« タイスキとナイトマーケット | トップページ | アユタヤTour2 ワット・ヤイチャイモンコン »

2009年3月10日

アユタヤTour1 早朝移動

アユタヤ1Day Tour Scene1 ~早朝移動~

という話。

2月28日、突然前日に1日前倒しされた休日。
これがタイ滞在最後の休み(20日滞在中に休み2日)となる事は分かっていたので...


タイ王国に3つ存在する文化世界遺産のうちの1つアユタヤ遺跡へ行ってみよう!と計画。
バイリンガル(英/Thai)地図は入手したものの、これと言って情報収集はナシ。(いつもの事だけど)
14世紀~18世紀に存在したがビルマに滅ぼされたアユタヤ王朝の築いた古都アユタヤ。
さて、どんな顔を見せてくれるのだろうか~...


って事で、am4:30にホテルをout。
ブルーに輝くネオンが眩しいトゥクトゥクに乗り、先ずはバスターミナルへ。


エーカマイ行きのチケットを購入し、先ずはバンコクへ。
こんな早朝の便でも利用者は多い。


6時過ぎにはエーカマイ駅に到着、更にBTSに乗り、北方面への終点のモーチット駅を目指します。
モーチット駅近くの広場では有名なウィークエンド マーケット(JJ市場)が開催されるのですが、当然スルーです。
魅力的なお土産とか買えたかもな~と思っても休みは1日。(泣)


Nikon Day 2009!
5-8 ミーナコム 2552 って書いてあるなぁ。
(仏暦)2552-543=2009年3月5-8日か... もう居ないね。(´ヘ`;)


CanonはDelightfulな15年か。


そんな感じでモーチット駅に着いた頃に朝日が射してきました。
今日も暑くなりそう~。


駅から下を見ると、バス停多数...
地図には、英語とタイ語併記で“アユタヤへバスで行くには”の説明が書いてあるのだけど、肝心のターミナルまでの案内が無い事に今更気がついてみたり。(弱)
今見えているバス停は市内バスである事は間違い無く...。(´ヘ`;)
って事で、駅の横にある公園を散歩している地元の人や警備員に聞いてみる。
そして得られた複数の証言によると...

・ココで待ってたらいいよ。
・公園の反対側にあるよ。
・歩きで行くつもりか!?

ココで待つのだけは間違いと思ったので、素直にタクシーを拾い、運転手へ地図の案内を見せつつ、バスで行く事と、バスターミナルをアピールした後に乗車。
そのままアユタヤに行かれても困るのでね。(笑)
後でGPSログを見た結果、本当に公園の反対側にあったのだが、何気に歩きでも行ける距離だった。
(´ヘ`;)...
先にネットで調べておきましょうって話。


ただ、モーチットのターミナルはバスの出る方面によって階層が違い、徒歩で行ってたとなると、エーカマイと違いえらい巨大なターミナル内で迷っていたかもしれない。
その点タクシーで行ったので、最初に目的の階層の車寄せに降りれたって感じ。
アユタヤ行きのバスチケットを販売しているブースへ行き、無事購入。
乗り継ぎ時間のロスも少なくラッキー。


早速、指定されたターミナルへ行き目的のバスへ乗り込み、発車を待ちます。
ここで乗る人は少なそうだ...
バイリンガル地図に書かれている説明を読むと、バスのClassがあって1stだと1時間半、2ndだと2時間くらいだYO!って事。
オイラが乗っているのは2nd。


2ndはあちこち停車するのかな?と思いつつもバス発車。
渋滞もそれ程無く、快調に北上します。


と思ったら、結構停車するんですなぁ。
その度にどんどん乗ってきて、あっという間に満員御礼に。
一部、国鉄の路線と並走する所がありまして~...
線路!店!男!


そんなアユタヤ行きのバスには運転手以外にもう一人乗っていまして。
超ベテランなオーラを放つオバチャンで御座いました。
左手の指の間には札を挟み、右手の中では硬貨をチャリチャリと言わせ...
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


その後もバスは進み、市街地を抜け、田園地帯を進み...


これでもかとNISSAN DIESELをアピールする観光バスを追い抜き...
UDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUDUD...(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)


地図にあるアユタヤバスターミナルにinする気配も無く一気にアユタヤ市内へinした模様。
ぬぁ!?
バスの中で計画した(遅)バナナツーリストご推薦アユタヤ周遊満足ツアーがいきなり頓挫。
どこで降りたらいいんだYO!ってな感じですが、地理的配置を地図と照合し現在地を確認。
ここだぁ!と言う所で降ります。
降りたら、どうやら終点だったようですが。 orz... ママン

と、いきなり倒産の危機に直面したバナナツーリストですが、まだ何もしていないクセに取り敢えずハラペコ丸なので、目の前にあった屋台で適当に注文。


何か良くワカランかったけどとにかくウマかった!
とにかくウマかったのと、作ってくれたオバチャンとその仲間達がタバコ吸ってたので、日本から持ってきたPeaceを進呈。
ありがとう!グラシアス!


さて、マンプク丸になったところで、先ずは1つ目のお寺へ。

※ココからこぼれ話※

この時乗ったトゥクトゥクの運転手が微妙な日本語を操るオヤジ(小さいジャッキー・チェン)で、1日貸切の話をした所、先ず携帯を見せて、ユーの希望の値段を数字で叩いてくれと。
うーん... 500か?(多分これでも高い)と見せてみると、そんな冗談はよしてくれよ今はガソリンがメニーメニー高くて大変なんだよ、アユタヤは広いヨーそこを1日500?ガソリンどんどん減ってメニーメニー高くてムリだヨー3,000ダヨー... と、3,000バーツを御所望。
1万円近いじゃありませんか奥様。
どんだけ~!と思わず言っちゃいますよ。
※因みに、アユタヤの遺跡郡は自転車でも周れる位の点在具合。

が、周囲を見渡しても他の交通インフラは見当たらなかったので、取り敢えずココまで!と1つ目のお寺を指差してgo。

途中、謎のトゥクトゥク交代(小さいジャッキー・チェン → ブラザー・トム)を挟み、目的のお寺へ。
行っておいで、俺待っとくから!と言うブラザー・トムに、いや、もういいから、3,000バーツは高すぎだよね?と言うと、運転手のブラザー・トム激怒。
1day3,000バーツはどうしたコノ野郎!と。
だので、一日3,000バーツは高いと思うよ、ていうか、ココまでって言ったよ。 と対応。

でも止まらないブラザー・トム。
もうね、死ねとか首切れとか日本に帰れ今直ぐ!とか、もう止まらない。

じゃぁ、ココまでの運賃払いやがれと言うので、(距離的に考えて)50バーツかな?って言うと...
もうね、死ねとか首切れとか日本に帰れ今直ぐ!とか、もう止まらない。

日本には帰るけど今直ぐはイヤだ。と、日本語で答えたらブチキレて帰っていった...

まぁ、お寺までと伝えたつもりでも向こうは(都合良く)1day3,000バーツやったぜ!と思ってた状態でノコノコと乗ってしまったのが駄目なのですけどね。
旅慣れた皆様は肌でビンビンに感じる怪しさ満点っぷりの現場だったのですが、ノーマルな皆様、無駄な罵声(若しくは危険)を浴びなくて良いように、ややこしい話になったら一旦リセットでお願いします。
小さいジャッキー・チェンは客を捕まえる役で、ブラザー・トムはその他大勢なんだろうね。
何だかんだ言いつつも最初にトゥクトゥクに乗った時点で負け。 と。

orz...

で、ブラザー・トムまた出てきます。(´ヘ`;)

|

« タイスキとナイトマーケット | トップページ | アユタヤTour2 ワット・ヤイチャイモンコン »

タイ」カテゴリの記事

コメント

観光客狙いのボッタクリは、かないませんね・・・
ちゃんとやりあって、勝つところがすごいです(笑)

適当に屋台で頼む料理が、うまそうで気になります♪
日産ディーゼルのバスが面白杉ですよ(爆)

投稿: 58Caddy | 2009年3月11日 14時20分

58Caddyさん>
日本の物価に換算するとトンでもないです...
親切のフリしてボッタクリ、ゆっくり話聞いたら怪しさ満点なので分かるのですけど、旅の思い出を汚さないで欲しいものです。(´ヘ`;)
話のネタにはなりますが。

屋台の食べ物はどれもハズシが無いです。
運が良いのかどうなのかは分からないですが、お腹も壊さなかったですからね。

非公共の観光バス、どれもこれも物凄く派手で自己主張し過ぎで面白いですよ。

投稿: バナOKA | 2009年3月13日 12時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« タイスキとナイトマーケット | トップページ | アユタヤTour2 ワット・ヤイチャイモンコン »