウルサイ訳ですが。
今日は一味違います!

オイラがインターネッツ接続に使っているW05Kはauのデータ通信カードなのですが、中身は通話出来ない携帯電話のようなもの。

で、普通に皆さんが使っている携帯電話のように、中のソフトウェアのバージョンアップが出来ちゃうので御座います。

携帯電話のようにいつの間にやら勝手に終わっているものでは無く、専用のソフトを使って手動で更新する訳なのです。
だので、ようし!更新しちゃうぞ~ってな感じでソフトを起動。

ポチッとするも、エラー。(´ヘ`;)

調べてみると、『データ通信カードを挿し、通信を行っていない状態でアップデートを実行してください』だってよ奥さん。

あっそ。


って事で無事アップデート完了。
何が変わったかと問われると困る。(´ヘ`;)


折角デジイチが増えたのでデジイチでデジイチをキッチリ撮影。


前回の刺身から一転、餃子をお供にした正しいラーメンの姿。

| | コメント (2)

2009年1月23日

携帯GPSで位置情報をゲット

携帯GPSで位置情報をゲット

という話。

昨今の携帯電話はGPSを内蔵している事が普通になってますね。
素晴らしい。

そして、携帯電話のカメラ機能で撮影した画像データの中に位置情報を埋め込む事も可能。
素晴らしい。

これといって旅人では無いのですが、海外等へ行った時に...

携帯デジカメで位置情報付きで撮影しておく。
 ↓
デジカメで撮影した画像に携帯デジカメの画像に記録された位置情報をコピペする。

で、何の追加投資をする事無く、(゚∀゚)ウホッというワケですなぁ。
若干の手間が掛かると思いますが。

ん?海外?

海外でGPS機能使えるの?

調べてみた。

EZガイドマップ
海外旅行に便利! auケータイで海外でも自分の位置が確認できる海外版EZガイドマップ!!
海外での位置検索時は、ケータイとGPSが直接通信! パケット通信料不要で安心。

て事は、exif情報への位置情報の埋め込みもオッケー?

(゚∀゚)キタコレ!

海外でのご利用上の注意
最初のGPS測位は、場所により5分以上かかる場合がございます。

(´ヘ`;)...

対応機種一覧

(´ヘ`;)...

手持ちのW53CAではムリポ。

エクシリウム携帯の現行機種W63CAは対応しているみたいだけど、話によると、動作がモッサーとしてて使い難いらしい。
と言うか、W53CAが2年縛りの真っ只中。(゚∀゚)

となると、素早く目的に一直線な...


GNC-35(Geomet'r社のメーカーwebサイト見付からず)
Nikon純正のGP-1ってのもあるのだけど、デザイン的にこっちの方がいかにも外付け感があって(゚∀゚)ウマー。
実際、神戸軟禁街... 否 南京街で使ってる外国人観光客がを見ましたが、中々スマートで御座いました。
微妙な長さのカールコードを除いては。(´ヘ`;)

若しくは...


GPS-CS1K
こういうのを作るのが大好きなSONY。
撮影時にデータを書き込むだけの GNC-35 と違い、軌跡をプロットしていけるので、歩き回った経路も記録として残しておけるのがグッド。
電力源が単3電池なので、エネループ等で運用可能&まさかの充電切れでも入手性抜群。
このタイプの方が、汎用性があってmore グッドか!

軌跡をプロット?


BT-Q1300 nano
ってのもある。
薄い!
電力源は内蔵バッテリーで、バッテリーの継続時間は12時間とSONYのGPS-CS1Kと同じくらい。
充電はUSBケーブル経由のみ。
充電の事や内蔵バッテリーの劣化等を考えると、電力源に若干不安を感じてしまいますなぁ。
デザイン的には、このゴールドはいかん。
普通にソリッドな真っ黒とかだったらグッドなんだけど、そこはまぁなんだ、黒く塗ってしまえばオッケー。(オッケーか?)

さてさて、何だか良く分からない事になっていますね。
そろそろ皆様お気付きかと思いますが...

煮え切らない系日記ですよ。(´ヘ`;) → 煮え切りました。

| | コメント (6)

2009年1月22日

大阪オートメッセ2009

大阪オートメッセ2009

という話。

ドレスアップ&チューニングモーターショー「大阪オートメッセ2009」(いきなり音出ます注意)が、2月13日から開催されます。

国内自動車メーカーを始め、車が好きで好きでタマランメーカーが多数の自慢の車両と共にinですよ。
そしてもちろん、皆さんが大好きでたまらないお姉さん達もinですよ。

車を見るか(撮るか)、お姉さんを見るか(撮るか)は自由!freedom!

もちろん、オイラも行きますよ!
これの為にD40を買ったと言っても過言ではありません。
お姉さんの為に中望遠ポートレートレンズとしてもガッツリ使えるタムロン90mmを追加してD300に装着!D40には状況に応じて10.5mmFisheyeや28mmを装着!
これで完璧!


自動車メーカー所属の清楚なお姉さんから、チューニングカーメーカー所属のレースクウィーンなお姉さん、そして、VIPなカスタムメーカー所属のグッドな露出の姉さんまでを完璧に網羅し、フォトアルバム一杯に写真をアップロードするぞ~。(フガフガ)

と、思っていたら、年始から伸びに伸びていたタイランドへの出張が2月12日からに決定しました。

ピクピク ゛〓■●゛

入国検査で『Mr. BanaOKA?』と聞かれた時に『Yes we can』って答えるにも中途半端な時期。
どうしてくれよう。

※写真が間違ってるという苦情はこちらまで。
※因みに、トルコ滞在中に滞在していた街の屋台のオジサンです。

| | コメント (6)

2009年1月21日

即席麺といえば

即席麺といえば

という話。

昨晩の、バラク・オバマ新大統領の演説を最後まで聞きながら、世界がどう動くのか思慮深く考えていたら、今朝、寝坊しましたバナOKAです。

ピクピク ゛〓■●゛

で。

即席麺といえば...


即席マルタイラーメンですよね?
違いますか? 認めません。
我が家では、その真っ直ぐな外観から、棒ラーメンと読んでいました。(同社には、棒ラーメンというネーミングの商品もアリ)
昭和34年に発売され、ものっそい売れたそうです。


完成させると、こんな感じになります。
九州の製品らしく(?)細めで真っ直ぐな麺をチョイと固めに茹でて、お好みの具材をinもしくはonしてeat!

(゚∀゚)ウマイ!

もう一品でセレクトした刺身は餃子の間違いでした。
ちょっと気が緩んでしまい、商品のセレクトに失敗しました。
げめんなさい。(゚∀゚)


D40のアイピースをOLYMPUS E-520の物にしてみました。
1ミリ程、一番下まで入りきらないですが、グラグラとかスポスポとか無いので普通に使えそうです。


SB-22sがD40でも使用可能みたいなので、テストしてみました。
普通に使えました。(外部自動調光でなく、D40:マニュアル露出+SB-22s:TTL調光)
例によって、縦位置バウンスは不可なので、スピードライト延長ケーブル(SC-17)とワンオフNikon三脚(ステッカー貼っただけ)を組み合わせてみよかなと思ったり思わなかったり。


ワンオフNikon三脚と言えば、コンデジを支えるのがやっとの虚弱体質。
そんな虚弱体質三脚にD40を載せてみた。
ウマイ事バランスを整えると~...
何とか支える事に成功!(これは成功と言えるのか?)

| | コメント (4)

2009年1月20日

無駄にバタバタ

無駄にバタバタ

という話。

ってな感じで使い始めたサブ機D40ですが、十分に綺麗で好感のもてる写真を生成してくれる事と、その手軽さでもって、家の中での小物の撮影や料理の撮影に活躍してくれそうな気配がムンムンしております。

さて、我が家にやってきたD40ですが、最初は大阪駅地下の中古カメラ店に置いてあった中古品を買う予定だったのですよ。
んで、そのお店にinして、見せてもらったのですよ。


そうすると...
ショーケースの中では余り分からない塗装面のスレ,テカリが結構あったりして、さてさてどうしたモンか?って所でした。
同店に、長期在庫のD40が数千円差であったので、もうしょうがない(?)コッチで!って事で方針転換。
早速出して貰い、別途購入候補だった、これまた激新同品でホコリ一つ入っていないAi AF Nikkor 28mm F2.8Dをセットして、テスト撮影をしようとすると...
なぜかシャッターが降りない。
メモリーカード無し時のレリーズも許可にしているのだけど~...?
と、同店の店長さんと『???』していると、“原因不明のエラーが発生しました”的なメッセージが液晶画面に...
これは、一体。

その後、同レンズを、最初に見た中古品に付けてみたり(こちらは正常に動作)、マウント部の接点を磨いてみたり、電源のOFF-ON,初期化等々を試してみたが症状は変わらず。(´ヘ`;)

というワケで、Ai AF Nikkor 28mm F2.8Dのみを購入し退散。
D40でのMF専用としてAi Nikkor 28mm F2.8Sとかなり迷ったのだけど、D300で使う事もあろうかと。
がしかし、MF時の操作感は断然MFレンズが上なワケでして... うーむ。

で。


向かった先はヨドバ○カメラ、最早 ○ もへったくれも無いのだが。

そんでもって、店頭の価格をチェック...
ポイントと、今車を止めているヨドバシの駐車場代(商品購入で駐車場代が\0になりますよネ)を考えると、中古店の長期在庫と変わらんなぁ。
もっとも、この商品も長期在庫と変わらん可能性が無い事も無いのだけど、中古店よりは商品の回転は速かろう...と。

で、購入。

で、店をoutして駐車場を後にしておもむろに商品を見ていると...
軍艦部の頂点からアクセサリーシューのプラカバー部までカリッと傷が入っているではありませんか~。
それを発見した一瞬、脳裏に浮かんだのはユニコーンの名曲『CSA』。
本当に一瞬の出来事だった。

これはいかーん!急ブレーキ急ハンドル急加速の3連コンボで速攻でヨド○シカメラへreturn。

別の個体を出して貰い、今度はその場で確認し、交換。
やはり、この手の買い物はある程度その場での確認が必要ですなぁ。(´ヘ`;)
傷の入ってたあの子は、B品としての将来を過ごすのであろうか...


で、家に帰ってテスト撮影なんかでレンズをガシガシ交換してたら、イメージセンサーにもファインダーにも速攻でホコリがin!した模様。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
ブロワーでシュポシュポして居なくなってもらいましたが...
ついでにD300のファインダー内の糸ホコリにも居なくなってもらいスッキリ。(゚∀゚)

といった感じで 予想以上のスレ,テカリ → 謎のエラー → 軍艦部に傷 → いきなりホコリin と無駄にバタバタしてみましたと言う話でした。

おわり。

※注記
途中挿入されている写真は、本文と全く関係ありません。
文章だけだと、脳内の糖分が不足するかと思い、大阪駅地下で買ったケーキと、ナゼか急に食べたくなって地元のケーキ屋さんで買ったケーキと、年末の岩手出張の帰りに買って来た塩バターキャラメルの画像を添付してみました。(゚∀゚)
2枚目のケーキは見事な紅白(笑)だったので敢えての日の丸構図で目出度さを表現。(笑)

| | コメント (4)

2009年1月19日

D40のノイズ耐性を調べてみる

D40のノイズ耐性を調べてみる

という話。

ってな感じで、D40を購入してきたのですが。

一般的に...

D3>D700>D90>D300

と言う順序(D3Xは“?”)で言われているNikonデジタル一眼レフのノイズ耐性ですが、実際どうなのよってな事で、定点観測してみました。
寒いから室内で。(´ヘ`;)


の前に、D40のアイピースはちょっとアレなので、D70s/D50用のヤツ(DK-20)と交換してみたり...
王道のOLYMPUS ME-1で無い所がミソ。(´ヘ`;)?
アイピース(マグニファイア)周りは色々とあるので遊んでみてもいいかもしれません。

で、ノイズの話でしたね、げめんなさい。


こんな感じの構図で三脚をセット。
使用したレンズはDX16-85mmVRの85mm域で一度AF掛けて、MFに変更 → フォーカスリング固定。
高感度ノイズ除去は、初期設定の する(標準) のまま。
後は、絞り優先モード(F5.6(開放)),jpeg FINE,画像サイズM,WB値フラッシュ(+3)固定の撮って出し画像データの一部を等倍トリミング。
因みに、この画像はISO200。


先ずは最低感度のISO200。
普通に綺麗。


次にISO400。
まだまだ普通。


そしてISO800。
等倍で見ているとノイズちゃんがコンニチワ。


更にISO1600。
これでノイズレスだったら凄いよね。
でも、D40と言うポジションから考えると凄いよね。


そして拡張領域のISO3200。
流石にココは非常手段。
でも、コンパクトデジタルカメラだと、直ぐにこのノイジーな領域にinですよね。
そう考えると、ポケットに入るコンパクトさをもってしても、最早コンデジへ逆戻りは出来ない訳で...

で。


ISO800の画像を480×320にリサイズ&アンシャープマスクのみ。
十分見れると思います。

D300の同条件との比較をしていないのでアレですが、やるな!D40と言った所で御座います。
やはり、6.1Mピクセルと言う時代を感じる画素数ながら、その余裕のある画素ピッチの優位性と、D70時代から使い込んでいて勝手知ったるセンサー特性を考慮して設計された画像エンジンというアドバンテージは絶妙。

デジタル一眼レフカメラ入門者の入口機として、またまた、サブ機としての買い増し層への絶妙なアプローチ機として、更に、クラシックカメラユーザーのレンズ資産を全身で受け止める仕様で...
D40のロングランは一体いつまで続くのだろう。

Nikonデジタル一眼レフの礎を築いたD70に続き、歴史的1台になる事は間違いないのではないだろうか。

んでもって、同時に購入したAi AF Nikkor 28mm F2.8Dで撮影した写真を激一方的にお届け。
jpeg FINE,画像サイズM,仕上がり設定 スタンダード,WBオートの撮って出しリサイズ&アンシャープマスクのみで、当然全て手持ち撮影。
全画像絞り優先AEでF値は開放のF2.8で、ISO値は全てISO800。
この結果を見る限り、誰かに貸す時なんか、感度自動制御でISO800をドドンと設定出来ますなぁ。


1/13秒,+1EV
買って直ぐに適当に。(笑)
AF-Sレンズで無いので、当然マニュアルフォーカス。
フォーカスエイドは普通に働くので、フォーカスエイドの点滅を頼りに...
28mm,35mm辺りのAF-S Gレンズ化は一体いつになるのでしょうかね。


1/1000秒
帰りに寄った西宮ガーデンズにて。


1/320秒
到着時刻が遅く、既に閉店モード(´ヘ`;)
取り敢えずお腹が空いてて倒れそうだったので、ダッシュでフードコートへin。


1/60秒
時間が遅く、既に数店はオーダーストップ状態。(´ヘ`;)
pm8:30オーダーストップ、pm9:00閉店てもうちょっと頑張って欲しい感じ。(´ヘ`;)
それにしても西宮ガーデンズのフードコート内の石焼ビビンバ店、開店してからそれなりに一通りしているハズなのに、店員の不慣れな事。(´ヘ`;)
ものっそいテンパってましたが... 大丈夫か?
最短撮影距離0.25m,最大撮影倍率1/5.6って感じで、そこそこ寄れます。
MFでもそれなりに素早く撮れますね。


1/40秒
昨日は一日中、雨が降ったり止んだり。
シットリと濡れた国道2号線をタラタラと走り帰りました...

| | コメント (4)

2009年1月18日

サブにD40という選択

サブにD40という選択

という話。

メインカメラとサブカメラ...
理想はメインと同じD300をもう一台...なんてアホな事を思うのは自由だ~!けど実際はムリムリムリ。


って事で、現実的路線で行くと、D40なのですよ奥さん。
6.1メガピクセルと言う無理のない(?)画素数ゆえのグッドな高感度域に加え実にコンパクト。


操作系もシンプルで、『ちょっとカメラ使わせて』と言われても気軽に貸せる&借りれる系。
それでいて、CaptureNX2を入手した今、RAW撮影により、メイン機のD300に近似した画作りが可能、ついでにRAWファイルのサイズもコンパクトという罠。
そして何より、安くなった。(゚∀゚)

もちろん、AFモーター非内蔵なので旧ニッコールレンズ郡にてAFが動作しないと聞き飽きる程に言われている事や、ファインダーが狭い,AFポイントが3点しかない,連射が...etcと色々ありますが...

サブですから。

で片付く程度の些細な事。

今後Nikonが28mm辺りのAF-S単焦点を出してくれると非常にウホッだったりするのですが、旧ニッコールレンズ郡を何の躊躇も無くヌッ取り付けてフルマニュアルデジタル機として使うのも当然アリな訳で。

というワケで、Ai AF Nikkor 28mm F2.8Dとセットで云々...
何かどっかで見た日記だなぁ。

| | コメント (5)

三脚カスタム

三脚カスタム

という話。

今日は、昼辺りに...


大阪駅辺りをウロウロと...
FEちゃんのアイピースを買ってみた。
そんで、楽園でチョイと買い物したり。

晩ご飯食べて帰ってきたらチョイとゴソゴソしますよ。


あれですよ。
三脚にカメラをセットして、縦位置にすると、そのうち徐々にお辞儀しちゃうじゃないですか。
なんて律儀な人! じゃなくって... ピクピク ゛〓■●゛


それもこれも、シューの表面がゴムなだけで特に何の仕掛けも無いから。
ゴムとゴムの摩擦だけじゃ~持たないって事ですな。
思いっきりシューの螺子を締め込むのも精神安定上良くなくなくなくない?


だので、楽園で買ってきた透明のM3ビスを~...


程好い所にM2.5のドリルとタップを使って作ったメスネジにネジネジ捻じ込んじゃいますよ。


これで、軽く取れない程度に締め込んだだけでもお辞儀する事無くグッドな感じ。
透明ネジを打ち込んだ所は、D300専用な距離(三脚穴~ネジの距離)なので、F100やOM10では使用不可。
シュー部分だけ別途購入ですなぁ。(\1k)

ってな感じです。

| | コメント (2)

2009年1月16日

Exifデータ

Exifデータ

という話。

普通に販売されているデジタルカメラにて撮影した写真(画像データ)には、Exifデータと言う物が埋め込まれています。
使用したカメラの型式やレンズの情報、絞り値、シャッター速度、etc...イロイロな情報により構成されているExifデータ。
そのデータをチラリと見る事によって、『ホホゥこういう設定か』と知る事が出来ちゃうのです。

で。

例えば、web上にUPされている美麗写真を見て、『ぐぁ!コイツのExifデータをチラリズムしたい!』と思った場合、おもむろに画像データを右クリック保存し、保存されたファイルを右クリックし、“プロパティ → 概要 → 詳細設定”と進むという長い長い年月を要する作業が必要。
命が何個あっても足りやしない。

そこで。

そんな諸氏には、コチラがお勧め。


FxIF - View EXIF data in image properties

ズバリ言おう!便利であると。
web上の画像を右クリック → プロパティたったこれだけ。
慣れれば、0.2秒以内で操作を完了する事も夢ではない。

だが一つ問題がある。

Firefox用のプラグインだと言う事である。
フォッフォッフォッフォッ... フォ?

※オイラがUPしている写真は、少しでも容量を落とす為にExifデータを抜いた物ですが。(激弱)

また、エクスプローラー上で使うのにはこんなのが便利かと。
エクスプローラー上の画像にをマウスオーバーするだけで通常は表示されないExif情報が表示される。
もはやクリックすら要らない。(゚∀゚)

| | コメント (3)

2009年1月15日

ようやく撮り終わり

ようやく撮り終わり

という話。


紅葉の頃にOM10に入れたAGFA vista400をようやく撮り終わりました。
週末にでも現像に出そうかと思ってます。

撮って5分後にはwebにUP!なデジタル写真と違ってなんとスローな事か。(笑)


チョイと昔の写真ですが...
nak氏&優香婦人宅へ行った時に、また磨いてしまった...
ファインダー内に見えていたホコリも無くなって快適快適。(゚∀゚)ウホッ
それにしても、パンケーキ的薄々Ai-s 50mm F1.8を付けたNikonFE可愛いわ~。
接眼リングがどっかお散歩に行ってるみたいなので、今度おいちゃんが買っていってあげよう。
メガネに傷が付かないように、ゴムでモールドされたやつを。

一緒に写っているのは、ちゃと先生のOLYMPUS E-300。
見慣れた一眼レフカメラにあるアレが無く、四角いボディ。
そーっとレンズを外してみると、横向き(という表現でOK?)に付けられたミラーがコンニチワ。
面白い構造ですなぁ~。


南国名物 兵六餅...
食べ出したら止まりません。(゚∀゚)

| | コメント (7)

2009年1月14日

電池パック届く

電池パック届く

という話。

先日、auから『こないだ携帯電話契約してくれてありがとう!あれから1年経ったね!ところで電池パック要る?』といった内容のメールが届いたので『もらおうか』と答えておいたんですよ。
なんかそういうオプション的何かがあったなぁ~と。
そして今朝...


新しい電池パックが届きました。
今使っている電池パックに対して何ら不満は無いのだが。(゚∀゚)
ゲームもしないし、ワンセグも見ないし(ていうか付いてない)、カメラもたまにしか起動しないし...
不便無い位に電池持ってくれます。
てか、電池パック配布か、外装交換か選択出来たら良いのにね。

って事で、電池パックはおいといて、外装交換でもやってみるかと思ってマス。
※au W53CAの外装交換は5,000ポイント or \5,250で可能らしい。

| | コメント (0)

2009年1月13日

洗車しました

洗車しました

という話。

もうね、そんな事イチイチ日記にしやがってコノ黄色バナナ野郎!ってな所かと思いますが書かせてください。
いや、書きますよ、書く事くらい自由にしますよ言われなくたって。

と、無駄に行数を費やしたトコロでこんにちは、バナOKAです。
時々、『パナOKAさん>』とレスが付いたりしますが、バナOKAです。


ってな感じで、3連休の最終日は、タイトルの通り、洗車しました。

連休1日目はダラダラ。
連休2日目は岡国/赤穂。
連休3日目は半ダラダラ。

高校生サッカー決勝戦を見終わった頃からようやく洗車開始。
ササッと洗ってササッとワックス掛けて...
総面積の少なさもあってか(笑)、直ぐに終わりました。
その後、一時的に営業終了し、営業再開後の夜に写真を撮りました。

一昔前は、それこそ一日掛かりで洗車してましたなぁ。
自動洗車機なんてありえない。
最初に買った車(AE101)なんて、ブルーマイカという塗装色もあってか、ピカピカにするのが快感で、時間レンタルの洗車ブース(蛍光灯がババーンと付いたシャッター付きガレージっぽい中に給排水設備が完備されていて、夜間でも快適に洗車可能)の中で長時間ゴソゴソしてましたよ。
ホント、良くやってたもんですよ。

今のアクちゃんはそう言う意味では程々です。
程々に綺麗な位で乗ってます。
最早リセールバリューもへったくれも無いので、乗り潰し系かと思いますが、これからも大事にしてあげようかと思ってマス。


晩ご飯は、カレーと見せかけてハヤシライス。


赤穂から連れて帰って来た牡蠣は手軽にレンジでチンして頂きました。
大きいのは牡蠣フライにしても良かったかも。

| | コメント (4)

2009年1月12日

岡国ママチャリ6耐 / 赤穂で牡蠣

岡国ママチャリ6耐 / 赤穂で牡蠣

という話。

国際サーキットである岡山国際サーキットにて、ママチャリ6時間耐久レースが!
チョイとお邪魔してみましたよ。


岡国に到着し、駐車場へ向かいながらコースを見ると...
ププゥ~...
普段は、革ツナギに身を包み、ハイパワーマシンを捻じ伏せ激走していると思われる面々が、ママチャリに乗り、ヒーヒー走ってますよ。

ありえない風景。(゚∀゚)


参戦発案者であるnak氏&優香夫人のチームのピットにinすると、ダルマストーブがお出迎え。
岡国には昼過ぎに到着したのですが、到着前に遭遇した吹雪がついさっきまで岡国を包んでいたようで、ものっそい寒く、悲壮感漂う風景だったそうですよ。(゚∀゚)アハハハ...


そんなピット内では豚汁もお出迎えですよ~。(゚∀゚)
チョイと暖めてホッカホカを頂きます。
いつもいつも美味しいご飯ご馳走様。(゚∀゚)ありがとう!


と、ホッコリしていると...
んぁ!?
思わず目線を入れてしまう似合いっぷりに感動。
あまりにも自然な内股っぷりは一朝一夕でないのは確か。


更に、ピット前で餅つきまで始まってしまう。
普通にレース中なのに~。(笑)


つきたてのお餅にきな粉をつけて頂きマス!(゚∀゚)ウマイ!


そんなこんなしていると、残り時間が刻一刻と...
ピットcloseギリギリで28号車がスルリとピットイン!
最終周回ライダーは、発案者nak氏。
ダブルヘアピンを駆け下りてきました~。(逆回り)
頑張れ~。


そして、無事、6時間のママチャリ耐久レース終了!
記念撮影~。


6時間走ったママチャリもお疲れ様~。

ってな事で、岡山国際サーキットを後にし、赤穂を目指します。


去年も行った牡蠣を供給してくれる水産屋さんの水揚げ場へ!
坂越の海の駅しおさい市場のチョイ西です。

水揚げ場の直ぐ横のスペースに、椅子と炭が入った網を用意していてくれます。


捕れたての牡蠣をkg単位で買って、そのまま炭火へ。


寒~い屋外ですが、炭火で暖まりつつ、美味しく頂きますよ。(゚∀゚)


食べ終わる頃には誰も居なくなり、水揚げ場のオジサンもまかない(?)的に牡蠣を食べ終わり、片付けも終わり...(´ヘ`;)
去年もこんな感じだったような。(´ヘ`;)遅くてゲメンナサイ

って事で、また来年~です。

| | コメント (6)

2009年1月11日

復活!?ならず(´ヘ`;)

復活!?ならず(´ヘ`;)

という話。

さて、こないだの預かり品VAIO。
ヤフオクで同型をウォチしつつ、原因と思わしき電源ユニットを可能な限り分解し、人間ブロワー,掃除機,ウェスで掃除。
その後おもむろにAC電源ケーブルを差し込むと...
いままで動作しなかったリレーが動作するカチッと言う音が(゚∀゚)!


もしや... と思いマザーボードに接続。
すると、SB_PWR1とシルク印字されたLEDが点灯ですよ。
って事は、マザーボードへの常時5V電源が供給されたって事?
って事は、もし、VAIOのメイン電源のON-OFF用の接点が単純な機械的な接点でなく(電源スイッチがマイクロスイッチという点で99%機械的接点ではないかと)、電子回路が介在したリレー接点orトランジスタ接点だったとしても、その回路への電源が供給されたって事?

そんな期待を込めて、電源スイッチをポチ!

...

ポチ

...

上手く行けば、ファァァーンと言いながらHDDやらDVD-RAMドライブやら各種ファンやらが回りだして、テンサヨンが一気にマキシマムになる所だったのですが。(´ヘ`;)
どうやらまだまだ先がありそうです。(´ヘ`;)

せめて、VAIO TypeHの電源ユニット(恐怖の独自規格18ピン)のピンアサインが分かれば... orz

晩ご飯は...


八宝菜?


八宝菜!?


八宝うどんでした。
京風うどんの上にトローリ八宝菜がドドンと。
上に乗っている八宝菜をある程度食べないと、うどんを出す事も出来ない程のボリューム。
ある程度食べた後で、お酢をかけて味を変えて食べるのがウマイ食べ方との事。
うどん部がもっとコシのある讃岐風だと、また違った味わいになるかなと。

| | コメント (0)

2009年1月10日

対決の裏で...

対決の裏で...

という話。

先日の熱い対決をヒッソリと支えてくれたのは、こないだ買ってきた簡易スタジオ。
黒バックで撮りたかったので...


別メーカーから出ていた黒/ピンクのスクリーンを、簡易スタジオ添付のスクリーンと同じ大きさにカットして、取り付け用のベルクロを再取り付け。
チクチクと針仕事ですよ。
添付のスクリーンはかがり縫いで仕上げてありますが、加工したスクリーンは端部がほつれないタイプなのでその必要ナシで安心。(゚∀゚)


そして無事(?)完成した黒/ピンクのスクリーンを装着して、対決日記用撮影へと挑んだのであります。

| | コメント (0)

2009年1月 9日

対決

対決

という話。

12月11日の日記で激しい対決をした“きのこの山”と“たけのこの里”。
各方面からの論客が火花を散らしたのは記憶に新しいかと存じます。

そこで今回、再び“きのこの山”と“たけのこの里”の両横綱(?)に登場して貰い、全面対決する事に。


先ずはパッケージ。
むむぅ...
たけのこの里は、パッケージ上に民家が2軒と少ないが、商品名ともなっているたけのこを連想させる竹が描かれている。
又、地面には、笹の葉と思わしきデザインが。
思わず、笹の葉さらさら軒端にゆれる♪と歌ってしまいそうではないか。(ない)
それにしても、民家2軒...
“里”と言うわりには寂しいではないか。

それに対し、きのこの山は、民家3軒と賑やかだが、さすがにきのこを全面に押し出すパッケージには出来なかったようで、デザイナーの苦悩が垣間見れる。
更にパッケージを見渡してみると、たけのこの里に描かれている小鳥の描写が無い所が非常に悔やまれる所である。


次に、内容量を見てみよう。
先ずは、きのこの山。

32個。

2で割り切れる数である。
よって、兄弟喧嘩も起こらず、奥さんも安心。

製造方法としては、溶解されたチョコが注入されてた型にサクサクスナックを差し込み、チョコが固まった後にポロリする感じであろうか。
産業革命以降の大量生産の波により、より早く、より大量にをコンセプトとして設計された製造ラインのタクトタイムにより、チョコが凝固を始め、サクサクスナックが自立するまでサクサクスナック保持パーツがサクサクスナックを保持せず、次のアクションに移ってしまう為か、サクサクスナックが斜めになった個体が多く見受けられるのが非常に残念である。(サクサクサクサクうるさいと思われる諸氏も居るかもしれないが、実際サクサクしているので勘弁してもらいたい。)

だがしかし、これは自然界に存在するきのこを模倣しているとも言えるのではないだろうか。
真っ直ぐシャッキリとしたきのこだけがきのこでは無い事を賢明な諸氏は理解しているであろう。


そして、たけのこの里。

35個。

これはいけない。

2で割れない。
兄弟で分け合う事も出来ず、左右対称にもならない。
幼き日のラオウとトキが、たけのこの里を巡り確執を深め、それが原因で北斗の一子相伝に暗雲が立ち込めたのは良く知られた事実。(うそ)
その時、ケンシロウはユリアと仲良くきのこの山を食べていた、だから強くなり愛を知った。(うそ)
また、左右対称にならない為、インド人がイライラしてしまう。
少なくとも、インドへの輸出は無理である。
右,左,そして何より、その真ん中のゼロが無いのである。

そして更に、背景を見てもらいたい。
何ですかこの粉っぽさ。
たけのこの里の最大の欠点である、ベースがクッキーである故の粉っぽさ。
粉っぽさに注目していくと、チョコ部にも数多くの欠けたクッキーの粉が付着している事に気づく。

これはよくない。


次に検証するのは、ハンドリング。
人間は、手を上手く使って食物を口に運ぶ事が出来る高等動物であるからして、食物をいかに掴み易いかが、すなわち“食べやすい”→“食べたい”に直結するのである。
いくら美味しいハンバーグでも、表面がトゥルントゥルンで、フォークもナイフも受け付けなければ食べる気すら起こらないのである。

その点、きのこの山はいい。

チョコ部とサクサクスナック部の段差により、スッと指が入る。
個体によっては、チョコ部の斜め斜面に沿って尻上がり状態となっている。
これはまさに、“食べてください”と言わんばかりではないか。

グレイトである。


また、“チョコ先食べ”と言うオプション的食べ方が比較的容易かつ衛生的に行えるのも、きのこの山である。
甘いチョコを堪能した後で、サクサクスナックのサクサク感を楽しむ。

グレイトである。


そして、たけのこの里。

...

そうかい、あぁそうかい。
チョコ部を指でねぇ。

今は冬なので外気温は低くチョコも冷え冷えで指先の体温も低め。
こういう条件だからかろうじてチョコが溶解する前に口の中にinさせる事が出来るのであるが、良く考えて貰いたい。
日本には四季がある。
夏は暑いのである!
だらしなく温度を上げたチョコ... そこに伸びてくるホットな指先。
ここから先は言わないでおこう。


いやいや、たけのこの里だって、横に倒して摘めば、チョコ部を触らなくてもいいじゃない。
ほぅ?ほほぅ。
“その1アクションが積み重なり、完食までにどれ程のタイムロスを発生させるか”という事は重要では無いと言うのかね。
よかろう。

だがしかし!それをもってしても見たまえ!

この、狭い非チョコ領域により、指先に神経を注ぎ、親指及び人差し指に掛けるトルク配分を絶妙にコントロールしなくてはならないと言う設計の甘さ。
トルク配分のコントロールに慣れていないアマチュアユーザーを完全に無視した設計。
これはまるで教習車にTVRグリフィスを用意するような物だ。
発進すら出来ないではないか。

と、こんな感じで夜中に一人でゴソゴソしてたんですよ。
どんだけ暇やねんって話ですよ。

まぁなんだ、どっちも(゚∀゚)ウマイ!最高!と、平和にお片づけしつつ、きのこ~たけのこ~たけ..きのこ~と食べていたらお腹イッパイになっちゃった!って事で、この対決を終了させて頂きます。

| | コメント (7)

2009年1月 8日

メーカー製PCの罠

メーカー製PCの罠

という話。

VAIO VGC-H50Bが我が家に転がり込んできました。
落雷を機に電源が入らなくなったと言う話です。
AC電源ケーブルを差し込み、電源ボタンを押しても、なるほど、ウンともスンとも言わない。
電源ユニットのファンも回りません。
先ずは電源ユニットがヌッ壊れているという事が考えられますね。


って事で分解分解~。
全バラでなく、必要な部分のみですが。

そんでもって、掃除出来る所は掃除して...


電源ユニットを取り外してみます。
そして、マザーボードへのメインのコネクタを...
(´ヘ`;)18ピンしか無いのは一体...
まさにメーカー製PCマジック。
電源ユニットの生死判定にPOW-ONとCOMを短絡して動作を見ようと思っていたのに、どこを短絡すりゃいいか分からんではないか。

ついでに、汎用の電源ユニットを持って来て...と考えていたのもNG。
ピンアサインすら分からんマザーボードに小細工出来ませぬ。(´ヘ`;)
これは、同型ジャンクPCからパーツ移植か?(の前に生死判定はしたいよなぁ...)

ピクピク ゛〓■●゛

教えてエロい人。

鋳鉄鍋Staubでの初料理(?)は...


ブロッコリー

甘~く出来て(゚∀゚)ウマー
昔は嫌いだったのにね~。

| | コメント (2)

2009年1月 7日

新世界で串カツを

新世界で串カツを

という話。

正月休み最終日、大阪のディープタウン新世界へ行く一行があると聞き、ヌルリと参加。


このゴチャゴチャ感、まさに新世界。(゚∀゚)
昼間から女装したオッサンが闊歩している新世界。
観光に来ている層が増えて若干街の色が変化している気がする新世界。
大阪に初めて来た時に銀塩一眼レフを首から下げてinしたらオッサンに追い掛けられた新世界。
その後見知らぬオッサンに串カツ奢って貰った新世界。


そんな新世界ですが、いつの間にやら串カツ戦争状態となっているようで、通天閣を挟んで南側がものっそい事になってます。
で、北側はどうなのよって事ですが、北側は大人しい感じですがやはり串カツ屋が。
って事で、いつテロが起こるか分からない南側でなく、北側でモロンと営業している『だるま』へin。
ムワンと来る油のカホリはアレだけど、more deepな立地でない為か色々と普通。


お決まりのどて煮を食べつつ、串カツを色々とオーダーして待つ事暫し...
パン粉のついたサクサクとしたのでは無く、唐揚げっぽい感じのディテールを持った串カツが到着。
新世界の串カツ屋さんの中には、パン粉がサクサクとした串カツを出す店も増えているようですが...


もちろん、ソースは二度づけ禁止。
足りなかったらキャベツですくって頂戴ネ。
その為か、タップリとソースが付けれるように深~いソースパンが用意されています。


アツアツを頂きマウス。
そしてご馳走様。


食べ終わり外に出た頃には周りも暗く、安心と信頼の日立グルー...ってな感じに、通天閣が光っておりました。
明治時代に作られた一大歓楽地に出来た初代通天閣、そして遊園地ルナパーク...
web上に散見される情報や通天閣の展示を見た後で現在の界隈を見ると、当時の姿がおも、、おもも...
想像すらつかん!(゚∀゚)


ってな感傷に浸りながら『だるま』と後にした一行で御座いました。(多分オイラだけ)

| | コメント (2)

2009年1月 6日

サブにD40という選択

サブにD40という選択

という話。

メインカメラとサブカメラ...
理想はメインと同じD300をもう一台...なんてアホな事を思うのは自由だ~!けど実際はムリムリムリ。


って事で、現実的路線で行くと、D40なのですよ奥さん。
6.1メガピクセルと言う無理のない(?)画素数ゆえのグッドな高感度域に加え実にコンパクト。


操作系もシンプルで、『ちょっとカメラ使わせて』と言われても気軽に貸せる&借りれる系。
それでいて、CaptureNX2を入手した今、RAW撮影により、メイン機のD300に近似した画作りが可能、ついでにRAWファイルのサイズもコンパクトという罠。
そして何より、安くなった。(゚∀゚)

もちろん、AFモーター非内蔵なので旧ニッコールレンズ郡にてAFが動作しないと聞き飽きる程に言われている事や、ファインダーが狭い,AFポイントが3点しかない,連射が...etcと色々ありますが...

サブですから。

で片付く程度の些細な事。

今後Nikonが28mm辺りのAF-S単焦点を出してくれると非常にウホッだったりするのですが、旧ニッコールレンズ郡を何の躊躇も無くヌッ取り付けてフルマニュアルデジタル機として使うのも当然アリな訳で。

今直ぐネセサリー?と言われるとそうじゃないのですが。(゚∀゚)
えぇ、皆様お気付きの通り、煮え切らない系日記ですよ。(´ヘ`;)

| | コメント (6)

2009年1月 5日

巨大構造物

巨大構造物

という話。


兵庫県の伊丹や川西周辺をウロンウロンしている人は良く知っていると思います。
通り際に思わず車を降りて暫し撮影ing。


うーむ...


美しい...

というワケで、チョイとウロウロしていましたのでまた日記にUPしマウス。
今日は風呂入って寝るかって所で御座います。

| | コメント (0)

2009年1月 3日

梅田半日ウロウロ

梅田半日ウロウロ

という話。


ってな感じで、昼過ぎに梅田にin。
雲が多い中、ちょっとした晴れ間にタワークレーンが美しい。


で、MAVつぁんとヨドバシをウロウロしつつあーでもないこーでもないサンニッパすげーとかATMどこやねん云々してたらハラペコ丸になったので、吉牛に緊急ピットイン。


マンプク丸になってピットアウトした後は、ソニースタイル大阪へ。
ソニースタイル大阪のお姉さんも皆さん自然な美人さんで(゚∀゚)イイ!

そんな中、MAVつぁんがCanon 40Dを包んでいたカメラを包む布を見てオイラが一言。
バ『それよりモンベルの使ってみ、いいよ』
マ『やらないか』


というワケでそのままモンベルのお店へ行ってお買い上げ。
話が早い。
てか、モンベルのカメラップお勧め。
使い方はこんな感じ


その後、ヨドバシカメラにreturnしてチョイとした買い物。
買い物が終わった頃にはすっかり暗くなっていましたよ。
どんだけウロウロしてんねん、と。(´ヘ`;)

と、予定完了だので、MAVつぁんと別れてJRの駅へ向かっていると...
クオーターなんちゃら販売して升~ってな声が聞こえてきましたよ。

ので、MAVつぁんにreturnしないかいの連絡を入れつつマクドナルドと言われているお店へin。

一個もらおうか。


ホホゥ... これか。


肉が!


肉が!!

肉食べた!という気持ちになれますな。
だが!
プレートの下敷きに『肉汁が云々』と書かれていたが、肉汁は出ないぞ肉汁は。
もう一度言う。
肉汁は出ない。


で、ヨドバシカメラで買ってきたのは、エツミが出している物撮り用の簡易スタジオ。
セットされているスクリーンが青/緑で、別売のスクリーンが灰/白。
黒は無いんかぃ!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)
って事で、別メーカーの黒があるスクリーン(黒/ピンク)を購入。

ピンク(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)?
どうして黒/白じゃないんだ!


早速一枚。


そしてもう一枚。

このセットを使って、次回、対決シリーズ撮ります。(゚∀゚)

| | コメント (2)

2009年1月 2日

行く年来る年'09後編

行く年来る年'09後編

という話。

奈良東大寺での年明けを済ませた後は、一気に西に走り(co鉄ちゃんホンマありがとう)、一度バナナハウスへ寄りチョイと仮眠の後、明石海峡大橋を望める大倉海岸へ。


早速三脚をセットし、未だ暗い中長時間露光で撮ってみると...
雲?雲ですよ奥さん。
海岸線の低い雲は画になるのだが...


大倉海岸には、同じ様に初日の出待ちの人や三脚を構えたカメラな人が徐々に集まってきていますよ。


さて、時間はam7:00。
ぼちぼち日の出のj...

ピクピク ゛〓■●゛

左側の橋脚辺りからの日の出が望めるんですよ。
望めるんですよ。
望めるんですってば。

ピクピク ゛〓■●゛


ションボリしながら車に戻り、垂水の海神社へ。


すっかり朝になった海神社本殿にて初詣。
で、でですよ。
神社ですから、神社のイメージ写真を。(゚∀゚)

うむ、まさに神社のイメージ写真。


最後にベビーカステラを買って、co鉄ちゃんと巡る西へ東へ迎春終了。

と、そんな感じで2009年もバナOKAをよろしくお願い致します。

| | コメント (4)

行く年来る年'09中編

行く年来る年'09中編

という話。

と、こんな感じで奈良東大寺にて年明けを待ちます。
大仏殿への門へ並ぶ列の中から、時報のアナウンスが聞こえましたよ。(笑)
ピッピッピッ... ピーン。(゚∀゚)

なんか、中学生っぽい子が半裸でワーって門の横の高い所に登って瞬間警備員に降ろされてた。(´ヘ`;)


って感じでいよいよ開門!
少しずつの集団に切られた人々が続々と入っていきます~。


オイラ達も無事門を潜り、大仏殿へinしま~す。
※Fisheye画像を広角変換。


の前に、階段を登った所にある台にお線香を。


そして大仏様とご対面。
何度目の対面でしょうか...
いつもの穏やかな表情で迎えてくれます。


大仏殿の中では、破魔矢やおみくじが。
早速おみくじを。
おみくじによると、2009年は中吉。
各コンテンツ共に、嬉しい言葉でして良い滑り出しかも?


その後も殿内の様子を撮りつつ...


大仏殿を後にします。


各所に置いてある焚き火で暖をとりつつ...


ついさっきまで除夜の鐘を鳴らしていた鐘の所へ行きます。
既にガッチリと南京錠で固定された撞き棒が切ない~。(´ヘ`;)


いやしかし寒い。
寒い → お正月 → おしるこ
全員一致でお店にin!


焼き餅おしるこ!


美味い... 美味過ぎる。(゚∀゚)
これぞ日本の正月!

これにて奈良東大寺終了。
ここでnak氏&優香夫人とお別れ。
その後、co鉄ちゃんとオイラが向かった先は... いよいよ初詣のアノ風景が!

| | コメント (0)

2009年1月 1日

行く年来る年'09前編

行く年来る年'09前編

という話。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

そんなワケで、2008年の年越しは、奈良の東大寺へ!


co鉄ちゃんと奈良へ!


と、いきなりせんとくんの洗礼を受けつつ、駐車場へ車を止めて付近をウロウロ。
寒~い屋外なので、焚き火が嬉しい。
てか、年中無休とwebサイトに書かれていたコメダ珈琲が普通~に閉店してたのは一体。(´ヘ`;)
(´ヘ`;)シロノワール...


んで、何か食べる?って事で近くを見回すと、何だか鉄道ジオラマの置いてある喫茶店が。
早速inして何か食べますかって感じで...


寒い時は甘い物!(゚∀゚)ウマイ
チョイと落ち着いた所で店をout。


ぐはぁ!
恐るべし奈良、全く落ち着かせてくれない。
どっか行く前に撮らなきゃ!ってカメラ持って走っちゃったよ。(´ヘ`;)


気を取り直して、目的地の東大寺へ。
暗闇に浮かび上がる南大門。
カメラを持った外国からの観光客も、その迫力に見入っておりました。


南大門には阿吽。
これは口を閉じているので吽。
誰だい?風神雷神って言ったのは。


と、東大寺まで行きましたが、まだまだ時間が早過ぎ。
nak氏&優香夫人と待ち合わせしているpm10:00まで時間あり過ぎ。
早く来過ぎた。(´ヘ`;)
ので、屋台をチェックしながら...


一旦駐車場方面へ。


途中、美味しそうに団子を焼いているお店を発見。


みたらし団子にしてもらい、美味しく頂きま~ス。(゚∀゚)


そんでもって車の中暫し待った後、nak氏&優香婦人と合流。
目を付けていたおでんのある屋台にin!(゚∀゚)


おでんトライアングルをペロリと食ing。
大根がものっそい大きかった...
がしかし、やっぱ、おでんは卵だなぁ。


ホッコリしたので、いざ、東大寺に再挑戦!
っと、巨大焚き火が絶賛開催されていますよ。
火柱の高さは3mもなろうかといった感じで、赤外線大放出!(゚∀゚)


そんな火柱から離れたくな~い(´ヘ`;)な感じだけど、除夜の鐘を突けるという列に並ばないかい?という事で二月堂方向へ。

がしかし、遅かった!(´ヘ`;)
ものっそい人の列...
これはムリだね!


と、潔く諦めて、東大寺の参拝の方へリターンですよ。


がしかし、遅かった!(´ヘ`;)
ものっそい人の列...
これもムリだね!

いやいや、取り敢えず、残り30分程となった2008年を巨大焚き火の傍で過ごす事に。

そして、2008年が残り15分... 10分... と、カウントダウン。
5分前あたりから、動きが...

遂に... 来るのか!2009年!続く。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »