« 冬はうどん | トップページ | ニコンようかん »

2009年1月27日

南米の密林からの荷物

南米の密林からの荷物

という話。

昨日、仕事を終えてバナナハウスへreturnして暫くすると、クロネコさんがやって来て小ぶりな断ボール箱を置いていった。


発送元にはSECAUCUS, NJ, USと書かれている。
米国ニュージャージー州からの荷物って事は~...
キタ!発送主ADORAMA CAMERA INC.キタ!


23日にamazon.comで発注したGiSTEQ社のPhoto Trackr(゚∀゚)キタ!
ケンタッキー、アンカレジ、成田を経由し(゚∀゚)キタ!

国内専門店の価格が1.6諭吉+送料。
amazon.comのADORAMAでの価格が$74.95で0.67諭吉。($1=\89換算)
ものっそい価格差。(゚∀゚)
ナゼか国内販売では黒ボディだが、海外では黄色という嬉しい設定。
そして更に、Photo TrackrとNikonの小物($5.95)を購入して運賃($77)を足しても1.4諭吉と国内より安い。
まぁ、運賃が本体価格を越える罠ですが。(´ヘ`;)


で、Photo Trackrって何やねんって事ですが。
先日の日記にUPしていた、携帯GPSロガーです。
電源をポッチしている間、GPS電波を受けて、現在地をロギングし続けてくれるニクイ奴。
その後、ログデータをPCに取り込み、GoogleMapなどの地図に軌跡を表示したり、デジタルカメラで撮影した写真のexifデータにジオタグ(位置情報)を埋め込み、これまた地図上に写真を関連付けたりと、色々使えます。

電源は単3電池で、12時間程度使えるらしい。
エネループ攻撃でイケる。


一緒に買ったNikonの小物は、クリーニングクロスが折り畳まれて入っています。(笑)
一度出すと二度と入らない罠か!?と思ったけど、落ち着いて畳めばキチンと入りましたよ。


そんな感じのPhoto Trackrですが、インスタントマニュアルには日本語表記もあり、付属のソフトウェアも普通に日本語表示対応。
添付の取り扱い説明書は英文ながら、PCで読む日本語ヘルプが付いているので安心。
ただ、インストール時に、GoogleMap APIのキーを入手する時に、リンク先のURLを入力するのだけど、このアドレスがインスタントマニュアルを見ても、英文マニュアル/日本語ヘルプを見ても記載が...(´ヘ`;)
あれこれと調べてhttp://maps.gisteq.comと設定すれば良い事が分かったのですが、これには参った。

そんなこんなで、ソフト及びドライバのインストールは終了。
おもむろにPhoto Trackrの電源を入れ、全くの電源OFF状態から、上空半分が屋根に覆われているベランダに置いてみると、2分程でGPS電波を捕捉したようです。
その後、USBケーブルでPCと接続しログデータを読み込むと、きちんとバナナハウスの場所が表示されちゃいました。

デジタルカメラとの連携や測位精度等はこれから検証していこうと思ってマウス。

添付のカナビラがイマイチなので、SONYのGPS-CS1Kの樹脂製カナビラが別途購入出来ないか問い合わせてみよう。

|

« 冬はうどん | トップページ | ニコンようかん »

徒然」カテゴリの記事

カメラ/その他」カテゴリの記事

コメント

南米の密林仕事早っ!
しかも色がすんごいいいなぁ
ニコンのクリーニングクロスは自分も一緒に買おうかなと思ってました
自分もスピードライトを米の密林で買うかどうか未だに自分も煮え切りません…
(;´д`)トホホ…

投稿: nautilus04 | 2009年1月28日 00時40分

nautilus04さん>
ホンマに仕事速かったですよ!
日本の商社がナゼ黒だけのラインナップなのか理解に苦しみます。(コラー)
クリーニングクロスは、こちらもお勧め!みたいな欄にコッソリと出てきていたので思わずやっちまいました。
スピードライト... お安くなってますぇ~。
てか、まとめて買うほどに送料分がオトクになるんですよね。
うーん...

投稿: バナOKA | 2009年1月30日 07時33分

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬はうどん | トップページ | ニコンようかん »