« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | VAIO復活とかに玉 »

2009年2月 6日

デジカメ画像整理

デジカメ画像整理

という話。

先日、購入した外付けHDDへデジカメ画像を移動しました。
今まで使っていた外付けHDDは7年近く使ってるYO!ってな感じでそろそろ逝くかな...と。

昔から...

年フォルダ → 月フォルダ → イベント毎フォルダ / イベントに属さないその他は月フォルダのルート

って感じで保存していたのですが、人から貰った写真なんかだと、メーカー固有のH****とかDSC****とかファイル名がバラバラったりするので、当然時系列に並びません。
フォルダの表示項目に撮影時間を出してきて、撮影時間でソート掛ければ並ぶのですが、エクスプローラが1枚1枚のExif情報にアクセスしてる時間がイラッとするワケですよ。

となると、機種やメーカーを越えた唯一の単位“撮影時間”(厳密には同じ撮影時間が発生する可能性はものっそいけど...)をファイル名にしてしまえばグッドって事。

となると当然、同じ事を考えているエライ人も居るワケで、しかも、無料でソフトを公開しちゃってくれていると言うもう大変な喜び。

今回お世話になっちゃったのは...

RenByExifというソフト。
Rename By Exifという事らしい。


このソフトの良い所は、リネームに使うExif情報の中に機種名が入れられる事や、年の設定にYYの2桁があるって事か。
4桁しかないソフトや、Nikon純正のNikon Transferは機種名が入らなかったり、と。
更に、無駄なプレビュー機能等無く、シンプルなインターフェースである事もグッド。
ダイレクトにリネームするので、元ファイルはそのまま残しておきたい人には(´ヘ`;)かもしれないけど...

これで

YYMMDD_HHMMSS_機種名-nn.***

の自動変換が~。(゚∀゚)イヒ

って感じで、1999年位からのデジカメデータをリネームしまくり!
それにしても、昔のデジカメデータは小さい小さい。
後は、何年分か纏めて信頼性の高いDVDに焼いてダブル保管しておこうかと思う次第であり升。

NikonのRAW画像(*.NEF形式)から、上記のソフトにて一気に*.jpgと同じように変換するのは出来ませんが、一度、Nikon TransferにてYYMMDD_HHMMSS-**.NEF等の適当なNEFに変換/転送すると、同ソフトで撮影時間や機種名が読めるようになるという不思議。
全ての画像をRAWで撮る人には参考まで...



串カツシンメトリー

|

« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | VAIO復活とかに玉 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

へぇ~面白いソフトですね。

ファイル名を変更するときは、簡単なファイル名の場合は、コマンドプロンプトでDOSのRENコマンドを使ってます。超高速処理ですよ。
ちょっと複雑なリネームは、irfan viewのバッチリネーム機能を使ってます。
それにしても、このRenByExifはすごい・・・

写真ファイルの管理は、
年フォルダ → 月フォルダ → 日付フォルダ+イベント名でやってます。
RAWは、さらに一段深い所に保存してます。

投稿: 58Caddy | 2009年2月 8日 01時50分

58Caddyさん>
このソフト、趣味でサクッと作られたようですが、何気にグッドです。
余計なインターフェースが無いのが一番。
がしかし、一度にウン百枚の処理をさせると、CPUパワーを物凄く食いつつ、機種名がunknownになったり...と不安定になるので、100枚単位でリネームかけてます。

コマンドプロンプトを使うなんて、58Caddyさんもやり手(?)ですね。
プロンプトなんて、もう忘れてしまいましたよ...。

写真ファイルの管理は、やはり原始的にHDDに収めるフォルダで管理するのが一番ですよね。
Picasa等でタグ付けできるとしても、データーベースが大きく膨らんだり、データーベースが破損して訳が分からなくなる事を考えると...(´ヘ`;)

投稿: バナOKA | 2009年2月 8日 03時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« 小さな親切大きなお世話 | トップページ | VAIO復活とかに玉 »